2018年12月25日火曜日

クリスマス会

今日はこどもたちが待ちに待ったクリスマス会の日です!
企画準備をするのはこどもたち。
自分たちはクリスマス会をどんなイベントにしたいのか?
プログラムの内容を決める前に、こどもたちがまず取り掛かったのは共通のテーマを校舎のなかで定めることでした。
みんなで話し合い決まったテーマは
「盛り上がるクリスマス会」

約1ヵ月間、このテーマを意識して企画準備を進めていき、

晴れてクリスマス会のイベント当日を迎えました。

初めに行ったゲームは、「ハイハイリレー」





ハロウィンパーティーで盛り上がったこのゲーム。

「また、やってみたい!」という周りの声に応えて

クリスマス会のプログラム係が目玉の一つとして
入れることに決めました。



リレーを行なう前に手作りのくじ引きで

サンタチーム”と“トナカイチーム”に分かれ

いよいよ、ゲームの始まりです!



予め決まっていた競技時間に3レース対戦できました。



途中、ルールで曖昧なことがいくつか出てきたため

どんどんレースが行なわれることはなく
バトンを渡す際のルールを決め直したり、

ゴールラインのテープを新たに設けるなど
両チームとも納得のいく状態にルールを定めて
正々堂々、競い合いました!

始めは勝っていたチームも相手チームが提案するルール変更の申し出を受け入れて勝負すると、差が無くなりレースはどんどん面白くなりました。疑問に思ったことに関しては意見を述べて話し合いを重ねていくことで、内容のよいゲームにこどもたち自身が作り上げていきました。



「がんばれー‼」

競技中の子へ向ける応援の声もアンカーの疾走で

最高潮となり、大いに賑わったレースは終了!

次のゲームの「風船バレー」に移りました。

今度は校舎の中を横に2つの陣地へ分けて対決。
全員が一同に参加してのバレー対決は白熱して
とても盛り上がりました!



ゲームの終盤にスペシャルゲストが登場!!

冬休み期間で必要になる大事なものを

サンタクロースが届けに来てくれました!

「あっ、先生だ☆、サンタさんになってる⁉」と

こどもたちは突然の訪問者に賑わい、
クリスマスのちょっとしたサプライズは大成功です!



最後のゲームはみんなで円になって「爆弾ゲーム」
予めクリスマス会にピッタリの曲をBGMとして
準備したので、楽しい音楽とともにいつ爆発するのか
わからない爆弾に胸をドキドキさせるこどもたちでした。

この盛り上がったゲームも無事、予定時刻に終わり。

最後は、嬉しいプレゼントタイムです!

プレゼント係を志願し担当した5人のこどもたちは、当日まで製作に励むことでようやく人数分のおもちゃを用意することができました。


男の子へは、車のおもちゃ。

女の子へは、かわいいキーホルダー。

贈る相手のことを想いながら工作の絵本を見て、みんなで話し合い「男女で渡すものを変えよう!」と決めました。この真心のこもったプレゼントを一人ひとり、大事に手渡されて全ての催しは終了。


「みなさん、クリスマス会は楽しめましたか?」


プログラム係の3人がみんなの前に立ち、

堂々と「終わりのことば」を話して
一生懸命みんなでやりきったクリスマス会は
こどもたちの笑顔で幕を下ろしました。

こどもたちはクリスマス会に向けて主体的に動き、次第に校舎内で団結していきながら1ヵ月間かけてこのイベントをつくりあげました。


一日のうちたった数時間のイベントでもこの日を迎えるまでに一生懸命頑張ってきたこどもほど、かけがえのない貴重な経験を得ることが出来ています。

一人では達成できない困難な課題にもみんなで取り組んでいくことで、こどもの人間力が育ち、また乗り越えることで確かな自信へと繋がったそんなイベントにクリスマス会はなりました。