2016年10月31日月曜日

ハロウィンパーティー!

今日は10月31日!
CFAでもハロウィンパーティーをしました。

入室時から今日は「ハロウィンパーティーだから
この服を着てきたの♪」と話をしてくれたり、
こどもたちはとても楽しみにしているようでした。
工作イベントから準備をしてきた手作りの衣装に
それぞれ着替えてスタートです!
衣装に着替えるとぐっとハロウィンの雰囲気になりました。
 ある4人で衣装をそろえた男の子たちは
「バッドマン」とチーム名を作ったりしていました。


まずはじめに衣装のお披露目。
お互いの衣装のいいところを発表しました。
「リボンがかわいい」、「ダンボールで作ったピストルを
ポケットに入れて持っているのがカッコイイ」、
「クモの巣が上手」などなどいろいろな意見がでました。
皆の前で素敵だと伝えてもらった子は少し照れくさそうでしたが
嬉しそうに笑う様子を見ることができました。

衣装のお披露目の次はくじ引きでチームにわかれて
ゲームをしました。
最初に行なったのは「クモの巣くぐりゲーム」です。
チームのみんなで手を繋いだり列車になってつながり
大きなクモの巣を通り抜けます。
途中でクモの巣に触れたり、手が離れたらやり直しです。
全員が通り抜けたら「トリック オア トリート!」と言い、
スタートしてからそこまでの時間を競いました。

みんな真ん中の大きく丸く空いたところではなく
横からそーっと通り抜けていました。
「トリック オア トリート!!」

「当たらないように」「そーっと気をつけて」
勝敗も楽しみの一つですが
気をつけて通り抜けていくことが楽しそうでした。


次に「お絵かきリレー」をしました。
今日はハロウィンなのでお題は
 🎃たのしそうなジャックオーランタン
 🎃美しい魔女
 🎃かわいいミイラ
 🎃こわいゾンビ    の4つです!
どこから描くか話し合っていたり
自分の番が来てどんなふうに描き足していくか迷っていたり
迷うことなくダイナミックに描いていたり
いろいろな表情が見えました。
チームのみんなで完成させる一枚の絵。
思った通りにならないことも
今日は特に楽しそうに笑っているように感じました。

全てのお題を描いた後「楽しく描けたと思う人は拍手!」と聞くと
たくさんの拍手が響きました。


そして、最後に行なったのは「おばけさがしゲーム」です。
実は、みんながCFAに来る前にこっそりおばけを隠しておきました。
ルールを説明し、スタート!!
合図がかかると一斉にいろいろなところへ駆け寄っていきました。
ひとつ見つけては「あった!」と声があがりました。
中には「簡単だね~」と言っている子もいました。

ゲームを通して衣装のかけらが床にたくさん落ちていたので
「よーいどん!」で一人20個拾いました。
みんな素早く拾い集め、部屋のなかがあっという間にきれいに!

最後には「トリック オア トリート」を言っておかしをプレゼント。

感想を聞くと「楽しかった」という声がたくさんでした。
保護者の方にも「今日おかしもらったよ」とお迎えのときに
嬉しそうに伝えていました。

純粋に楽しんでいる表情をたくさん見ることができて私も嬉しかったです。
ハロウィンのいい思い出になっていますように…☆



2016年10月28日金曜日

避難訓練「火災について」

10月の避難訓練は火災について学びました。初めに、前回の火災訓練で学んだことの復習です。室内で火災が起こったらどうするか聞いてみると「煙を吸わないようにマスクをする!」「頭を低くして出口に向かう!!」などしっかり避難の方法を覚えている様子に安心しました。
今回の訓練では火災が起こる原因などについて学びます。初めに『夏と冬ではどちらの方が火災が多いでしょうか?』という質問にみんなで考えて意見を出し合います。「絶対冬でしょ!冬は寒いからお鍋をして火を使うから火事になるんだよ!」「牛乳も温めて飲むもんね☆」などとても可愛らしい意見も出ていました。
たくさんの意見が出たところで正解の発表です。答えはみんなの予想通り“冬”です!冬は空気が乾燥していて燃えやすく家の中だとストーブや電化製品を使うことが多くなるからだそうです。
次は火災が起きる原因について考えてもらいました。「料理をしている時!」「電子レンジかな?」など色々考え、意見の交換を行うことができました。ランキングでいうと、1位放火、2位たばこ、3位たき火、4位コンロとなっているそうです。
原因が分かったところで次は外を歩いて燃えそうなところについて考えました。普段なにげなく歩いている道でも危険なところ、燃えそうなところはないかみんなで相談します。「たばこを吸うところは危険だね」「バイクや車はどうかな?」などみんなが良く使う道を思い浮かべながら話を進めました。
 
最後の質問で『学校からCFAに来る途中で火災に遭遇したらどうしますか?』という問いかけに「消火器を使う!」「大人の人に助けてもらう」など“もしも”を想定して考えることができました。
もし、火災を見つけたら①大きな声で周りにいる大人に知らせる②火元から離れる③安全な場所に避難する④絶対に自分たちで消火活動はしない
この4つをしっかり守るように話をするとこども達は真剣な表情で「はい!!」と、元気に返事をしていました。

火災について色々学んだあとは実際の火災現場の写真をみんなでみました。火が燃え広がる様子や消火活動中の写真、燃えたあとの真っ黒になった部屋の様子などを見てみんなから「こんなに燃えるんだね」「火がこんなに大きくなるとは思わなかった」など真剣に火災について考える時間となりました。

火災は地震などとは違い予防することができます。家の前に燃えそうなものを置かないようにしたり、電化製品の取り扱いに注意するなど、日々の生活の中でも見直すべきところを発見できた火災訓練となりました。

2016年10月18日火曜日

10月TW「宇宙飛行士について」

今日はおやつの時間に、前回のテーマワークで触れた宇宙食を実際に食べてみました!
宇宙食はカレー、チキンライス、プリンです。
カレーは少し辛かったようですが、こどもたちは
「おいしい!」「プリンはバニラアイスの味がする!」「チキンライスはオムライスの味!」と言って楽しそうに食べていました。
おやつを食べながら「今日のテーマワークは何をするのかなぁ!」とこどもたちもワクワクした様子で今回のテーマワークに入ることができたようです。
 今回のテーマワークは「宇宙飛行士について」学びました。
まずは、前回の復習から。みんなで宇宙飛行士はどんなお仕事をしていたかを思い出していきます。
「確か、ロボットアームを操ってたと思う。」
「あと、宇宙ステーションの中で実験とかするの!」
とお仕事の内容を覚えている子が教えてくれました。
 宇宙クイズでは宇宙はどんなにおいがするでしょうか?という質問でほぼ全員が「においなんてしないよ!」と言っていましたが、なんと正解はラズベリーやステーキなどの食べ物のにおいがすると言うことを知ってとても驚いていました。
次にスライドを見ながら宇宙飛行士について詳しく学んでいきます。
宇宙飛行士の人は落ち着いて物事を考えてリーダーシップを取ることができ、様々な人たちと仲良くなることができる人たちだということ、宇宙飛行士の宇宙での生活は違いはあるけれどみんなと同じように宇宙で生活しているということを学びました。

「宇宙飛行士の人たちはどんな向きでも寝られるなんてすごいね!」「宇宙のトイレはなんか怖い!」「水を使わないシャンプーなんてどこに売ってるの?」とこどもたちも興味深々な様子でした。

宇宙飛行士になるためにはスポーツをして丈夫な身体をつくることと、今こども達自身が学校や習い事で頑張っている勉強もしっかりしていくことが必要だということも学びました。

最後に宇宙飛行士選抜試験に挑戦しました!
宇宙飛行士は地上にいる管制官と声だけを頼りに細かい作業を行なう場面がたくさんあるというところから、ワークシートを使ってコミュニケーション試験を行ないました。
 まずはペアを作ってもらい、今から配るワークシートは見せ合わないことを伝えてから、①、②で違う絵が描かれた2枚のワークシートをペアのそれぞれに渡します。

背中合わせに座り、①のワークシートを持っている人が②のワークシートを持っている人に描かれている絵を言葉で相手に伝え、②のワークシートを持っている人は相手の言葉を頼りに絵を描いていきます。
終わったら交代して次は②のワークシートを持っている人が①のワークシートを持っている人に絵を言葉で伝えて最後に見せ合って答え合わせをします。

「うーん何て言えばいいんだろう…。」「え?どこに丸書けばいいの?」「小さい丸?大きい丸?」
伝える方も聞く方もとても集中して頭をフル回転させながらとても真剣に考えて取り組んでいました!


最後に【○○になるためにどんな準備をすればいいか、今何ができるかを考えてみよう】ということでこどもたちは○○に自分の将来の夢を当てはめて考えていきます。
「デザイナーになるためには…」「サッカー選手になるには…」
「宇宙飛行士になるには…」こどもたちは思い思いに今できることを考えていました!

今回のテーマワークを通して、宇宙飛行士の仕事の内容だけではなく、夢を叶えるためには、たくさん学び、知識をつけ、様々な経験をして自分なりに努力をしていくことの大切さも学ぶことのできたテーマワークになりました。

2016年10月14日金曜日

工作イベント ~ハロウィンパーティーの衣装を考えよう~

今回の工作イベントは月末に実施する
ハロウィンパーティーで着たい衣装を考えました。

ハロウィンパーティーをしたことがあるか聞くと
「保育園や幼稚園などで経験した!!」との
返答が多く、経験したこどもがとても多かったです。

導入ではハロウィンについて知っていることを
発言してもらいました。
「TRICK OR TREAT って言えばお菓子をもらえる」

「日本語で訳すとおかしをくれないといじわるするって意味」

「仮装するお祭り」

など色々な意見が出ていました。

説明が終わったところで
パーティー当日に着る衣装を考えていきます。
どのようなものが出来上がるか楽しみですね。
最初はどうしようかなと考えていたこどもたちも
一度スイッチが入ると集中して取り組んでいました。
月末に向けてCFAKidsの施設内が
日々、ハロウィン一色に変わっていく
様子をお迎え時に楽しんで頂ければと思います。

2016年10月12日水曜日

10月チャレンジおやつ ~クモの巣ケーキ~

10月31日はハロウィンです。
ハロウィンと言えば、
カボチャや魔女などの怖くて不気味な飾りが特徴的です。
そこで10月のチャレンジおやつでは、
不気味なのに何だかかわいらしい“クモの巣ケーキ作り”に挑戦しました。

「えー、気持ち悪い!」
「食欲がなくなった・・・」
メニューを紹介すると一斉に不安そうな声があがりました。
しかし、材料や作り方を伝えると、
こどもたちの顔はあっという間にワクワクドキドキの笑顔に変化しました。
まずは土台作りです。
コーンフレーク・白玉団子・カボチャペーストなどを皿に重ねます。
「コーンフレークを細かくしてみよう」
「白玉がはみだしちゃうな・・・」
「カボチャを手で伸ばしてみよう!」
土台作りは順調に進みました。
次に、
ラップに爪楊枝で穴を開け、
ヨーグルトを絞りながらクモの巣を描きます。
「糸は何本にしようかな?」
「ヨーグルトがたくさん出すぎちゃった~」
細い線を描くのに苦戦する子が多くいました。
最後に黒ゴマヨーグルトでクモの足を描き、
プルーンを置いてクモのおなかを作ります。
「クモの足を描くのが難しいな」
「目を描いたらかわいいクモになったよ」
「ヨーグルトとカボチャが混じって、毒ができた」
世界に一つだけのオリジナルクモの巣ケーキが完成しました!

「いただきます!!」
自分で作ったクモの巣ケーキをあっという間に食べ終わる子。
カボチャが苦手でも残さずに食べる子。チャレンジおやつを通じて、
季節の行事も楽しみながら、
食の大切さを学んでほしいと思います。

2016年10月5日水曜日

10月テーマワーク「宇宙に関係する仕事を知ろう/宇宙食を考えよう☆」

今月のテーマワークは宇宙に関係する“しごと”について学びました。
テーマワークの最初はみんなが楽しみにしている宇宙クイズです。今回は『宇宙服の値段はいくらでしょうか?』というクイズにこどもたちは大興奮!「1000円?」「1万円?」と、たくさんの意見を交わしながら答えの発表を待ちます。正解は約10億5千万円という答えを聞いてみんな驚きの表情!!特に高いのが生命維持装置でそのお値段、な、なんと約9億5千万円もします。宇宙飛行士の命を預かる大事な装置なのでこの値段でも納得なのですが文字にしてみるとすごい金額なのが分かりますね。

宇宙クイズで盛り上がったあとは今回のテーマワークの本題に入ります。先生から「宇宙に関係する“しごと”は何があるでしょう?」との問いかけにこどもたちは真剣な表情で考えます。「ロケットを作るひと」「宇宙人がいるか調べるひと」など色々な意見が出ました。

では、実際どのような“しごと”があるのか学んでいきましょう。
宇宙に関係する仕事は大きく分けて4つあります。一つ目は『天文学者』です。前回学んだガリレオ・ガリレイが出てくるとこどもたちは「知ってる!」と声を揃えて教えてくれました。
2つ目は『研究者』、3つ目は『技術者』、4つ目は『宇宙飛行士』と宇宙に関する仕事にも様々なものがあり、その一つ一つが大切な役割を担っていることを知ることが出来ました。


宇宙に関係する仕事を学んだ所で次は実際に“しごと”を体験してみました。今回は宇宙食の開発に挑戦です!宇宙空間はどのような所で、宇宙飛行士はどのようにしてごはんを食べるのか、など色々なことを考えながらそれぞれが思う宇宙食をワークシートに書き込みます。
 


宇宙に行ったら縄跳び出来るかな?鉄棒は?寝るときはどうするんだろう?など宇宙空間についてそれぞれ考えました。


みんなとてもよく宇宙空間のことを考えながら開発を進めます。こちらのお友達は唐揚げが大量に製造できる機械を考えたようです。

こちらのお友達は宇宙にかぼちゃを持ち込み、余った種を宇宙で育て、またかぼちゃを食べられるようにしたいと話していました。


こちらは、2人で協力しながら話を進めているようです。カプセル型の容器にストローをさして食べられるようにしたり、スイッチを取り付けて開閉がスムーズにできるように考えていました。


 
最後は実際に宇宙飛行士が宇宙でどのように食事をしているのかが分かる動画を見ました。こどもたちからは「なんで宇宙なのに食べ物が浮かないの?」「マヨネーズもあるの?」など、画面を食い入るようにみんな真剣に見ています。宇宙についてまだまだ知らないことだらけですが、こどもたちが今疑問に思っていいることをいつか解明出来る日がくるといいですね☆