2018年4月19日木曜日

サバイバル!~安全な移動とは~

今日は今年度初めての「サバイバル」の日でした。「サバイバル」とは、防災や安全など、こどもたちの命に関わる事柄とその対策を学ぶプログラムです。今回は「安全に歩こう」というテーマで、下校や公園への移動について動画を見ながら考えました。


まずは、こどもたちの下校や公園への移動の様子を動画で見ました。その後、良いところや気になるところなどを自由に挙げてもらいました。


「手を離して歩いてるね」「列で並んでるけど、間が空いちゃってる!」などいろいろな意見が出ました。こどもたちなりにしっかり考えながら映像を見ることができていたようです!



CFAでは基本的に、同じ小学校の子同士は複数人で帰ってくるようこどもたちに話しています。でも、2人以上で帰ってくるときにも気をつけなくてはいけないことがあります。

それは何かたずねると「話や遊びに夢中になってると危ないよね!」とすぐにわかったこどもたち。

ついついふざけて、道路に飛び出てしまったら大事故につながるかもしれないので、ちゃんと前を見て歩いて帰るようにお話しました。


最後は今まで考えたことをふまえ、2列に並んで校舎の中を歩く練習を行いました。

安全に移動することは、日々の生活の中でも命に関わる大切なこと。今日のプログラムをきっかけにあらためてこどもたち一人ひとりが安全に気をつけて歩いてほしいなと思います。お家でもぜひ、話し合ってみてください。