2019年8月9日金曜日

日常ブログ「農業部の活動」

亀田校では、今春から「農業部」をこどもたちから募り、校舎の裏庭で花や野菜など、植物を育てています。今日はそんな農業部が、春に苗植えしたプチトマトの収穫日!
部員のこどもたちが交代で毎日水やりをしたり、割り箸で支柱を手作りしたりと、愛情をそそいで育ててきたプチトマト。
館山にある CFAの畑から苗をおすそ分けしてもらい、今回は赤いプチトマトと、ブラックトマトの2種類を育てました。
ブラックトマトも立派な実がなり、こどもたちも大興奮。
「ブラックトマトって一体どんな実がなるんだろう。」と最初は半信半疑だったこどもたち。最初は緑色だった実が黒く色づき、「これは・・・本当にブラックトマトだー!」と初めての体験に大喜びでした。

「食べるのもったいない・・・」と愛着を感じつつ、丁寧に1人ずつハサミを使って収穫。「すごい!売り物みたいじゃない?」と立派に育ったプチトマトを見て嬉しそうでした。

収穫後は、大事そうにトマトを洗い、今回お待ちかねの「赤いトマトとブラックトマトの食べ比べ試食会!」が始まり。
「せーの!」でパクッ。
「う〜ん、ちょっと酸っぱい!」「ブラックトマトの方が甘い。」と盛り上がりました。

「何か土の味がする・・・」という声に「無農薬で育てた野菜の証拠だね☆」と聞いてにんまり。何より小さな苗から育てて、最後は自分たちで食べられたことに大満足の農業部でした。

農業部ノートに今回の報告を書き、「さて次は何を育てる?」と次の挑戦に向けて、ただいま作戦中です。