2018年5月25日金曜日

日常ブログ「地図作り」

「自分たちが住んでいる町にもっと詳しくなろう」という狙いで今、千住校のみんなで町の地図作りをしています。去年CFAKidsみんなで作った「Chance For All」という曲の中に「同じ町で生きてる。そして、同じ時を生きる奇跡」という歌詞がありますが、地図作りを通して自分たちの町に目を向けることで、この歌詞のフレーズをこどもたちの心に持ってもらえたらなぁと思っています。

保護者の方にも住人の声として、千住周辺のおすすめスポットやお店などの情報提供にご協力いただき、少しずつみんなで一つの地図を完成させていきたいと思っています。

先ずは、町の地図をこどもたちと大きく描き写しました。
絵の具を使って、「大通りは黄色にしよう」「川に波の模様を描こう」と思い思いに描き込んでいきました。
地図を描きながら、「こっちは荒川。こっちは隅田川だよ!」と教え合ったり、「ここが私たちの学校!」とお互いの小学校の場所を初めて知ったり、「こんなところにも公園がある!」という発見があったり。。。
電車の駅を描いた後に、駅と駅を線で繋げていきます。地図の中に電車の路線図が浮かび上がってきた時は「おお~こうなってるのか~!」と喜んでいました。
最後に、自分たちが今いるところ、「CFAKids千住校」に印を付けました。まだまだ地図の完成はこれからですが、「隅田川ってこんなに長いんだ」「この駅ここにあるんだ」という気づきがあったり、「この町は、川はひらがなの『ら』みたいで、大きな道路は数字の4みたいな形で面白いね。」と言っている2年生の男の子がいたり。こどもたちならではの目線で町を観察して、楽しんでいます。
これから地図を基に実際に町を歩いたり、見つけた場所に遊びに行ったりしてみて、更にたくさんの発見があればと思います。

日常ブログ「レゴが創造力を育む」

今回は綾瀬校での最近のホットな遊びを紹介します。

みなさんはレゴブロックをご存知ですよね?こどものころ遊んだ方も多いかと思います。夢のお家を作ったり、いまにも動き出しそうなロボットを作ったり…、こどもたちの創造力を育む遊びといえます!

綾瀬校でもブロックはこどもたちに大人気です。どんなものをつくっているのでしょうか、すこし見せてもらいましょう!


こどもたちがつくっていたのは、おうちでもロボットでもなく、コマでした!



どのようにしたらより長く、強く回るのかを考え、こどもたちは部品を取り外しながら真剣な表情で作っています。


レゴにはこのような丸いパーツがあり、コマを作るのにはもってこいなのだと、こどもたちが熱弁してくれました。


横から見るとこんな形。作った子は「白い持ち手の部分を工夫したんだ!」と自身満々に話してくれました。


こちらのコマはなんだかとても強そうですね!この黒くて長いブロックを使う事で、離れていても相手のコマに攻撃できるのが強みなのだそうです!

これらのブロックごま、回してみるとこんな感じです!



とても綺麗でレゴで作ったとはなかなか分からないですね!
「どうしたら強く作れるかな?」「どうしたらたくさん回るかな?」と考えながら作る姿はさながらこまの研究者のようです。

こどもたちの発想力がそのままカタチになる遊びはとても魅力的です。これからもこどもたちの遊びの中での”ふとした”発想力を大切にしたいと考えています。

日常ブログ「公園大好き!」

こどもたちはみんな公園遊びが大好き!!

校舎の近くにいくつか公園があります。
その中でも、歩いて15分弱の場所にある公園がお気に入り。
みんなで2列になって公園まで歩きます。

その公園は緑が豊かで、そしてボール遊びが
できる場所です。

時間に少し余裕がある時はこの公園に
遊びにきます。

サッカーが好きな子たちがたくさんいるので、
2チームに分かれて、ゴールキーパーもいる本格的な
試合形式で公園内を走り回ります。

上級生に混ざって1年生も一緒に試合をしています。
小学生になってまもなく2か月、だいぶゲームをすることに
慣れてきた様子です。


虫取りが好きな子もたくさんいます。
虫取り網とカゴを持って公園にきて
蝶を捕まえたり、アリを観察したりしています。


どの遊びをする子も真剣そのもの。
季節で変わる空気、景色、匂い・・・など
五感を使うことができて、そして
おもいきり体を動かして遊べる公園は
こどもたちの生活の中で欠かせない場所です!!



2018年5月24日木曜日

日常ブログ「亀田校のひまわり」

足立区からひまわりの種をいただきました。
ひまわりの種が届くと「何なに〜?」、「早く植えたい!」、「早く育てたい!」と興味津々のこどもたち!
1人1つ育てられることを知ると、飛び跳ねるほど大喜びでした!

植える時には「どれぐらいの大きさになるんだろう?」、「ひまわりって咲くの早い?」、「たくさん水あげなきゃね!」と期待を持ちながら嬉しそうに植える姿が見られました。



また、ひまわりのプランンター紹介として、プレートにひまわりの絵を描きました。



プレートづくりにも喜び、夢中でひまわりやキャラクターの絵を描いて楽しんでいました。


そして、ひまわりを植えてからは入室時にひまわりの成長を見ることが習慣になってきています。



「お!1cmぐらい伸びたんじゃない?」、「ひまわりの種は先っぽに付いたまま伸びるんだね!」、「葉っぱがいっぱいになってきた!」と嬉しそうに観察しています。順調に成長しているので、こどもたちも「早くひまわり咲かないかな?」とワクワクした様子で毎日、覗いています♪


みんなのひまわりが立派に育ちますように...。
みんなで大切に育てていきたいと思います!


2018年5月22日火曜日

日常ブログ「変幻自在のジョイントマット!」

曳舟校にはジョイントマットがあります。
こどもたちはジョイントマットを使ってさまざまな遊びを楽しんでいます。

芝生に散りばめて「ジョイントマットのとこだけしか行けないんだよ!」
とぴょんぴょん飛んでみたり、

「靴下履いてるひと!」「半袖のひと!」などとなんでもバスケットに使ったり、

1人用テントを作り、中でのんびりしてみたりと変幻自在にジョイントマットを使って遊んでいます。

「ねえねえ、ここおさえて!」「一緒に運ぶの手伝って~!」
と協力して作り、大きなサーカステントのようなお家が完成です。
すると「ここに入りたい人~?」とまわりのお友達に声を掛けて順番に入っていました。


そして、さらには「先生見てみて~!!」とロボットに変身することもあります!

このようにこどもたちの創造力には日々驚かされています。
まだまだジョイントマットの新しい遊び方が増えていきそうで楽しみです!



田植えイベント!〜館山の田んぼで泥まみれ〜

夏が近づきつつある5月中旬、千葉・館山の田んぼへ田植えをしに行ってきました!お天気にも恵まれ、こどもたちは泥まみれになりながら田植えを楽しみました。



行きのバスでは、各校舎の先生の紹介とクイズを行い、大盛り上がり!他の校舎や先生について知ることができました。



現地に到着し、まずは地元の神社にお参りしました。キッズアグリーダーのこどもたちが代表して鈴を鳴らし、全員で手を合わせました。キッズアグリーダーは田植えのお手本を見せてくれたり、事前に田植えの準備をする役割を担う、3年生以上のこどもたちです。他の子たちを引っ張っていってくれる頼もしい姿が随所で見られました。






お参りのあとは、田植えに向けて腹ごしらえ。田んぼのお世話にご協力いただいている地元の農家さんたちのつくるお昼ごはんはとてもおいしく、「まだ食べたい!」とモリモリ箸が進んでいました。



食後、田植えの準備をしていよいよ田んぼへ出発です!


田んぼに入る前に苗の植え方や注意事項を聞いたら、靴を脱いで田んぼの中へ。「虫がいる!!」と最初は戸惑っていた子も、田んぼに入ってしばらくするとすっかり慣れた様子で苗を植えていました。








しばらくするとだんだん泥の感触が楽しくなってきて、全身泥まみれで泥遊びや虫探しに夢中になっている子も!ふだんはなかなかできないことなので、これもまたいい思い出ですね。





田植えを通じてすっかり田んぼを満喫したこどもたち。普段とは違った環境の中で、こどもたちの生き生きとした表情をたくさん見ることができました。







帰り際、「また秋の稲刈りのときにきます!」とこどもたちが地元の方に力強く伝えていた姿が印象的でした。秋の稲刈りでたくさんの稲を収穫できるのが楽しみです。

キャンプ委員キックオフミーティング!!

今年もCFAのサマーキャンプを行ないます!
CFAのキャンプにはキャンプ委員という活動があります。
立候補したそれぞれの校舎の3年生以上のこどもたちがキャンプ委員となり、バスレク係や湖遊び隊、火おこし隊や虫捕り隊、キャンプファイヤー係などに分かれて、それぞれの内容をどんなものにするか考えていきます。

今年も2018年度キャンプ委員が発足しました!そして先日、キャンプ委員による初めての顔合わせ「キックオフミーティング」を行ないました。今回はこどもたちの交流を深めることが目的です。

まずは自己紹介です。
こどもたちは緊張しながらも名前や自分の校舎、キャンプへの意気込みを話しました。
3年生の男の子は「たくさん虫を捕まえるぞー!!」と気合い十分に元気よく挨拶していました。

そして、仲が深まったところでさっそくゲームを行ないました。
1つ目はオリジナルのなんでもバスケットの「キャンプバスケット」です。
キャンプに関するお題でなんでもバスケットを行ないます。
「去年キャンプに参加した人~!」「虫捕り隊の人~!」
「キャンプバスケット!」などなどたくさんのお題で楽しみました。

2つ目は「ミッションゲーム」です。
部屋中に隠してある紙に書かれたミッションをクリアするとポイントがもらえます。
みんなで協力して集めたポイントが本日のおやつ代となります!
それを聞いたこどもたちは大喜びし「頑張るぞー!」などの声が上がりました。
獲得したポイント数によりみんなのおやつ代は変わっていきます。
10p~150Pは300円
151P~300Pは500円
301P~450Pは1000円
451P~1500円
こどもたちは451P以上を目指してゲームがスタートです!

【去年行ったキャンプ場はどこでしょう?】
【○○ちゃんがキャンプで楽しみにしていることを聞いてね!】
【カレーの材料を5つ書きましょう】
など、たくさんのミッションをこどもたちはクリアしていきました。

中盤に差し掛かった頃、キャンプ委員全員で行なうミッションに挑戦することに!
内容は【誕生日順に並んでみよう!声を出さずに並べたら50P!】と
【みんなでChance For All(CFAのみんなで作った曲です)を大きな声で歌おう!】の2つです。

まずは誕生日順に並ぶミッションです。
こどもたちは「しゃべっちゃだめだよ!」と声をかけ合いながらスタート!
どうやって相手に自分の誕生日を伝えれば良いか試行錯誤しながら、3年生の女の子を中心にジェスチャーを使いみんなで協力し並ぶことができました!

クリアしたところで残り時間が迫っていました。
こどもたちはすぐに、もう一つの全員ミッションである歌に挑戦!
女の子のウクレレに合わせてみんなで「Chance For All」を歌い、クリアすることができました。
ゲームを通してキャンプ委員のみんなが協力し、一つになって達成できてとても良かったと思います。

1500円の予算をもらうことができたこどもたちは、
どんなおやつを買うのか話し合った結果、アイスクリームを買うチームとお菓子を買うチームに分かれて買い物に出発しました。
こどもたちは予算の中から何がどれくらい買えるのか相談しながら選んでいました。






校舎に戻ってみんなで「いただきます!」
今年行くキャンプ場の写真を見ながらおやつを食べました。

最後に今年のキャンプはどんなキャンプにしたいか話し合いをし、「どきどきわくわくなキャンプ!」という目標が決まりました。
これからこどもたちとキャンプ当日まで会議を重ね、「どきどきわくわくなキャンプ」を目指して準備をしていきます!

2018年5月15日火曜日

サバイバル「ケガに気を付けよう!」

今日は今年度二回目のサバイバルです。テーマは「ケガに気を付けよう」

5月に入り、CFAでの生活に慣れてきた新入生を含め、この時期は生活面や安全面での緩みが出やすくなる傾向にあります。

そこで、新入生にはケガの防止を考えることを通じてCFA過ごし方を知ること。そして上級生にはもう一度安全に過ごすにはどのようにしたらよいかを考え直すこと。それぞれの目的は若干異なりますが、「安全に過ごす」という大前提は同じです。

5月のCFA全体の統計をもとに、「なぜケガしてしまうのか?」という点を議論すると、「危ない遊びをしているから!」、「よそ見をしていてぶつかってしまうから。」などの具体的な意見や状況を発表してくれました。



また、ケガの発生に関する映像を視聴すると、「ダメだよ、廊下を走ったら!!」、「あ、危ない!」などの声が上がりました。


また最後はグループに分かれ、校舎、公園、下校ルートの3つにスポットを当て、「そこではどのようなケガが起こるか、またそれはなぜか?」っという事を話し合ってもらい、発表しました。



ケガが起こりやすい心の状態として、「夢中になっていて周りが見えなかった」というケースが多々あります。遊びに夢中になることもきっとあると思います。



今回こどもたちには映像や、グループワークからの発表と二つの取り組みをすることで、日々の自分達を客観的に見る機会ができます。

もしケガをしたときに自分はどうなってしまうのか、ということをこどもたちにイメージしてもらうことがケガを最小限に留める大切な要素だと私たちは考えています。そして1か月の行動を個人で振り返り、よりよくしていくための時間になったと感じています。

さあこれから夏がだんだんと近づいてます。
安全には十分気を付けて、思いっきり楽しみましょうね!