2018年9月7日金曜日

テーマワーク

今日は今年度初のテーマワークを行いました。
テーマワークは、1年間を通して1つのテーマに取り組むプログラムです。今年のテーマは「平和」。
第1回目の今回は、先ずCFAのテーマワークがどういうものなのか、過去のテーマや取り組みを紹介しました。
去年は「音楽」、一昨年は「宇宙」、その前の年は「ことば」がテーマでした。1年を通して1つのテーマをいろんな角度から掘り下げて、知識や考えを深めます。
早速、今日は今年のテーマの「平和」という言葉からイメージするものは何か、こどもたちに考えてもらいました。
「平和」という言葉を聞いたことある?という問いかけに挙手してもらいましたが、挙がる手はちらほら・・・。今まで考える機会はなかなか無かったようで、悩む姿もありましたが、考えたことをそれぞれ発表してもらいました。



戦争だけではなく、自然災害についてや、「みんなが悩みが無いこと」「世界中がよりよくなること」「穏やかなこと」とこども達から言葉が出てきました。
「ピースサイン」や「白い鳩」など、平和のシンボルというものが世界にはいくつかあることを紹介しました。「そこに込められた思いや願いは、今みんなが平和と聞いて考えたことと同じだね」とお互いの意見を振り返りました。
現在テレビ放送中のドラマ「この世界の片隅に」のあらすじにも少し触れ、戦争についても考えました。「この世界の片隅に」は、広島県の呉市を舞台にした第二次世界大戦中の話です。
これからテーマワークを通して、戦争も他人ごとではないということ、平和について今考える必要があることを感じて、こどもたちが平和について向き合い、考えを深めるいい機会になればと思います。