2019年1月31日木曜日

日常ブログ「読書の・・・冬!」

新しい年を迎えました。こどもたちからも「今年はこんなことがんばりたい!」という力強い声が聞こえてくる、そんな1月を過ごしています。

外でも室内でも遊びに全力投球! そんなこどもたちですが、ゆったりと過ごす時間もあります。それが読書の時間。


こちらは本読みの時間です。
CFAKidsでは宿題や習い事に取り組む時間が毎日がありますが、早めに終わった子は本を読んでじっくりと自分の時間を過ごします!

すっかり本の世界に入り込むこどもたちの表情も微笑ましいものです☆


もちろん本読みの時間だけでなく、自由時間にはみんなで一つの本を眺めることもたくさんあります!

学校で流行りの本や最新作にはみんな敏感です。おもしろかった本についてお互いに語り合う光景も良いですね


「ねえそれどんな話!?」

「おもしろいけど、話言っちゃったらつまらなくない?? 貸してあげるから読んでみなよ。」

「じゃあ一緒に読んでもいい?」

こんな会話もあり、2人仲良く本を読む男の子たち。1人で集中して読むのが好きな子、みんなで眺めるのが好きな子。

好みはさまざまですが、本の世界に触れ合うことで自分の世界を広げていくこととはとてもステキなことですね☆

日常ブログ「折り紙に夢中!」

曳舟校ではよく折り紙をして遊んでいます。
鶴やお相撲さん、昆虫など毎日いろんな作品ができあがります。

カブトムシやクワガタを折ったのは4年生の男の子。
とても器用にどんどん折っていきます!

女の子達はユニットというジャンルの折り紙に夢中です。

1年生の女の子は切り紙が上手!チョキチョキと自由に切って広げてみると、、、毎回違う模様が完成するのでどんな風に出来上がっているのかわくわくします。
「みてみて~こんなのできたよ!あげる!」とプレゼントしてくれたので白い画用紙に貼って校舎の飾りに。
玄関が可愛くなりました!

折り紙の本を見ながら「何作ろうかな〜!」と楽しそうに
夢中になって作っているこどもたちの表情がいつも素敵です。
作った作品は先生や友達、家族にプレゼントしていたり、校舎に飾ったり、他にもお菓子などの空き箱を作品入れとして使い、大切に保管しするなどさまざまです。
今後もどんな作品が出来上がるのかとても楽しみです。

2019年1月25日金曜日

ライフスキル「怒った時のわたし」

第3回目のライフスキルを実施しました。
今回は「怒った時のわたし」というテーマで怒りの感情に気付いてもらうことが今回のねらいです。

ライフスキルを行う際に必要なものに『サークル対話』というものがあります。サークル対話とは、全員が円になり、座って話し合いをします。そうすることで相手の顔や表情を見ながら対話することで発表が苦手な子も言いやすい環境を全員で作っていくためのものです。
サークル対話には
①意見や考えを伝えたいときは手を挙げてから発言する
②人が話している時は遮らない
③どんな意見でも人の意見を否定しない
という3つのルールがあります。

サークル対話は日常生活でとても大切なことで、人が話している時に無意識で話してしまう子も回数を重ねるごとに、自分で気が付くようになってきています。

今回は「怒ったときのわたし」というテーマで実施するため、事前に「怒りの温度計」という怒りにも種類があり、変化していくことを一目で分かりやすく表したものを準備しました。

温度計には「不満・苛立ち・うんざり・怒り・激怒・怒り狂う」の6段階あり、怒りにも種類があることや最初は不満だったけど何度も言われることによって、怒りや激怒に変わってしまうことを話しました。
そのなかで、自分の怒りがどの状態なのか、怒ってしまったときに冷静になる方法についてこどもたち自身に怒りについて一緒に考えてもらいます。

そこで最近怒ったことを聞いてみると、1年生の女の子は学校で変なあだ名を付けられたことがあり、舌打ちをしてしまったことがあったことを思い出しながら話してくれました。

今ふりかえってみて、怒りの温度計に当てはめて考えてもらうと「苛立ち」を選んでいました。また、5年生の女の子からはお友達と一緒に帰ってくる予定だったけど、約束の時間より25分も遅くなってしまったことを不満に思ったそうで、直接伝えたことを話してくれました。2人とも、話しているうちに怒りにも種類があることを実体験から感じたようです。
今回のライフスキルを通じ1番こどもたちに伝えたかったことは、怒りの感情が芽生えて来た時に一旦冷静になることが大切であるということです。どうやったら怒りの感情から冷静になれるかを考えてもらうと、2年生の男の子は「僕は深呼吸を6回するかな。まだできてない時もあるけどそう思っている。」との意見が出てきました。

今はできていないかもしれませんが、大事なことはそれに対して自分で考えてみること、それぞれが自分の感情に向かい合って相手とどう接していくかだと考えています。CFAを卒業してからも自分の感情と向き合うことはとても大切なことです。

自分なりの向き合い方がまだ見つかってない子には、一緒に考えていこう!と伝えて今回のライフスキルは終了しました。CFAのプログラムだけでなく、お家で感情のコントロールについて話し合い、捉え方や考え方について共有することで、より良い関係性を築くきっかけになればいいと考えています。

2019年1月17日木曜日

日常ブログ「元気に外遊び」

本日も快晴☆
こどもたちと近所の公園へ遊びに行きます。

一人の子が鉄棒で逆上がりを鮮やかに決めると、
「すごいね!」「おれもやってみよう♪」
と言って、みんなで逆上がりが始まりました。


また大きな広場のある公園に来ると、
みんなで集まり何のあそびをするのか、
話し合って決めます。
「逃走中やる人?」
「はーい!」
テレビで見ているゲームを真似たあそびを
みんなですることになりました。
「先生(ハンター)が来てるぞ。出てきちゃダメ!」
一緒に遊ぶ先生も本気で追いかけるとこどもたちは
みんなで協力し合い、必死に逃げ延びようとします。
毎回の公園あそびは大人もこどもも真剣勝負で大盛り上がり!


しばらく遊んだあとは、またみんなで集まり
ドロケイや追いかけっこ、氷鬼といったあそびが
人気でよくしています。
冬は日が落ちるのも早いので、学校が忙しい日は
遊べる時間が限られてしまいます。
短時間でも行ける日は公園へ行き
思いきり走り回って遊ぶことで
気持ちをリフレッシュさせて
勉強やワークに集中することができています。

2019年1月15日火曜日

サバイバル「地震から命を守ろう!」

今日のサバイバルでは地震について学びました。
今から24年前の阪神淡路大震災と8年前の東日本大震災を例に挙げ、地震後どのような状況になってしまったのか、当時の被災写真を見ながら考えました。
阪神淡路大震災は地震後、火災でたくさん人が亡くなり、
こどもたちは写真を見て、
「煙が出ている!」、「煙を吸ったら大変!」、「建物が燃えて倒れている!」「ガラスが割れている」と、たくさんの意見が。
東日本大震災は地震後、津波でたくさんの人が亡くなり、
「お家が流されている」「何もなくなって田んぼみたい」「船が道路まで流されている」と、津波に関してもたくさんの意見が出ました。
地震後に火災なのか津波なのか、どのようなことが起こるかは、地震が発生してからではないと分かりません。今ここで地震が来た場合の対処方法をみんなで考え、校舎内の危険箇所を探すことに。
「棚の上につっぱり棒があるけど、棚が倒れちゃうかもしれない」
「棚に物を詰め込み過ぎ」、「冷蔵庫が倒れちゃう」などと、危険箇所を見つけ、危険箇所を少しでも減らすために今自分たちにできることは何か話し合い、じぶんノートに方法を書きました。
「非常口を確認する」、「ロッカーの中をきれいにする」、「荷物を重ね過ぎない」、「地震が来たら机の下に隠れる」、「頭を守るためにランドセルや本で頭を守る」など、案が出ました。


逃げ方に正解不正解はない、命を守ることができたら100点!自分にできる方法で逃げようとお話しました。
いつどんな時に地震が起きるか分からない為、今日学んだことを忘れずに、これからも過ごしていって欲しいと思います。

2019年1月14日月曜日

チャレンジおやつ「おせちを作ってみよう!!」

あけましておめでとうございます!本年もCFAKidsをよろしくお願いいたします。

2019年はこどもたちが一番大好きなプログラム、「チャレンジおやつ」からスタートです。今回は「おせち」作りにチャレンジ!これまでよりも少しレベルアップです。

「えっ!おやつなのにおせち!?」
「なんだか難しそう…上手に作れるかな?」

ワクワクのなかに、若干の不安…。さあ、果たしてみんなでおいしく作ることはできるかな??

まずはおせち料理の種類と歴史についてお話し。由来や料理に込められた思いはぜひ知っておきたいですね!

「数の子はこどもがたくさん生まれるようにって願いが込められてるんだよ!」
「黒豆は『”まめ”に暮らせますように』って聞いたよ!」

説明より先にこどもたち同士で知っていることをシェアしあうステキな時間!みんなすっかりおせち博士☆

さて、この後はいよいよ調理開始です。今回作るのは、紅白なます・さつまいものきんとん・れんこんの煮物・手作りのかまぼこの4品です。



4つのグループに分かれ、作り方の書かれた紙を見ながら進めていきます。時には上級生が包丁の使い方を優しくレクチャー!



手を切らないように猫の手も上手です!


きんとんもさつまいもをじゅんばんにつぶしています。結構な力がいるので、男の子が大活躍!

完成していざ実食!みんなの第一声は「おいしい!」。協力して完成させることができた喜びで、おいしさもひとしおです☆

かまぼこの形を整えたり、煮物の火加減など、やってみて難しいと感じることもたくさんありました。

「お母さん、おばあちゃんて料理ってすごいんだね!」

食べながらしみじみと語るこどもたちでした!

2019年1月11日金曜日

日常ブログ「平和について学んだよ」

テーマワークで「平和」について学んでいます。
戦争があった時代について
興味のあることを調べることになり
亀田校では 戦争後のくらし について
一冊の本にまとめました。

他の校舎がそれぞれ作成した新聞や本などが亀田校に回ってくると
「他の校舎もすごーい!」
「上手!」
と興味津々のこどもたち。

「軍隊の人たちはつらい思いをしてたんだね。」

「戦争中は虫も食べてたんだね…」
初めて知ることに驚いていました。

「戦争の武器と人間の関わり方」など、各校舎が調べた内容から
改めて戦争の時代のことを知ることができ
こどもたちは経験したことのない生活の様子を知るとともに
たくさんの人が亡くなった悲惨な時代について
一人ひとり考えることができました。


平和の大切さを感じたり考えたりする活動となったので
これからも折に触れて
平和や命の大切さについて話し合っていきたいと思います。