2018年5月25日金曜日

日常ブログ「地図作り」

「自分たちが住んでいる町にもっと詳しくなろう」という狙いで今、千住校のみんなで町の地図作りをしています。去年CFAKidsみんなで作った「Chance For All」という曲の中に「同じ町で生きてる。そして、同じ時を生きる奇跡」という歌詞がありますが、地図作りを通して自分たちの町に目を向けることで、この歌詞のフレーズをこどもたちの心に持ってもらえたらなぁと思っています。

保護者の方にも住人の声として、千住周辺のおすすめスポットやお店などの情報提供にご協力いただき、少しずつみんなで一つの地図を完成させていきたいと思っています。

先ずは、町の地図をこどもたちと大きく描き写しました。
絵の具を使って、「大通りは黄色にしよう」「川に波の模様を描こう」と思い思いに描き込んでいきました。
地図を描きながら、「こっちは荒川。こっちは隅田川だよ!」と教え合ったり、「ここが私たちの学校!」とお互いの小学校の場所を初めて知ったり、「こんなところにも公園がある!」という発見があったり。。。
電車の駅を描いた後に、駅と駅を線で繋げていきます。地図の中に電車の路線図が浮かび上がってきた時は「おお~こうなってるのか~!」と喜んでいました。
最後に、自分たちが今いるところ、「CFAKids千住校」に印を付けました。まだまだ地図の完成はこれからですが、「隅田川ってこんなに長いんだ」「この駅ここにあるんだ」という気づきがあったり、「この町は、川はひらがなの『ら』みたいで、大きな道路は数字の4みたいな形で面白いね。」と言っている2年生の男の子がいたり。こどもたちならではの目線で町を観察して、楽しんでいます。
これから地図を基に実際に町を歩いたり、見つけた場所に遊びに行ったりしてみて、更にたくさんの発見があればと思います。