2019年10月31日木曜日

ハロウィンパーティー

CFAでは毎年、ハロウィンパーティーを実施しています。
決まっていることは「パーティーをしよう!」ということだけ。あとはこどもたちがテーマを考えて、準備をしていきます。今年「和風vs洋風 お化け屋敷対決!」をテーマにした校舎の様子をお伝えします。

きっかけは「どんなお化けになりたい?」と話し合った時に、ドラキュラ、フランケンシュタイン、ひとつ目小僧...と、和洋いりまじった様々なおばけが挙げられたことにはじまりました。「じゃあ和風チームと西洋チームにわけようよ!」との一声にみんないいねえと賛同。それぞれのチームで、イメージを膨らませながら準備を進めました。

和風チームは、段ボールで作った黒い壁に赤い絵の具で手形を押してみたり、お墓をかたどった段ボールも、しっかりと身を隠せるか何度も確かめていたりと、細部にまでこだわって小物づくりをしていきました。「ざしきわらし、ろくろっくびって日本のお化けだよね?あとはなにがいるかなあ」とお友だちや先生に聞きながら考えて、絵に描いている子もいました。

洋風チームは、なかなか全体のイメージがつかずに苦戦していました。そんなとき、2年生の2人が「司会やる!」と名乗りを挙げて、全体をまとめようと動いてくれたことで、みんなも少しずつ準備モードに入ることができました。
そして、本番の完成図から逆算して今日は何をするかを考えていき、最終的に仕事の分担まで決めていました!工作好きの3年生は、何やら天上に仕掛けを作ったり、2年生は1年生が隠れる場所を作ったり。みんなはりきって準備に取り掛かりました。

いよいよ準備も大詰めとなった前日。ある子のおばあちゃんがミニかぼちゃをくれました!「やりたい!」と目を輝かせた1年生がデザインを考えて、とっておきのジャックオランタンが完成!玄関に飾って気分を盛り上げてくれました。

そして待ちに待った当日。順番に脅かしタイムを作って遊びました。

和風チームはゆったりと物陰から現れたり、気がつかれないように忍び寄ったり...

洋風チームは、天上につるした仕掛けから紙吹雪を発射したり壁からばあーっと飛び出したり...

お互いに「こわくないもん!」と言い合いながら、仕掛けを楽しむ笑顔の脅かし合いっことなりました!

片付けの時も、3分間で「和風洋風かたづけバトル」を開催。「どんどんあつめてー!」とたくさん散らばった仕掛けたちも、みんなで片付けをしたらあっという間にきれいに元通りに!


チームで話し合ったことで、それぞれが自分の作業に熱中して取り組み、とても素敵な姿をたくさん見ることができました。また来年もお楽しみに☆