2019年5月12日日曜日

田植えに行ってきました!

5月12日、CFAの田んぼがある千葉県館山市に田植えに行きました。

CFAでは毎年、食事やおやつに使用するお米をこどもたちと共に育てており5月には田植え、9月には稲刈りをしています。

大型バスに乗り、お米クイズや房州弁(千葉県南部方面の方言)クイズを楽しみながら館山まで向かいました。
このクイズは「キッズアグリーダー」が自分たちで考え、出題してくれたものです。
「お米の種類はいくつあるでしょう」「房州弁で「あいさ」はどういう意味?」など知らないことがたくさん! バスの中は大盛り上がりでした。

キッズアグリーダーとは、田植えや稲刈りイベントで農作業を頑張りたいと志願してくれたこどもたちで、当日は近隣の方々にご挨拶に行ったり、田んぼに道具を運んだり、中には前日から館山に行って先生と準備をしてくれた子もいました。




到着したらまずは神社で豊作を祈ります。美味しいお米になりますように・・・。みんな真剣に手を合わせていました。


このイベントはCFAだけの力ではなく、地域の方々にもたくさんのご協力をいただいています。お昼ご飯のカレーライスも朝早くから心を込めて作ってくれました。野菜たっぷりのカレー、とても美味しくいただきました。



また、今年は獣から田んぼとお米を守るため、ペットボトルで風車を作って持っていきました。風車がカラカラと回る音で獣も驚いて逃げるように・・・と100機近くの風車を設置です。
針金ハンガーを伸ばすのに力が必要で、「手が痛いよぉ」と言いながら、頑張ってくれていました。



「足が汚れるからイヤ!」と田んぼに入るのを拒んでいた子も少しずつ慣れていき、最終的には泥んこになりながら苗を植えていました。
「美味しいお米になぁれ」と願いを込めて。丁寧に作業していきます。




泥んこになりながら、頑張って植えた苗。
すくすく大きく、そして美味しくなるように足立区、墨田区から祈りたいと思います。

2019年5月10日金曜日

ピースフルスクールプログラム「同じ校舎の仲間を知ろう」

今年度初めてのピースフルスクールプログラムを実施しました。
ピースフルスクールプログラムとはこどもたちがこどもたち自身の生活や関係性をよりよくするためにはどうしたらよいかを学ぶプログラムです。今回のピースフルスクールプログラムでは、心地よくすごすためにまずは相手のことを知ることが大切。ということを学びました。
そのためには、まずは名前を覚えていること、そして、たくさん話をしてみたり、わからないことや困ったら聞いてみたらいいんだということを感じることがねらいです。

去年から通っている子はとても楽しみにしてくれていて、どんなプログラムであるか下級生に教えていました。


まずは名前をつかったゲームからスタートです。輪になって座り、手拍子に合わせて自分の名前を言っていきます。順調に進み、最後の子まで回ってきました。
すると、、、仮面ライダージオウの登場人物になりきって「ソウゴです!!!」と元気な一言。
それを聞いてみんな大爆笑!大盛り上がりです★
二回目はスピードアップして行いましたが無事に名前をリズムよく言うことができました。

そして、他にもパペットのしばいぬの「しばくん」とインコの「インちゃん」による劇を見ました。
劇はゲームの合計得点を計算したい1年生に電卓の使い方を2年生が教えてくれたという内容です。これは前日に実際に見かけた2年生と1年生のワンシーンです。

また、それ以外にもCFAでどんな行事があるか知りたいという「しばくん」
去年からCFAに通っている上級生に聞いてみると、、、
キャンプや春の遠足で行った花やしきのこと、夏祭りに忍者屋敷を作ったことなど楽しそうに教えてくれました。
その姿を見て「おれはまだCFAで何もやっていない〜〜」とこれからを楽しみにする声や、「夏祭り、お化けになってみようかな?」など先のことを具体的に想像する声が1年生からありました。

今回のように3年生・2年生に聞けば優しく教えてくれます。
また、上級生に聞いたり、同級生同士でもたくさん会話をして知ることで楽しくなることを先生から伝えました。

最後には最初にやった名前のゲームを、みんなで自分以外の子の名前を順番に呼んであげて一周です。
順番が回ってきた子の顔を見ながら呼んでいて、また呼ばれた子は恥ずかしそうにしながらも喜んでいてとても微笑ましかったです。 ピースフルスクールプログラムは月に1度のペースで実施をしていきます。 日々少しずつ仲間のことを知り、思いやる気持ちが生まれてくることと思います。

2019年4月25日木曜日

日常ブログ「みんなで食べるということ」






綾瀬校も新年度を迎え、新しい1年生が8人入ってきてくれました!
最初はドキドキした表情でしたが、少しずつ上級生とうち解けてきました。

そのコミュニケーションのいい機会となっているのが、 おやつやお昼ご飯の準備の時間です。



ヨーグルトの上にブルーベリーソースを乗せている女の子たちは全員がピカピカの1年生☆
盛り付けをする前は笑顔で楽しそうにお話をしていますが、盛り付けに入るととっても真剣な表情!


別の日には白玉団子をみんなでコネコネ。
丸い白玉だけでなく、思い思いの形をつくるのも良いですね!

こちらは場面変わってお昼ご飯の様子。
自分のご飯は自分で取り分けます。
「僕今日のメニュー全部好き!いっぱい食べられそう。」
「ちょっと苦手なものある…。でも一口はがんばろうかな。」

いろいろな声が聞こえてくるのもお昼ご飯ならではです☆


とくに1年生にとっては初めてのことがたくさんあり、毎日が驚きの連続です。
楽しみながら、少しずつCFAにも、たくさんのお友達にも慣れていけるといいですね♪





2019年4月22日月曜日

新年度初プログラム「安全に歩こう!」

CFAKidsには、さまざまなプログラムがあります。
今回は新年度初めて行われた「サバイバル」について紹介いたします。

サバイバルとは、避難訓練や安全に歩く方法、いじめや夏には熱中症予防や水難事故など、生活していく中で自分の身を守るために大切なことを学ぶプログラムです。

今回のサバイバルでは「安全に歩こう!」を目的に、とある校舎の実際の下校時と公園に行く際の並び方を映像で見ます。

ただ映像を見るだけではなく、
「全員一緒に下校していた」
「2列に並んでいた」
「寄り道して葉っぱで遊んでいた」
「バイクが来てるから端に寄った方がいい」
などと、安全に歩けている点と直したらもっと安全になる点を探して、手を挙げて発言しました。


その後、NHKのEテレで放送されていた「子ども安全リアル・ストーリー」という番組で、下校時に枝で遊んでいたり、信号で左右確認をしないとどうなってしまうのかをドラマ仕立てで見ました。

こどもたちはドラマを見ながら「危ないよ!」「石投げたらだめ!」「車にひかれる!」と、その場の映像にすぐに反応が見られました。

今回、実際の映像とドラマ仕立ての番組を見て、こどもたちは今まで以上により安全に歩こうと意識が芽生えていました。学んだことを忘れずに歩いてほしいと考えています。

日常ブログ「楽しく遊ぶためには」

新年度を迎え、たくさんの元気いっぱいな一年生が入ってきてくれました。一年生も身体を動かして遊ぶことが大好き!上級生と鬼ごっこしたり、PK戦などを楽しんでいます。




なかでも一年生の男の子たちによるたたかいごっこは、大人気で毎日行われています。友達同士でたたかったり、先生とたたかったり。「おりゃ!」「いくぞ!これでどうだ!」「まだまだ〜!」と大盛り上がり。

しかし、たたかいごっこをしていると、夢中になりすぎてつい力が強くなってしまったり、友達の「やめて」の声に気づかず続けてしまうことがあります。一年生になったばかりの男の子にはよくある光景です。


そこで、楽しくたたかいごっこをするためにはどんなことに気をつければ良いか、考えてもらいました。すると「やめてと言われたらすぐにやめる」「痛くしない」「服は引っ張らない」とこどもたちから気をつけるべき点が出てきました。一人一人がこのルールを守ることによって、今よりさらに楽しく遊べるようになりそうです★

たたかいごっこだけでなく、何事も安全に楽しく遊ぶためにどうしたら良いかをこどもたち自身で考えながら、過ごせる力を身につけていって欲しいと思います。

2019年4月11日木曜日

日常ブログ「こどもの数だけあそびが生まれる☆」

「すごろくやりたい!」
新一年生が校舎にあるおもちゃの中から
好きなものを選んであそびました♪



遊び方がわからなくても上級生が丁寧に教えています。
ブロックやマグネットのおもちゃはみんなに大人気☆
いろんなおもちゃをごっこ遊びに使っています


「先生、完成したよ!写真撮って♪」
男の子が見せてくれたのは、
大好きな映画に出てくる戦闘機でした。
コックピットの後ろに、あのロボットも乗っています。
男の子のその作品への愛を感じました。



レゴブロックでは、毎週素敵な作品を生み出している
校舎内での有名なクリエーターが存在します。
お気に入りの作品は、写真に残すのが
こどもたちの日課になっています。


既存のおもちゃで遊ぶだけではなく
おもちゃを手作りすることも大好きなこどもたち。

自由に工作できるようリサイクル品を集めた
工作ボックスを用意しているので、好きなものを取り
毎日たくさんの子がおもちゃ作りに励んでいます。

同じおもちゃでも使うこどもが異なると
全く別の遊びへと変化するので、驚きがいっぱいです!

次はどんなおもちゃを使ったり作ったりして
新しいあそびを生み出すのか・・・

こどもたちの工夫する力や想像力の豊かさに
感心してワクワクが止まりません☆

2019年4月1日月曜日

日常ブログ「新年度スタート🌸」

4月1日 
新年度が始まりました。
1年生をはじめ 4月からCFAKidsに入ることになったこどもたちにとって、新しい友だちとの塗り絵やレゴブロック遊び、
ロッカーに書かれた自分の名前探しに
みんなの前での自己紹介など
CFAKidsでの新しい環境に ドキドキの一日でした。
幼い1年生の様子を見て
頭をポンポンと撫でたり
本の読み聞かせをしたり
勉強の様子を見守るなど
後輩が増えたことで上級生はとても頑張っています。
本日4月1日は新年号発表の日でもあり
朝から「今日新しい元号発表だから、11時半になったらニュース教えてね!」という上級生。
発表中継をプロジェクターでリアルタイムに見ながら
「もうすぐかな。11時過ぎたよ。」
まだかまだかと発表を待つこどもたち。
「令和」と発表された瞬間 「おおー!」と歓声が上がりました。

「元号って何?」という1年生がいたことから
「天皇陛下が変わって、一つの新しい時代になるよ。」
「みんなは平成生まれだけれど、5月より後に生まれた赤ちゃんは『令和生まれ』になるよ。」と説明。
新元号発表という歴史的瞬間にみんなで立ち会うことができたことに平成生まれのこどもたちも昭和生まれの先生たちも感動!
一生の思い出に残る新年度初日になりました。
お昼ごはんのメニューは野菜たっぷり。
・ご飯
・ジャガイモと水菜の味噌汁
・回鍋肉
・ナスとピーマンのお浸し
・トマトとキュウリのマリネ
配膳する上級生が1年生の名前を一人ひとり呼んでお皿を取るよう教えてあげるなど 和気あいあいの雰囲気でした。

公園では木登り、ブランコ、鬼ごっこ、だるまさんが転んだなど…
学年を越えてみんなで遊びました。

進級進学に胸躍らせるこどもたち。
CFAKidsの仲間とこれからたくさん活動をしていき、
また一緒に仲良く遊んだりしながら
様々なものを見て 聞いて 考えて
一人ひとり 一歩ずつ成長していってほしいと思います。

2019年3月29日金曜日

日常ブログ「読書の・・・春!?」

春休みがスタートしました!
新年度を間近に控えたこどもたちは新しい学年にドキドキしながらも、朝からCFAで楽しく過ごしています。

遊べる時間もたくさん増えるのですが、その様子を見てみると・・・、あちこちで本の世界にタイムスリップしているこどもたちの様子がたくさん見られました。



図書館で借りてきた本やお家から自分で持ってきた本など、種類はさまざまですがみんな自由時間にも思い思いの本を読んでリラックス☆



お気に入りの本を持ってくると「先生! この本読んで~♪」と嬉しそうにお願いをしてくる子もいて、とても楽しそうです!


読書の秋ならぬ読書の”春”といった様子で、読みふける様子が印象的な春休み。1年間いろいろなことに一生懸命頑張ってきたからこそ、楽しみながらこうしたゆったりした時間が心地よく感じられます。

新しい学年がいよいよ始まります!

2019年3月25日月曜日

日常ブログ「今年度もあとわずか」

2018年度も残りあとわずかとなりました。
この一年でさらに心も身体も大きく成長し、新たな学年へ上がっていくこどもたち。この時期は、こどもたちがこんなにも成長したね!と先生同士で振り返ったり、保護者のみなさんとお話したりと嬉しい想いで胸がいっぱいになります。

そんなこどもたちは春休みが始まると、普段なかなか行けない公園へ行きサッカー!他にものんびりとボードゲームをしたり、組体操をしてみたり。こどもたち手作りのカレーを食べる夕食会も開催しました。


そして、まもなく仲間入りする新入生へ向けての新入生歓迎会準備も頑張りました!
「新入生歓迎会」と大きな字でタイトルを書いています。


こちらは輪飾り作りです。切る係と糊付け係に分かれて協力し、進めています。輪飾りつくりはこれまでに何度も行ってきているのでテキパキと取り組むこどもたちでした。


装飾として春らしくチューリップを作っています。可愛らしいですね!折り紙上手なこどもたちはさまざまな色でたくさんのチューリップを作っていました。
「一年生何人入ってくるの?」「プレゼント、いろんな種類を用意してあげようよ!」とわくわくしながら頑張っています。
2019年度も新たなメンバーを迎えてみんなで楽しく過ごしていきたいと思います!

2019年3月21日木曜日

CFA×うちゅう 未来テクノロジー教室

3月21日 春分の日に CFA×うちゅう 未来テクノロジー教室がありました。


これは、宇宙や未来の最新技術について探求するもので、
ロケットやロボットなど現在進行中で開発されている近代のテクノロジーを
ワークショップやゲームを通して体験ができる教室です。

3年前CFAのこどもたちと共にロケットの打ち上げも行った
株式会社うちゅうの方々がこどもたちにもわかりやすいように
楽しく学べるように開いてくれました。

話を聞きながら真剣にメモをする子もいて、オープニングから活気に溢れる教室。


そして、ワークショップに入る前に、なんと!
こどもたちは宇宙服に着替えるというサプライズもあり、さらに大盛り上がり!!




最初のワークは「パズル」です。真っ白の24ピースのパズルが配られます。
ミッションは「10分間で完成させよ」
「スタート!」の声かけでパズルをやり始めます。
最後まで全員が諦めずに真剣な顔をしていました。早い子は6分ほどで完成。
10分間で完成したのは1割にも満たないほどの人数でした。



このワークは宇宙飛行士もやるもので、何百何千といった量のパズルに
取り組むそうです。完成させることが目的ではなく、長い時間集中することが
できるようになるための訓練であることを教わりました。


中盤のテーマは「星座」。自分で好きな星座を作り発表をしました。
「カエル座」「キリン座」「リンゴ座」「CFA座」「〇〇先生座」・・・
多くの星座が生まれていました。発表した子はみんなに自分の星座を聞いて
もらえたことが嬉しかったようで、満面の笑みでした。




最後のワークは「宇宙で遭難したらどうする?」
いますぐ宇宙船から出て避難する必要があった時、宇宙船からなにを持って
逃げるか?を考えます。



10個のアイテムを自分が必要だと思う順番に並べ、その後チームで話し合います。
11つにわかれたそれぞれのチームが必要なもの上位3つを決めたあと、
ドキドキの正解発表です。



残念ながら、上位3つを完璧に当てられたチームはいなかったのですが・・・
皆さんは何が必要だと思いますか?


正解は・・・1位ー酸素 2位ー水 3位ー星座図
だそうです。
酸素はすぐになくなるし、水は3日飲まないと生きていられず、
星座図がないとどちらに逃げればいいのかがわからないとのことでした。
こどもたちが3つに選んでいたものに多かったのが「宇宙食」でした。
その宇宙食は4位。食事は1週間~10日しなくても生きていられるので、4位ということです。

2時間の教室はあっという間。
知らないことを知ったり、知っていることがさらに理解できたりと
終わった時のこどもたちの顔、キラキラしていました。