2019年10月30日水曜日

日常ブログ「経験の伝承」


本日は、月末に開催するハロウィンパーティーの話し合いを行いました。普段は3年生以上が司会をしたり、まとめ役を担当していますが、今回は来年度に向けて2年生が司会やまとめ役となり、上級生は2年生のサポートを担当してもらいました。

3年生には話し合いの前に集まってもらい、2年生が司会をやること、支えてほしいことを伝えました。彼らもまた、上級生から同じように学んできているので「OK!任せて」との言葉と聞いて成長を感じました。


司会を担当してくれた2年生たちは、堂々と前に出てパーティーのテーマを決めるための意見をたくさん集め、バッティングセンターハロウィンver.とクモの巣ゲームをすることが決まりました。

今回の話し合いでは、たくさんのアイデアが出たので、意見をどうまとめようかと考えることもありましたが、来年度は2年生が中心になって下級生を支えていく学年です。今回の困った経験は必ず成長に繋がると感じています。


小学校では5、6年生が上級生と言われますが、CFAの場合3年生は立派な上級生。下級生のことをサポートしてあげることも大切な役割であることを日々、伝えています。



これからハロウィンパーティー開催までの道のりで、楽しいことだけでなく、大変だったことなどを経験をしてほしいと考えています!