2022年8月15日月曜日

『tanQのタケオくんとモリソンが来てくれた!』

tanQ株式会社は、ボードゲームやカードゲームなどで化学について学んだり、漢字に触れたりと、ゲーム感覚で学問を好きになれるように「タンキュークエスト」という探究型教材を開発している企業です。CFAKidsではタンキュークエストを通して、探求学習に日々触れています!

タンキュークエストについてくわしくはこちら↓

https://www.tanqfamily.com/

先週数日間にわたって、なんと教材にも登場する探求ナビゲーターのタケオくんとモリソンが実際にCFAKidsの校舎にあそびに来てくれました!

タケオくんが来てくれたある校舎では、最初は「誰だろう?」と首を傾げていたこどもたちでしたが、しばらくすると「あ、タンキュー動画で見た!」、「いろいろとルール説明してくれる人!」とこどもたちも気付いて喜んでいました。

今回は、タケオくんと一緒に「アトモン」というゲームの新しい遊び方について考えてみました!アトモンは、以前、CFAKidsにも貸してもらったことのあるタンキュークエストのお馴染みのカードゲームです。

そもそもは化学を学べるバトルカードゲームなのですが、決められた遊び方以外にも、もっと違う遊び方があるのではないか?・・・と、こどもたちにはグループに分かれて話し合いました。

こどもたちからは、トランプのスピードのルールやUNOのルールといった、他のカードゲームのルールを応用した遊び方が生まれていました!また、アトモンのカードがしっかりしているということで、トランプタワーならぬ「アトモンタワー」を作って遊んでいる子も!

ユニークな遊び方にタケオくんも興味深そうな様子でした。

最後には、タケオくんからこどもたちへ、アトモンを1セットプレゼントしてもらいました!「これでアトモンができる!」とこどもたちも全身で嬉しさを表現していました。

今回いただいたアトモンを使って、よりあそびを満喫していきたいと思います!

2022年7月31日日曜日

『えだまめ屋始めました⭐︎』

野菜収穫体験でお世話になっている農園さんから新鮮で美味しそうな枝豆が届きました!新鮮な枝豆を、みんなのお家にも届けたいということで、校舎で採れたての枝豆を販売することに!!

こどもたちに相談をすると、「ぜったいやりたい!」、「どうやって売る?」、「チラシがあったほうがいいよね!」、「お店はどんな感じにする?」と、次から次へとアイディアが溢れてきます♪早速チラシ作りチームと、お店づくりチームに分かれて作戦会議です!

金曜日の朝イチで、新鮮な枝豆が到着すると、まずみんなで1袋の量が同じくらいになるように仕分け作業を行いました。

そのあとは、想像していたお店を実際に作り上げていくこどもたち。

また、お客さんのことを考えて、サービスをすることにもなりました。少しだけ残った枝豆をプレゼントするか、お友達の面白一発芸など、買ってくれる人が楽しめる工夫をしていたのが可愛らしかったです☆

野菜の販売を通して、買ってくれるお客さんのことを考えたり、仲間と一緒に同じ目標に向かって頑張ったりできたことが、素敵な経験となったようです。

またこのような機会があれば、ぜひこどもたちと参加してみたいですね☆ 

2022年7月19日火曜日

『いよいよ夏休み!!』

今週は夏休み突入ということで、夏休み中の過ごし方についてをみんなで考えました。CFAリーダー(職員)の「持ち物は何がいるかな?」の問いかけには「暑いから帽子!水筒!」「宿題も持ってくる!!」などを上級生たちが答えてくれました。遊ぶ時間が充分にある長期休暇が来るのを心待ちにしていたこどもたちからは、ワクワクしている気持ちが溢れていました。「何して遊ぶ??」という会話も飛び交います。

1年生にとっては、初めての夏休み。途中退室をして、学校のプールに行くことも、たくさんの宿題をすることも初めて!!戸惑う1年生に優しく上級生が声をかけてくれていました。「これ、一緒にやる?」「忘れ物はない?」などを聞いてくれていて、頼もしい限りです。


まだ夏休みに入って数日しか経っていませんが、プログラミング教材の「KOOV」をやったり、学校ごっこ、恐竜ごっこなどのごっこ遊びがあちこちで盛り上がっていたり、ボタンや布での工作、色水遊びから輪投げ遊びに発展したりして楽しんでいました。


どの遊びも異学年で遊んでおり、1年生たちがぐんぐん上級生から遊び方を吸収していっている様子がうかがえます。時間がたっぷりあるからこその遊びが広がってきていて、刺激的な夏休みになること間違いなしです!

まだまだこれからも新たな遊びが生まれそうな勢い♪どんな遊びが広がっていくか楽しみです!

『みんなでよりよく!』

ある校舎には、大きなホワイトボードがあります。毎日使っているうちに、段々と汚れてきていたので「綺麗にしよう」ということで、掃除スタート。みんなで協力し、時間をかけてピッカピカに磨きあげてくれました!

掃除を進めていくうちに、「名前マグネット」が気になり始めたこどもたち。一人ひとりの名前が書いてあるマグネットが割れていたり、文字が見えにくくなったりしていたことに気がついたのです。すぐにテープやペンを使って修理してくれました。それだけだけでなく、もっと使いやすくしようと、学年ごとに色をつけてくれました!

綺麗になったホワイトボードとカラフルな名前マグネットを見て、こどもたちは達成感を感じている様子。それだけでは終わらず、校舎にある古い掲示物を見て「書き直して見やすくしたい!」という提案がこどもたちからありました。

ホワイトボードを綺麗にできた経験がきっかけとなり、自分たちで大切に使うものを「よりよくしよう」という意識が生まれたことを感じます。この「よりよくする」という意識を、校舎のことだけではなく、さまざまな場面で活かしていってほしいですね♪

2022年7月11日月曜日

『PSP(ピースフルスクールプログラム)をやったよ!』

界一こどもが幸せな国、オランダで生まれたPSPは、主体性・多様性・協働性を伸ばし、内省する力を育むプログラムとして保育業界で認知されています。“ピースフル”という言葉には、「平和的な」という意味の他に「静かな・落ち着いた」という意味もあり、誰もが穏やかな気持ちになって相手と関わることができるようにするためにこのプログラムを学んでいます。

CFAでもPSPを行い、他者との関わり方で大切なことはなにか?を一緒に考えていく時間を設けました。


実際に校舎のなかで見られるような光景をパペット人形を使用した劇を見て、それぞれの立場や気持ちを客観的に考える機会を作り、普段の生活にも活かしてもらうことが目的にあります。

今回行った”けんかと対立”というテーマのPSPでは、「話し合いが大事!譲り合う。それでも決まらない時は、じゃんけんやにらめっこをして決める」という意見が出ました。

友だちとの間で対立が起こった際に、けんかに発展しない解決方法をみんなで考えていくことができており素敵でした。

今後もPSPを定期的に行って、こどもの自立と共生の力を身につけてもらいたいと考えています。 

2022年7月4日月曜日

『何食べる?わくわく自由献立!』

サマーキャンプの目玉の1つ、自由献立決め!

自由献立とは、2日目の夜ご飯メニューは決まっていないため、各チーム事前に何を食べるのかをチームごとに考えます。

とある校舎では、先週メニュー決めを行いました!


あんなもの食べたい、こんなのもいいなという夢がふくらむ時間です。メニューが決まったら、今度は、食材の1人当たりの量からチーム全体で野菜や肉をどのくらい買うかを計算していきます。

予算は1人300円。自分たちの作りたいご飯が本当にできるのかな?と考えて、時には食材を削ることも視野に入れながら計画を立てていきました。

「こんなもの使って作るんだ」「これはちょっと調理が大変そう」と、話し合いの中に気づきや学びが生まれていました。

キャンプ当日までの過程を含めてこどもたちの経験と成長の時です。

自分たちで考えたメニューを食べることができるキャンプが今から楽しみですね♪

2022年6月27日月曜日

『CFA Advanceへ!大きくジャンプ!』

自立に向けて力強く羽ばたいていく4年生以上の子の自立に焦点を当てた取り組みとして「CFA Advance」が始まりました。

校舎で、アドバンス生となる4年生以上の子を集めて、

”自分のことを自分で決めている人ほど幸せになれる” という研究結果を紹介しました。


「みんなは大人に近づいているでしょ?自分で決めることを増やしていってほしいし、自信をもって自分の人生を歩んでほしい。」

と伝えると、こどもたちの目が一気に輝きました。


”信用貯金”を例に、友達に優しくすると信用貯金は増えますが、反対に嫌なことをすると信用貯金は一気に減ってしまうことを説明すると、「俺の話だ~」と自分を振り返りしながら、アドバンス生として信用されながら生活することの大切さを理解していました。


校舎でサークルタイムを行って、みんなが安心して楽しく過ごせるようにしたり、校舎を代表する運営委員となって、他の校舎の運営委員とともにCFA全体の運営や約束について考えたりする役割も担っていくCFA Advance。

※運営委員…CFAの運営や約束について考えたり、イベントを一緒に企画したり、校舎のことを考え、行動していく重要な役割を担っていく予定です。


CFAKidsで学んだことやこれまでの経験を活かした活躍を期待しています★