2019年2月28日木曜日

2月日常ブログ「大人になったら」

学校からお仕事図鑑という本を借りてきた3年生の女の子。
「色々な仕事が載ってるし、面白そうだから借りてきた」と言いながら本を読んでいると他の子も興味を持って一緒に読み進めていました。

自分の好きな職業が載っているかを一緒に調べてやりがいやどんな人が向いているかなどが書いてあり、自分の性格を考えてながら「私は将来、働けそう!」と言いながら将来に夢を膨らませることは楽しい時間ですね。

読んでいると色々な職業になって遊んでみようと話が盛り上がり、たまたま開いたページに書いてあった映画監督の仕事でごっこ遊びが始まりました。
「映画監督とは言っても1人ではできないしどうしたらいいの?」
と話し込んでいると、映画のエンドロールには色々な人の名前が書いてあることを知っていた上級生が、監督だけでなく脚本、カメラマン、スタイリストなど様々な人が集まっていることを話していました。



するとスタイリスト役を希望した洋服が好きな女の子は、
「どんな服で撮影してもらいたいか書いてみる」
と早速動き出して、いくつかの絵コンテを完成させました。


話の内容やセリフも決まり撮影が開始。しばらくすると完成したようで、
「完成したから記念写真撮ろう!」
パスモケースをスマホに見立て、完成記念にハイチーズ!


これからたくさんの経験をしていくなかで、夢も変わってくると思いますが、仕事をすることは誰かの役に立っていること、働いている人への感謝の気持ちを忘れることなく成長していってほしいと思っています。