2019年6月14日金曜日

日常ブログ「梅雨の時期の遊び方」


雨が続き、外遊びに行く機会が減ってしまう梅雨の時期。そんな梅雨の時期だからこそ、思う存分楽しめる室内遊びをご紹介します!梅雨入りはじめ、校舎にロケットがやってきました。「My Rocket」という、立体塗り絵です!まずはダンボールで、自分達の背丈より大きなロケットを組み立てます。その次に、ロケットの表面や中面に色を塗ったり、自由に絵を描いたり文字を書いたり。後から続々と入室してきたこどもたちもロケットを見るなり「なにあれ?」 「何やってるの?」と興味津々。ロケットの周りに集まってきて、みんなで1つのロケット作り上げました。

ある程度絵や文字を書いてひと段落した頃、米つぶ程度の穴を開け、穴を中心点にして星の絵を描いていた1年生。先生が「どうして穴を開けているの?」と尋ねると、「ロケットの中から上を見上げるとプラネタリウムみたいに星があるように見えるんだ」と。
「すごいアイディア!ロケットから星が見えるなんて」先生もワクワクしてきました。



その後こどもたちは、ロケットの外側から星めがけてライトを当て、内部から光り輝く星々が鑑賞できる仕掛けに。
校舎の半分を暗くしてより綺麗な星々を見上げるこども達。
さらに校舎で使用しているお茶飲み用色付きコップにライトをあてると、コップ色の光源に早変わり。オレンジ色の優しく暖かな光に「はぁーきれーい、うっとり」と、普段感じることのない幻想的な雰囲気に心を奪われていました。
立体塗り絵がいつのまにかプラネタリウムに変身★
自分達が作り出したもので、心の底から感動する体験ができたことでしょう。
梅雨の時期、このロケットに室内遊びを大いに盛り上げてもらいたいともらいたいと思います。