2020年3月26日木曜日

ピースフルスクールプログラム「1年間のまとめ」

今年度最後のPSP(ピースフルスクールプログラム)を実施しました。
毎月実施のPSP、年度末にむけて校舎ごとに校舎の状況や様子にあったプログラム内容を決めてきました。内容は、先生たちで決めることもあれば、こどもたちと共に決めることもあります。

以前から数ヵ月に1回ほどのペースで、こどもたち自身が「校舎で過ごしてきたことについての振り返り」を行っていました。やれていない月があるとこどもたちから「振り返り、いつやるの?」と声があがるほど。

よって、年度末の今回のテーマは「会議~実践編」と題し、「1年の振り返り」と「4月からの目標」についてとしました。
先月、会議についての「基礎編」で伝えた ’司会’や’書記’の役割も決めて、「みんなの意見を聞こう!」を意識して会議を進めました。




会議は学年ごとに進めます。それぞれの学年のカラーが出ており、先生たちの方が驚くことが次々に!!
司会・進行としっかり務め、書記は聞き逃さないように真剣に記録していきます。そして、何より驚いたのは、「振り返り」が次々と出ること、そして4月からの目標も新しく増える仲間のことを想いやった内容だったことです。

イベント経験として挙がったものは毎年恒例のものだけでなく、CFA創立5周年パーティーのことや、SONYさんからお声がけいたいて実施に至ったプログラミング体験など、こどもたちにとっても、CFAにとっても初めての経験になるものも挙がっていました。


一つひとつの経験がこどもたちの成長へと繋がっていることを改めて実感できたPSPの時間。
来年度はどんなPSPを取り組んでいけるのか、今からとても楽しみです♪