2023年1月27日金曜日

『じぶんたちのくらしを じぶんたちでつくる』

CFAKidsでは牛乳パックや空き箱、端切れや新聞紙など、遊びや工作に使えるリサイクルグッズを保護者や地域の方から寄付していただいています。

とある校舎では、寄付していただいた牛乳パックでソファを作りました。

「校舎にソファを作ってくつろぎたい!」という想いを形にして、牛乳パックでソファを作り上げた経験は、こどもたちの達成感と自信に繋がりました。

ソファ完成時には、たくさん寄付をしてくださった保護者の皆さんへの感謝の気持ちも改めて感じていました。


こどもたちの中には、墨田区の町工場からもらい受けた木や布、ウレタンなどの素材を使って遊ぶ
あそび大学 (asodai.com)に参加した子たちがいました。

あそび大学でベンチを作ったこどもたちは、CFAKidsの校舎に置いて使いたいという想いで作ったそうです。

牛乳パックソファもベンチも、作るまでの想いだけではなく、みんなが心地よく過ごすために使い方のルールまで考えていたところがステキ。

こどもたちが、自分たちのくらしを自分たちで作りあげていく姿に逞しさと成長を感じます。

『すだちの会って なあに?』

CFAKidsでは、1~3年生をCFAKids、4~6年生をCFAAdvanceと呼んでおり、これまでCFAKidsであった3年生は、4月からCFAAdvanceになります。

4年生頃になると少しずつ自立に向けた準備を始め、友だちと約束して遊びに行ったり、自分の打ち込めるものを見つけたり・・。居場所を見つけて卒業していくことはCFAKidsとしての大きな目標の一つです。

大人に守られながら生活してきた“Kids”から、自分たちでくらしをつくっていく“Advance”になっていく3年生の門出をお祝いするため、“CFAKidsすだちの会”を今年も開催します。

すだちの会がこどもたちの成長を感じることができる貴重な機会となるよう、こどもたちとともに準備がスタートしました。

まずは、すだちの会に参加するみんなで、スペシャルムービーを制作します。テーマは「自分のなりたい姿」。

まだまだ自分のなりたい姿を具体的に考えていない子もいましたが、これからの自分についてじっくり考えるいい機会となりました。

未来の自分の姿を想像し、将来なりたい職業や、やってみたいこと、〇〇な人のように人柄を書いたりと、それぞれが工夫をし、紙に表現してくれました。書いた後は、動画を撮影。恥ずかしがりながらも、希望に満ちた表情も見せてくれました。

自分の可能性を無限大に広げながら幸せな未来を描き、なりたい自分を追い求めていってほしいと願っています。


2023年1月17日火曜日

『冬キャンプ』

 休み最後の3連休、新潟県南魚沼市へ2泊3日の冬キャンプに行ってきました!

「雪山は初めて!」という子もたくさんいて、バスに揺られながら、少しずつ変わる外の雪景色に「わぁーっ!」と、わくわくを隠せない様子のこどもたち。

到着地は一面銀世界!たっぷりの雪と壮大な雪山が目の前に広がっていました。

ふかふかの雪に足を踏み入れたり、雪に寝転んだりして、こどもたちは大感激。

3日間、ソリ滑りや雪だるま作り、かまくら作り、本気の雪合戦などを思い切り楽しみました!

今回は校舎ごとのチームではなく、いろいろな校舎の子たちを集めたミックスチームで活動しました。

最初、ドキドキした様子の子、家族に会いたいと泣いていた子も、帰る頃には「また絶対キャンプで会おうね!他のイベントでも会おうね!」と、別れを惜しんでいました。

重い荷物も、雪で濡れた靴も、初めての友達も…いいことも悪いことも全ての体験がこどもたちの将来に繋がっていきます☆

今回もさまざまな関わりと体験の中で、こどもたちの素敵な成長を数多く見ることができました!

2023年1月10日火曜日

『みんなで初詣!』

2023年スタート!

新年、明けましておめでとうございます。

「あけましておめでとう!」と笑顔で応えたり、「あけおめ!ことよろ!」と今風に返したり、「うん…!」と少し照れ臭そうに笑いながら応えたりするこどもたちの元気な顔を見ることができて、嬉しく感じています。

年末年始、楽しかったことを話してくれるこどもたち。どこへ行ったのか、何をしたのか、大晦日遅くまで起きていたことやお年玉の話など、盛りだくさんのステキな出来事を聞くことができました。


とある校舎では、近所の神社へ初詣。
二礼二拍手一礼という神社での作法を知っている子から、お参りの仕方を習って、校舎出発前に一度だけ練習。
神社に着くと、二人ずつ並んで、それぞれの願い事を神様にお願いしていました

こどもたち一人ひとりが、楽しく遊び、笑顔溢れる日々を過ごしてくれますように。

CFAKidsを本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2022年12月28日水曜日

『 校舎をキレイにしよう!』

末の運営はみんなで大掃除!いつも動かさないところや高所も掃除をしました。

ある校舎では、おもちゃや本が入っている棚の中身を全て取り出し、棚を動かしました。本棚の後ろには、探していたおもちゃや本があり、「あ、見つけた!!」「こんなところにあったのか!!」と宝探しのような場面も見られました。

棚を拭く人、床を雑巾がけする人に分かれ、ピカピカに。そして拭いた後は元に戻していきます。

棚を戻す際に「ここ、逆にしたらどう?」と、レイアウト変更の案が出て、どのように並べたら使いやすいのかを考えることもありました。よく使うものは取り出しやすいところに置いたり、同じ種類のものを並べたりと、みんなで意見を出し合いながら取り組む姿がステキでした。

みんなで協力し合って隅々まで掃除をしたことで、気持ち良い年末が迎えられました。

自分達で使うものを掃除したり、過ごしやすいように工夫したりすることは大事ですね。

2022年最終運営日は、誰かが帰るたびにみんなで玄関に向かって「よいお年を〜」と声を掛け合っていて、温かい雰囲気で2022年を終えました。

2023年、また元気に入室してもらいたいと思います!

来年もCFAKidsをよろしくお願いいたします。

『クリスマスパーティー!』

週、各校舎ではクリスマスパーティーが開かれました!

とある校舎では、クリスマスパーティーを開催するにあたり、まずアドバンス生(4年生以上の子)が話し合いを行いました。

その結果、「最近は男女がバラバラに遊ぶことが多いから、みんなで楽しみたい」という話になり、「みんなで協力して楽しもう!」というテーマを設定。「ケンカもないようにしたいね」という 下級生たちには伝えていない秘密の目標も立てました。

ーティー当日は、かくれんぼをしていた際に近くに隠れていた子とおしゃべりして仲良くなった!という子がいたり、チームのみんなで頭をひねってクイズラリーの答えを出したり。
パーティーをきっかけに仲間の一体感が高まり、こどもたちはケンカもなく、チームで協力し合って楽しんでいました。

週の初めに実施したパーティーも盛り上がりましたが、その後も毎日クリスマスモード。週の後半では、ペーパークラフトのクリスマスツリーを作ったり、クリスマスプレゼント(お菓子)をゲットするための謎解きチャレンジもしたりして、クリスマスムードを満喫していました。
謎解きチャレンジは、上級生向けのもの用意!難易度をぐんと上げた問題を揃えていました。

上級生は、下級生を楽しませるだけではなく、上級生も下級生も一緒に「みんなが楽しめる」ことを実現する存在。
以前はたくさん遊んでもらっていたこどもたちが、今ではみんなも自分も楽しむことを考えられるようになり、大きく素敵に成長しています。

これからもみんなで楽しく過ごしていきたいと思います。

2022年12月20日火曜日

『素材あそびと使い方』

 最近、とある校舎の室内あそびでは、段ボールとウレタンが大人気。

新聞紙プールをするためにいただいた大きな段ボールは、こどもたちがすっぽり入ることができるため、とにかくワクワクする素材のようです。入室してくると一目散に段ボールの方に向かう子が多くいます。

さらに、こどもたちは今までお家あそびに使っていたウレタンも、段ボールと組み合わせてあそびを展開!

段ボールの中をウレタンで敷き詰めて、ほら穴に作った秘密基地のようなお家を作り上げていました。

段ボールとウレタンを組み合わせることで段ボールの中はよりぽかぽかになるので、居心地もよく快適とのこと!

そんな大人気な段ボールとウレタンですが、人気があり過ぎるため使いたい子が多く、誰が使うのかで揉めそうになることもあります。

ただ、今までも一つしかないおもちゃやあそびの素材をどう使うのかを話し合ってきたこどもたちは、今回も早い時間に帰宅する子を優先に段ボールを使わせてあげようという話で納得し、譲ってあげていました。

これからも素材あそびを通じて、自分たちのイメージを自由に具現化できる楽しみを知ったり、使い方も話し合いでみんなが納得する形をとったりして、ピースフルにあそんでほしいと思います!