2019年3月29日金曜日

日常ブログ「読書の・・・春!?」

春休みがスタートしました!
新年度を間近に控えたこどもたちは新しい学年にドキドキしながらも、朝からCFAで楽しく過ごしています。

遊べる時間もたくさん増えるのですが、その様子を見てみると・・・、あちこちで本の世界にタイムスリップしているこどもたちの様子がたくさん見られました。



図書館で借りてきた本やお家から自分で持ってきた本など、種類はさまざまですがみんな自由時間にも思い思いの本を読んでリラックス☆



お気に入りの本を持ってくると「先生! この本読んで~♪」と嬉しそうにお願いをしてくる子もいて、とても楽しそうです!


読書の秋ならぬ読書の”春”といった様子で、読みふける様子が印象的な春休み。1年間いろいろなことに一生懸命頑張ってきたからこそ、楽しみながらこうしたゆったりした時間が心地よく感じられます。

新しい学年がいよいよ始まります!

2019年3月27日水曜日

春休み遠足『花やしきに行こう」

今年度、最後のプログラムは遠足です!

各校舎電車で浅草まで移動し、花やしきに集合して一緒の時間を過ごしました。昼食やおやつの時間、帰りの時間だけが決まっていて、あとはすべてこどもたちで考え行動します。

こどもの日などで学んできた時間の管理や選択する大切さを実践する機会でもあります。どんな成長が見られるのか楽しみですね!



事前に4~5名のグループを事前に決め、乗りたいものや順番についても話し合って準備していました。身長制限やジェットコースターの得意不得意など、相手のことを考えながら進めていました。


「ジェットコースターを上級生と一緒に初めて乗ったよ」
「久々に会う先生がいたよ」
「キャンプで同じチームだった子と会えて嬉しかった」


今年度最後のプログラムもこれで終了。
4月からは、また新しい1年生も加わります。
また新しい思い出を作って行きましょう!

2019年3月25日月曜日

日常ブログ「今年度もあとわずか」

2018年度も残りあとわずかとなりました。
この一年でさらに心も身体も大きく成長し、新たな学年へ上がっていくこどもたち。この時期は、こどもたちがこんなにも成長したね!と先生同士で振り返ったり、保護者のみなさんとお話したりと嬉しい想いで胸がいっぱいになります。

そんなこどもたちは春休みが始まると、普段なかなか行けない公園へ行きサッカー!他にものんびりとボードゲームをしたり、組体操をしてみたり。こどもたち手作りのカレーを食べる夕食会も開催しました。


そして、まもなく仲間入りする新入生へ向けての新入生歓迎会準備も頑張りました!
「新入生歓迎会」と大きな字でタイトルを書いています。


こちらは輪飾り作りです。切る係と糊付け係に分かれて協力し、進めています。輪飾りつくりはこれまでに何度も行ってきているのでテキパキと取り組むこどもたちでした。


装飾として春らしくチューリップを作っています。可愛らしいですね!折り紙上手なこどもたちはさまざまな色でたくさんのチューリップを作っていました。
「一年生何人入ってくるの?」「プレゼント、いろんな種類を用意してあげようよ!」とわくわくしながら頑張っています。
2019年度も新たなメンバーを迎えてみんなで楽しく過ごしていきたいと思います!

2019年3月21日木曜日

CFA×うちゅう 未来テクノロジー教室

3月21日 春分の日に CFA×うちゅう 未来テクノロジー教室がありました。


これは、宇宙や未来の最新技術について探求するもので、
ロケットやロボットなど現在進行中で開発されている近代のテクノロジーを
ワークショップやゲームを通して体験ができる教室です。

3年前CFAのこどもたちと共にロケットの打ち上げも行った
株式会社うちゅうの方々がこどもたちにもわかりやすいように
楽しく学べるように開いてくれました。

話を聞きながら真剣にメモをする子もいて、オープニングから活気に溢れる教室。


そして、ワークショップに入る前に、なんと!
こどもたちは宇宙服に着替えるというサプライズもあり、さらに大盛り上がり!!




最初のワークは「パズル」です。真っ白の24ピースのパズルが配られます。
ミッションは「10分間で完成させよ」
「スタート!」の声かけでパズルをやり始めます。
最後まで全員が諦めずに真剣な顔をしていました。早い子は6分ほどで完成。
10分間で完成したのは1割にも満たないほどの人数でした。



このワークは宇宙飛行士もやるもので、何百何千といった量のパズルに
取り組むそうです。完成させることが目的ではなく、長い時間集中することが
できるようになるための訓練であることを教わりました。


中盤のテーマは「星座」。自分で好きな星座を作り発表をしました。
「カエル座」「キリン座」「リンゴ座」「CFA座」「〇〇先生座」・・・
多くの星座が生まれていました。発表した子はみんなに自分の星座を聞いて
もらえたことが嬉しかったようで、満面の笑みでした。




最後のワークは「宇宙で遭難したらどうする?」
いますぐ宇宙船から出て避難する必要があった時、宇宙船からなにを持って
逃げるか?を考えます。



10個のアイテムを自分が必要だと思う順番に並べ、その後チームで話し合います。
11つにわかれたそれぞれのチームが必要なもの上位3つを決めたあと、
ドキドキの正解発表です。



残念ながら、上位3つを完璧に当てられたチームはいなかったのですが・・・
皆さんは何が必要だと思いますか?


正解は・・・1位ー酸素 2位ー水 3位ー星座図
だそうです。
酸素はすぐになくなるし、水は3日飲まないと生きていられず、
星座図がないとどちらに逃げればいいのかがわからないとのことでした。
こどもたちが3つに選んでいたものに多かったのが「宇宙食」でした。
その宇宙食は4位。食事は1週間~10日しなくても生きていられるので、4位ということです。

2時間の教室はあっという間。
知らないことを知ったり、知っていることがさらに理解できたりと
終わった時のこどもたちの顔、キラキラしていました。

2019年3月19日火曜日

日常ブログ「おママごと♪ 秘密基地☆」

女の子が2人集まると校舎にあるおもちゃを工夫して使い ごっこ遊びが繰り広げられます。

今日もあそびに使う小道具を厳選し、ごっこ遊びの配役を決めて仲良く遊びました。


「大丈夫ですよ。手術すれば治ります!」
患者さんへ優しく語りかけました。
気分は医療ドラマの名ドクターになりきってこの日も大手術をこなします。




男の子たちは夜の時間、机を重ねて秘密基地を制作。

「屋根が足りない」
「布を使って作ろう♪」

校舎中のおもちゃ箱をかき集めて外壁を作り、光を遮断して自分たちだけの隠れ家が完成!


気の合う友だち同士、好きなおもちゃを出して本日もこどもたちのごっこ遊びが盛り上がりました。

こどもの成長とともに遊びの内容も日々発展、変化していくので大人も刺激をもらっています。
次はどんなおもちゃを出してどんな遊びが始まるのか楽しみです★

2019年3月12日火曜日

避難訓練「目黒巻き」

今日のサバイバルは地震について。
昨日の3月11日は東日本大震災の日だったことに触れてから、まずは東日本大震災発生直後の映像を見ました。
大きく揺れる室内やビル、電柱。色々な物が建物から落ちてくる様子やコンクリートの地面が割れる瞬間を見て、こどもたちは、「いつくるか分からないから怖い。」「震度7の地震の後も何度も大きな揺れがあったのは知らなかった。」「赤ちゃんは逃げ方が分からないし、1人で逃げれない。」など、映像を見て思ったこと、感じたことを発表してくれました。
今日はもう一つ、避難訓練の一環として「目黒巻き」をみんなで作りました。目黒巻きは災害発生時の問題点を自分自身の問題としてイメージするための一つのツールです。
「いつ・何時・どんな天気の日に」と具体的に想定を決めて考えていきます。こどもたちで意見を出し合い、「3月の午前5時、雪の日」に地震が発生したと想定。
「地震発生直後は?」「1分後は?」「5分後は?」と時間を追いながら、その時自分はどんな行動をするか、どんなことが必要か、状況をイメージしながら問題を解決していくように話を進めました。
地震発生直後は、「まだ朝の5時だったら寝てるから、とにかく起きる!家族を起こす!」「布団に隠れて、枕で頭を隠す。」
1分後、「ベッドの下に隠れる」「お母さんも起きなかったら、自分が逃げる。」「できるだけビルのないところへ行く。」10分後、20分後、、、たくさん意見を出し合い、具体的にイメージしながら行動を目黒巻きに書き込んでいきました。

1時間後には「体育館に集まる」「避難した所で待ってる」ということで、みんな学校へ避難することを想定。
3時間後には午前8時でおなかが減るため、「学校にある非常食のウエハースをもらう。」という話に。「職員室の鍵の場所知ってるよ!地震の時は鍵を取りに行って、非常食をみんなに配る!」と、周りの人を助けることに気付いたり、「雪の日なんだから寒いはず。新聞紙を集めて体に巻く。」など、何が必要になってくるかを具体的に考えたりすることができていました。
1日後、2日後、、、と目黒巻きは進んでいきます。
まずはイメージすること、いつ起きるかわからない地震に備えることの大切さを学んだ時間となりました。

目黒巻きは壁に貼っておいて、思いついた子はいつでも中身を書き足せるようにしています。今後も、災害が起きてからではなく、起きる前の備えとなるようにこどもたちと一緒に考え続けていきたいと思います。

2019年3月10日日曜日

卒業 / 修了式

3月10日、北千住にある東京芸術センター 21階天空劇場にて
2018年度卒業/修了式を実施しました。


今年の卒業 / 修了式のテーマは「想いの伝え合い」
群読や歌、メッセージカードで1年間ともに過ごした仲間と
「想い」を伝え合いました。

各校舎でたくさん練習を重ねてきたものの、
全校舎が揃うことも、大きなホールでやることも初めてのこと
ドキドキしながら集まってきました。

まずはリハーサル。順番や立ち位置などを覚えたり、歌の練習をしました。
歌はフェローオーケストラさんの生演奏で歌います。
本物の楽器の心地よい音色に合わせ、こどもたちの歌声ものびのびとしていました。

本番近くになり、保護者の方々が客席に座り始めると
緊張が高まったり、見てくれていることにワクワクする子もいたりと
ざわついてきました。

「これから2018年度CFAKids卒業修了式をはじめます」
はじめの言葉のこどもたちの挨拶で式がスタートしました。

群読では広いホールでも聞こえるように、大きな声でハキハキとしゃべる姿が
見られ感動。緊張していたはずですが、本番が1番上手でした。


後半は卒業/修了証書授与です。
卒業生とはもうすでにCFAを卒業している、または今年度で卒業するこどもたち。
そして修了生は4年生が対象で、これから学年が上がるにつれてそれぞれの
居場所で過ごすことも増えますが、CFAで学んだことを活かしてこれからも
お兄さん、お姉さんとして下級生を導いていってほしいという願いを込めて
修了をお祝いするものです。


こどもたち一人一人に向けた文章が書かれた証書の授与では、みんな立派に受け取っていて、その姿はとても大きく見えました。卒業してもCFAKidsの仲間であることには変わりません。「いつでも遊びに来てね」の想いを伝える会でもありました。

また、親子での手紙のプレゼントもプログラムの1つでした。
卒業生からは、CFAに通わせてもらったことへの感謝の気持ちを
保護者の方からは、CFAに通う中での成長を感じた素直な気持ちを
読み合うとても素敵な場面でした。



多くの「想いの伝え合い」が詰まった卒業 / 修了式。
改めて伝えること、言葉にすることの大切さを感じた1日でした。


学年や学校も変わり、それぞれの居場所で過ごすことも増えますが、
CFA
で学んだことを活
かして、時にはお兄さん、お姉さんとして下級生を導いていって欲しいという期待を込めて
修了をお祝いします。



2019年3月8日金曜日

日常ブログ「心を込めてお祝いしよう」

今年度の卒業・修了式まで 残り1週間。
メッセージカード作りや歌の練習など
毎日 卒業・修了式の準備に取り組んでいます。

まずは画用紙2枚を使ったハートバッグ作りからスタート。
色違いの画用紙に切り込みを入れて
色が交互に出るよう編みこむと完成!

同じグループの友達へのメッセージも書きました。
CFAでの思い出や 優しくしてもらったお礼など
メッセージをもらった友達が嬉しい気持ちになるように、
心を込めて書きました。
書いたメッセージカードは 友達のハートバックの中に入れ
卒業・修了式に渡す予定です。
歌の練習にも熱が入ってきました。
担当する歌は全部で5曲♪
「ともだち おひさま やさしいこころ」
「音時(おんのじ)」
「ビリーブ」
「ワケワケのうた」
「Chance For All」
歌詞を見ないで歌うので 難しいところは ちょっと不安顔…
でも みんなで歌っていくうちに 壁の向こう側まで響き渡るハーモニー♪
どんどん素敵な歌声に変わっていきました。
群読練習も頑張って ちょっと疲れた後には
元気の出る「エビカニクス」を歌って踊って 心と体を全開放♡
卒業生と修了生を心を込めてお祝いするために、みんなで練習を頑張ったので
本番にはステージやフロアで自信をもって発表できること間違いなし!!
大きな声で 満面の笑顔で 卒業・修了式を盛り上げましょう♡






2019年3月6日水曜日

チャレンジおやつ「フルーツパフェ第2弾!」

今年度最後のチャレンジおやつは、こどもたちからリクエストの声が多かったパフェを作りました。
以前、ある女の子の「おやつでパフェを作って食べたい!」という希望から実現したパフェ作り。他の校舎のこどもたちからも「またパフェが作りたい!」というリクエストが集まり、パフェ以外にもさまざまなオリジナルレシピも届きました。

そこで今回は、りんごゼリーといちごやバナナ、パイナップル、黄桃などたくさんのフルーツとヨーグルトクリームパフェ作りに挑戦です。
作り方は以前やっているのでこどもたちもお手の物!
今回のパフェはどんな飾り付けにしようかなと考えているこどもたちのその表情は笑顔だったり真剣だったりさまざまです。

女の子たちは、りんごゼリーを一番下に入れると、次にバナナ、そしてヨーグルトクリームをたっぷりのせて最後に可愛らしくいちごやりんごなどを飾り付けて完成!
味わいながらもペロリと完食していたこどもたちでした。