2019年5月31日金曜日

サバイバル「けがに気を付けよう!」

月に一回の今回のサバイバル。今回は「けがに気を付けよう!」です。
入学してはや2か月で、すっかりCFAKidsでの生活にも慣れた1年生。今回のポイントはその”慣れ”です。

”慣れ”というのはどんな時でもときに落とし穴になったりするものですね。慣れてきたことで、移動のときにちょっと走ったり、遊び方が危険になっていたり、ということも知らず知らずのうちにあるものです。

CFAKidsには必ず守ってほしいお約束として「CFAKids7」というものがあります。
この日はこどもたちと一緒に、この7つのお約束を確認しながら、校舎で考えられるけがについて意見を出し合いました。

後半戦では「プチ避難訓練」を実施。地震はいつどこで起こるかわからない!ということで、こどもたちには事前に内容は知らせず緊急地震速報の音を用いて訓練をしました。



突然の速報音に戸惑うこどもたち。しかし咄嗟に本やランドセルで頭を守るこどもたち。素早い動きに驚きです…!

一度振り返りをして、「急に来たから逃げられなかった・・・」「机に入れなかったよ。」「頭を守ることを考えた!」とそれぞれこどもたちが感想を話してくれました。

その振り返りをもとに、2回目をおこないました。1度話をしたので想像がつきやすいとはいえ、こどもたちの様子は劇的に変化していました。上級生が1年生を守ったり、机の下に頭を最優先で入れたり、先ほどの反省がとても反映されていました!



今回のプログラムは「自分の身をどのように守るか」という共通のテーマがありました。楽しく過ごすことと同じくらい、安全の大切さをたくさん学んだ1日となりました。

2019年5月27日月曜日

日常ブログ「地域の夏祭りに出店しよう」

CFAでも夏祭りがありますが、今回は地域の夏祭りに出店させてもらえる機会を頂いたのでこどもたちでどんなお店を出店しようかと計画を考えています。


まずは、みんなの意見を集めようとポストイットにどんな出店を出したらいいかを考えたものを紙に貼って、張り出していきます。

いくつかの案ものを大きく2つに分けて水を使う遊びか、そうじゃないもので色を分けて貼っています。どんな面白そうなアイデアが出てくるか楽しみですね!


梅島校のある地域のお祭りなので、保育園の時からの馴染みのあるお祭りに出店できる喜びと、来たお客さんを「楽しませたい!」という気持ちがあるそうです。

CFAは地域との交流をしながらこどもたちが自分たちが過ごした場所を誇りに持ったりするきっかけに繋がれば嬉しいと考えています。

2019年5月24日金曜日

日常ブログ「カレーの会を開催しました♪」

CFAkidsでは、例年❛カレーの会❜を実施していましたが、今年度より毎月実施しています。保護者の方の毎日の夕飯作り、仕事を終えた後に疲れて帰って来る中、夕飯を作るのは大変ですよね。それを一日だけでも作らなくていい日、「帰って来たらご飯が待っている!!」とホッと一息つける日を作ること。また学童でこどもたちがどのように過ごしているのか、お迎えの姿だけでなく日常の様子を知っていただくこと、さらには普段なかなかゆっくり話をすることの出来ない保護者の方同士、また保護者の方と職員が話せるようになったらいいな、そして毎月実施することで気軽にいつでも参加ができるようにという思いを込めて設定しています!

今回は準備段階からこどもたちとスタートしました。
壁面装飾もこどもが「カレーの絵」を描いてくれています。



みんなの自己紹介カードも交えて掲示してみました!
①名前、②学校名、③好きな食べ物、④好きな勉強、⑤頑張りたいこと
5つの項目で自己紹介カードも作成し、顔写真つきまた学年が分かるものも一緒に貼り付けしてあります。


室内装飾が終わった後は、夜のカレーの会に向けて調理スタートです。こどもだけでなく保護者や兄弟分も合わせると大量のカレーとご飯が必要になります。まずは、野菜の皮むきやカットです。「お手伝いしてくれる人~!?」と呼びかけると1年生でも積極的に手を挙げてくれます。でもまだ包丁は怖いので、“皮むき”をお願いしています!!
この間に、お米も数回に分けて炊き始めます。


準備が終わり、19時になったらいよいよスタートです。
上級生が司会・進行を担ってくれています!!



「始めの言葉」や「終わりの言葉」も役割分担!!
こんな姿も、こどもにとっても主体的に取り組める時間であったり、保護者の方には、普段と違う姿も見ることができる機会ですね!

前に立つ2人の兄弟じゃない子も、一緒に前に立ちたくなっていました!!微笑ましい姿ですね★


そして、毎回こどもたちから「あんなことしたい、こんなことしたい!」と手が挙がり、前回は、ウクレレを使ってCFAの歌を演奏してくれてみんなで歌いました。

今回は、先生たちのクイズ考えてくれたり、マジックも披露してくれて盛り上がります。

他にも、2回目ではこれまでの日常の様子をスライドショーにして見ていただいたり、毎日書いている「じぶんノート」の閲覧コーナーを作ったりしました。そして、普段なかなか聞けないお家での様子もお話して聞いてみました!
最後には、みんなで集合写真!!


これからも毎月の実施にあたり、どの家庭も参加しやすくなるよう日にちの調整や、またカレーの中身も色々変えながら楽しい会を考えています!!

2019年5月20日月曜日

日常ブログ「ミニトマトの苗」

館山でお米だけじゃなく、野菜も育てているあめみからミニトマトの苗が届きました。
押上校のこどもたちから「育てたい!」と声が挙がったので、いくつかもらって校舎で育てることにしました。

去年も育てたことのある2年生の子は手順を覚えていて、「プランターのいちばん下には石を敷くんだよね」とみんなに教えながら作業しています。

プランターに石を敷き詰め、土を入れていきます。
土をいれていくときにはケンカにならないように順番を決めていました。
思わず続けて入れようとした子には「まだやっていない子いるから、ほかの子にもやらせてあげよう!」と優しく教えてあげていました。

十分に土を入れることができたら、ミニトマトの苗を移し替えます。
いくつか種類があるプランター。
どれに植えるかも話し合います。

「このプランターにはこれを植えよう!!」
植える場所が決まったら、苗が植わっているポットを「よいしょ!」とひっくり返して苗を取り出します。
「うまく出せた〜!」
「先生、難しいーー」
とそれぞれ言いながら取り出して植え替えました。

これから水やりをしたり、肥料をあげたりしてみんなで育てていきます。
おいしい実ができますように・・・!

2019年5月15日水曜日

チャレンジおやつ『ポップコーン』

チャレンジおやつでポップコーン作りに挑戦しました。
1年生は初めてのチャレンジおやつなので「何時から?」「楽しみ!」と色々な子から聞くことができました。

工程は簡単なので作り方はどのグループも同じですが、大きく違いが出たのは塩を入れる量。1年生の男子のグループは味見のときに、美味しいと答えた子ともう少し塩がほしいとの意見があったので話し合いをして、塩をもう少し入れることにしました。

ところが少し多すぎてしまってしょっぱかった様子…。これもいい経験です! 次回は少しずつ塩を入れるようにするなど、失敗から次にどうしたらいいかを考えることができた経験はとても良かったと感じています。



女子チームは塩を少なめにしようとしていたのですが、味見で少し味が足りないという意見になって追加したところしょっぱくなったそうです。「塩って少しでもすごいんだね」という言葉が出るなど、こちらもいい経験になったのではないでしょうか!

今回は、チャレンジおやつというものを知ってもらうために簡単なポップコーンにしました。ちなみに去年はおせち料理に挑戦したこともあります!

少しずつ段階を踏んでいき、みんなで次回のチャレンジおやつを楽しみにしていてくださいね!


2019年5月12日日曜日

田植えに行ってきました!

5月12日、CFAの田んぼがある千葉県館山市に田植えに行きました。

CFAでは毎年、食事やおやつに使用するお米をこどもたちと共に育てており5月には田植え、9月には稲刈りをしています。

大型バスに乗り、お米クイズや房州弁(千葉県南部方面の方言)クイズを楽しみながら館山まで向かいました。
このクイズは「キッズアグリーダー」が自分たちで考え、出題してくれたものです。
「お米の種類はいくつあるでしょう」「房州弁で「あいさ」はどういう意味?」など知らないことがたくさん! バスの中は大盛り上がりでした。

キッズアグリーダーとは、田植えや稲刈りイベントで農作業を頑張りたいと志願してくれたこどもたちで、当日は近隣の方々にご挨拶に行ったり、田んぼに道具を運んだり、中には前日から館山に行って先生と準備をしてくれた子もいました。




到着したらまずは神社で豊作を祈ります。美味しいお米になりますように・・・。みんな真剣に手を合わせていました。


このイベントはCFAだけの力ではなく、地域の方々にもたくさんのご協力をいただいています。お昼ご飯のカレーライスも朝早くから心を込めて作ってくれました。野菜たっぷりのカレー、とても美味しくいただきました。



また、今年は獣から田んぼとお米を守るため、ペットボトルで風車を作って持っていきました。風車がカラカラと回る音で獣も驚いて逃げるように・・・と100機近くの風車を設置です。
針金ハンガーを伸ばすのに力が必要で、「手が痛いよぉ」と言いながら、頑張ってくれていました。



「足が汚れるからイヤ!」と田んぼに入るのを拒んでいた子も少しずつ慣れていき、最終的には泥んこになりながら苗を植えていました。
「美味しいお米になぁれ」と願いを込めて。丁寧に作業していきます。




泥んこになりながら、頑張って植えた苗。
すくすく大きく、そして美味しくなるように足立区、墨田区から祈りたいと思います。

2019年5月10日金曜日

ピースフルスクールプログラム「同じ校舎の仲間を知ろう」

今年度初めてのピースフルスクールプログラムを実施しました。
ピースフルスクールプログラムとはこどもたちがこどもたち自身の生活や関係性をよりよくするためにはどうしたらよいかを学ぶプログラムです。今回のピースフルスクールプログラムでは、心地よくすごすためにまずは相手のことを知ることが大切。ということを学びました。
そのためには、まずは名前を覚えていること、そして、たくさん話をしてみたり、わからないことや困ったら聞いてみたらいいんだということを感じることがねらいです。

去年から通っている子はとても楽しみにしてくれていて、どんなプログラムであるか下級生に教えていました。


まずは名前をつかったゲームからスタートです。輪になって座り、手拍子に合わせて自分の名前を言っていきます。順調に進み、最後の子まで回ってきました。
すると、、、仮面ライダージオウの登場人物になりきって「ソウゴです!!!」と元気な一言。
それを聞いてみんな大爆笑!大盛り上がりです★
二回目はスピードアップして行いましたが無事に名前をリズムよく言うことができました。

そして、他にもパペットのしばいぬの「しばくん」とインコの「インちゃん」による劇を見ました。
劇はゲームの合計得点を計算したい1年生に電卓の使い方を2年生が教えてくれたという内容です。これは前日に実際に見かけた2年生と1年生のワンシーンです。

また、それ以外にもCFAでどんな行事があるか知りたいという「しばくん」
去年からCFAに通っている上級生に聞いてみると、、、
キャンプや春の遠足で行った花やしきのこと、夏祭りに忍者屋敷を作ったことなど楽しそうに教えてくれました。
その姿を見て「おれはまだCFAで何もやっていない〜〜」とこれからを楽しみにする声や、「夏祭り、お化けになってみようかな?」など先のことを具体的に想像する声が1年生からありました。

今回のように3年生・2年生に聞けば優しく教えてくれます。
また、上級生に聞いたり、同級生同士でもたくさん会話をして知ることで楽しくなることを先生から伝えました。

最後には最初にやった名前のゲームを、みんなで自分以外の子の名前を順番に呼んであげて一周です。
順番が回ってきた子の顔を見ながら呼んでいて、また呼ばれた子は恥ずかしそうにしながらも喜んでいてとても微笑ましかったです。 ピースフルスクールプログラムは月に1度のペースで実施をしていきます。 日々少しずつ仲間のことを知り、思いやる気持ちが生まれてくることと思います。

2019年5月6日月曜日

日常ブログ「夕焼けチャイムが17:30になった!!」

今月から夕焼けチャイムが17:30になり、いつもより長く公園で遊べたり、公園に行ける機会が多くなりました。
こどもたちも公園で長く遊べることに大喜び!
今回はそんな公園での様子を紹介します。

最初に紹介するのは、最近こどもたちの間で流行っている『どろけい』です。
捕まえたい人が警察、逃げたい人が泥棒で公園内を駆け回ります。
電柱を牢屋に見立て、捕まった泥棒たちがどんどん入り「出してくれー!」と他の泥棒に捕まったことを猛アピール。
それを聞いた仲間の泥棒たちは「今行くぞ!」と声を掛けながら牢屋の方へ助けに行きます。
警察たちもそれを見逃さず、やって来る泥棒を逮捕しようと走るのですが、なんとこの泥棒は囮です。
別の泥棒が牢屋に近づき、捕まっている仲間を助け出しました。
捕まっていた子をたくさん助けた泥棒はまるでヒーローのようにみんなから歓声を浴びていました。

次に紹介するのは『缶蹴り』です。
女の子たちの間で缶蹴りが流行っていて校舎からペットボトルを持って行き、缶の代わりにして遊んでいます。
公園に着くと鬼を決めるためすぐにじゃんけん。
鬼が決まると缶(ペットボトル)を蹴り、スタート!
こどもたちは公園にある倉庫の裏や、遊具の陰、木の裏、電柱の後ろなどなど沢山の所に隠れています。
隠れている子を鬼が探しに行く隙を見つけ、それぞれ隠れているところから走り、缶を蹴り大盛り上がり!
凄いと思うのが、もう何度も缶蹴りはやっていますが毎回隠れる場所を変えて隠れていることです。
こどもたちの「ここなら隠れられる」と気づく着目点にはとても驚かされます。

最後に紹介するのは『花冠作り』です。
公園にあるシロツメクサを摘み、綺麗に編み込んでいき、花冠を作っています。
5月に入り、風も心地よくなってきたのでシロツメクサを摘みながら、木陰でゆっくりできる時間はとっても気持ちよさそうです。
できあがった花冠をお友達に渡していたり、自分で付けて見たり、春にぴったりの遊びです。
        
これからも生活の様子などご紹介していきます。
お楽しみに!