2019年5月6日月曜日

日常ブログ「夕焼けチャイムが17:30になった!!」

今月から夕焼けチャイムが17:30になり、いつもより長く公園で遊べたり、公園に行ける機会が多くなりました。
こどもたちも公園で長く遊べることに大喜び!
今回はそんな公園での様子を紹介します。

最初に紹介するのは、最近こどもたちの間で流行っている『どろけい』です。
捕まえたい人が警察、逃げたい人が泥棒で公園内を駆け回ります。
電柱を牢屋に見立て、捕まった泥棒たちがどんどん入り「出してくれー!」と他の泥棒に捕まったことを猛アピール。
それを聞いた仲間の泥棒たちは「今行くぞ!」と声を掛けながら牢屋の方へ助けに行きます。
警察たちもそれを見逃さず、やって来る泥棒を逮捕しようと走るのですが、なんとこの泥棒は囮です。
別の泥棒が牢屋に近づき、捕まっている仲間を助け出しました。
捕まっていた子をたくさん助けた泥棒はまるでヒーローのようにみんなから歓声を浴びていました。

次に紹介するのは『缶蹴り』です。
女の子たちの間で缶蹴りが流行っていて校舎からペットボトルを持って行き、缶の代わりにして遊んでいます。
公園に着くと鬼を決めるためすぐにじゃんけん。
鬼が決まると缶(ペットボトル)を蹴り、スタート!
こどもたちは公園にある倉庫の裏や、遊具の陰、木の裏、電柱の後ろなどなど沢山の所に隠れています。
隠れている子を鬼が探しに行く隙を見つけ、それぞれ隠れているところから走り、缶を蹴り大盛り上がり!
凄いと思うのが、もう何度も缶蹴りはやっていますが毎回隠れる場所を変えて隠れていることです。
こどもたちの「ここなら隠れられる」と気づく着目点にはとても驚かされます。

最後に紹介するのは『花冠作り』です。
公園にあるシロツメクサを摘み、綺麗に編み込んでいき、花冠を作っています。
5月に入り、風も心地よくなってきたのでシロツメクサを摘みながら、木陰でゆっくりできる時間はとっても気持ちよさそうです。
できあがった花冠をお友達に渡していたり、自分で付けて見たり、春にぴったりの遊びです。
        
これからも生活の様子などご紹介していきます。
お楽しみに!