2018年4月19日木曜日

サバイバル!~安全な移動とは~

今日は今年度初めての「サバイバル」の日でした。「サバイバル」とは、防災や安全など、こどもたちの命に関わる事柄とその対策を学ぶプログラムです。今回は「安全に歩こう」というテーマで、下校や公園への移動について動画を見ながら考えました。


まずは、こどもたちの下校や公園への移動の様子を動画で見ました。その後、良いところや気になるところなどを自由に挙げてもらいました。


「手を離して歩いてるね」「列で並んでるけど、間が空いちゃってる!」などいろいろな意見が出ました。こどもたちなりにしっかり考えながら映像を見ることができていたようです!



CFAでは基本的に、同じ小学校の子同士は複数人で帰ってくるようこどもたちに話しています。でも、2人以上で帰ってくるときにも気をつけなくてはいけないことがあります。

それは何かたずねると「話や遊びに夢中になってると危ないよね!」とすぐにわかったこどもたち。

ついついふざけて、道路に飛び出てしまったら大事故につながるかもしれないので、ちゃんと前を見て歩いて帰るようにお話しました。


最後は今まで考えたことをふまえ、2列に並んで校舎の中を歩く練習を行いました。

安全に移動することは、日々の生活の中でも命に関わる大切なこと。今日のプログラムをきっかけにあらためてこどもたち一人ひとりが安全に気をつけて歩いてほしいなと思います。お家でもぜひ、話し合ってみてください。

2018年4月9日月曜日

新入生歓迎会!

今日は新入生歓迎会を行いました!!
上級生たちが新入生の為に一生懸命準備してきました。

まずは、CFAkidsのルールの「CFAkids7」の紹介を代表の上級生3名が発表してくれ、その後に、自己紹介をしました。
4月2日の初日にも自己紹介はしたのですが、今日は名前使ったゲームをするのでするので、もう1度しっかりと自己紹介をしてもらいました。

2,3年生がとても立派に自己紹介をしてくれた後は1年生の番です。初日にはとても恥ずかしくて名前を言うことが出来なかった新入生も、元気な自己紹介を見ていたからか、とても上手に、はっきりと自分の名前を伝えることができていました!

このあとはみんなが楽しみにしていたゲームの時間!
綾瀬校の2,3年生は新入生歓迎会の準備で「みんなの名前を楽しく覚えられるゲーム」を2つ考えてくれました。
ひとつめは「名前衰弱」、ふたつめは「名前探し」です。

「名前衰弱」は、トランプの神経衰弱のように、なまえと名字を合わせてカードを取っていくゲームです。
ゲームを考えてくれた2年生がルールを説明してくれ、カードを机に広げたらゲーム開始!


「あ!〇〇ちゃんだ!名字は△△だから…ここかな?」
「あー!ちがった!おしい!」
「あ!その名前さっき見たやつ!確かこの辺だった気が…」
「あ!自分の名前ゲットできたー!!」

大はしゃぎで校舎の子の名前を見つけていました。
1年生たちが楽しそうに取り組む姿を見て上級生たちはなんだかとても楽しそうにしていました。

つぎの「名前探し」は、なまえの書かれたカードを5分間で隠し、10分間で見つけるゲームです。カードの枚数はなんと78枚!果たして制限時間内に見つけることができるのでしょうか…!?

まずは、上級生のみんながカードを隠します。
その間、新入生は目をふせてドキドキしながら待機です。

「目あけていいよー!!みんな探してー!」の声にみんな大急ぎで名前カードを探し回ります。

「わぁ!こんなところにあった!」
「もう15枚も見つけられたよ!」
と「あった!」「みつけた!」の嬉しそうな声がたくさん聞こえてきました。

カードを隠した上級生がどこに隠したか忘れてしまう…というハプニングも起きながらも無事に全員の名前カードを探し出すことができました!

上級生のみんなが新入生のために考えてくれたおかげで、大盛り上がりで、とても楽しい歓迎会になりました。
新入生のみんなと時間を過ごすことができてとてもよかったです♪
これからの1年間もみんなで楽しく笑顔で過ごしていければと思います。そして、このメンバーで思い出をこれからたくさんつくっていきたいです。

2018年4月5日木曜日

日常ブログ「カルタづくり」

西新井校のこどもたちは外で元気に遊ぶことも大好きですが、室内でレゴやカードゲーム、ボードゲームなどで遊ぶことも大好きです。
女の子たちはお絵かきも大好きでよく可愛いイラストを描いたり、自作の漫画をつくることもあります。

中にはトイレの使い方が良くないと感じたこどもたちが節電のポスターや、トイレを汚してしまった時に綺麗にする方法を記載した張り紙をつくってくれることもありました。

今日はそんなこどもたちが自分たちでゲームづくりをしている様子を紹介したいと思います。




 夕方の時間に女の子たちが集まって黙々とイラストを描いています。何をしてしているのか聞いてみると前に作ったカルタを新しくしようと思っていると教えてくれました。

文章も自分たちでことわざを思い出しながら作っていました。分からないことわざは辞書や本などをみて意味を調べてからイラストを描いている姿にとても驚きました☆


 紙に文章とイラストを書いたら、仕上げに固めの空き箱をカルタ型に切って張り付けて手作りカルタの完成です!!


既製品のおもちゃで遊ぶことも楽しいですが、自分たちでおもちゃをつくるという発想と、想像力の大切さに毎回驚かされることばかりです。
今度はどんなおもちゃをつくるのか楽しみですね!!

季節イベント「お花見」

ドキドキしながら入室した新入生、学年が上がりお兄さん、お姉さんの顔つきになった上級生、緊張しながらも今年のこどもたちとどんな経験をして楽しい日々を送っていこうかワクワクしながら初日を迎えた先生たち、、、

ついに2018年度のCFAKidsが始まりました!!
今年は新しく押上校が開設し、全部で8校舎になりました。
こどもの人数も今まで以上にパワーアップして、元気いっぱいにスタートを切りました。
そんな2018年度、最初のイベントは“お花見”です☆
各校舎、お花見が出来そうな公園までおやつをもって遊びに行きます。
今日のおやつは春のお花見にピッタリな桜おにぎりです!こどもたちが一生懸命おにぎり作りを手伝ってくれました。
おやつの準備が出来たら公園へ出発です!!
 今日は校舎の近い梅島校、亀田校、西新井校が同じ公園に集まって合同お花見会を開催しました。
久しぶりに会うお友達や、初めましてのお友達などたくさんのこどもたちが集まりとても楽しそうです!!
3校舎が集まるとこんなにたくさんのこどもたち!!
今年は温かい日が続いていた影響でお花見イベント当日には桜はほとんど見ることができませんでしたが、みんなで集まって一緒に遊んだり、おやつを食べることができたのがとても楽しかったようです!
今年もキャンプや夏祭りなど楽しいイベントが盛りだくさんです!
2018年度のCFAKidsも楽しく、こどもたちと日々成長しながら色々なことを吸収して元気に過ごしていきたいです!!
早く他の校舎のお友達とも会って一緒にたくさん遊びたいですね☆

2018年4月2日月曜日

2018年度CFAKids始動!!

4月2日(月) 学校の入学式よりも早くCFAKidsにはたくさんの新1年生と新入生がやってきました。



午前中、みんなが集まりCFAKidsの一日の流れや校舎での約束事を伝えるオリエンテーションをしました。

「今は先生が話しているときだからしっかり聞こう」

1年生は、ワクワクドキドキで少し落ち着かないとき、上級生が優しく声を掛ける場面もよく見られました!
こんなときに頼りになるのはやっぱり上級生のお兄さん、お姉さんです。



室内あそびはウノが大人気でした。

「次、君の番だよ!」

と名前がまだわからないともだちとも仲良く遊びます。



校舎に新しい勉強机が届きました!

「ネジ取って!」
「ここにつけてみて」

今日初めて会ったこども同士でも協力して机づくりができました。

午前中はなんとなく、1年生同士でかたまっていたり、上級生もいつも一緒にいるともだちと遊んでいることが多くありました。

しかし、机づくりや一緒にお昼ごはんを食べたことで、だんだんと新しいともだちのことを知り、午後からは学年に関係なく仲良く遊んでいました。

2018年度、新しく増えたともだちと昨年度以上にみんなで仲良く元気に過ごし、CFAKidsで楽しい思い出をたくさんつくっていきましょうね!

2018年4月1日日曜日

日常ブログ「押上校、開校しました!」

みなさん、CFAKidsで、今年度唯一新しく開校する校舎をご存知でしょうか。

それは、東京スカイツリーのおひざ元にて開校します押上校です。

3月の終わりごろに、4月から開校できるように準備を始め、大掃除したり、室内をこどもたちにとって居心地のよい場所にするために綺麗に装飾しました。







 その甲斐あって、見違えるほど押上校は変わり、無事に4月2日、こどもたちを迎え入れることができました。
以前、説明会に来ていたこどもも凄い変わって綺麗になったと話してくれて、とても嬉しかったです。

そして、いざ運営が始まれば、あとは日々の中でこどもたちが、過ごしやすい居場所になるようにこどもたち自身でいろいろと室内を装飾するように伝えると、ドアのガラスに絵を貼ったり、窓に絵を貼ったりして、自分たちの押上校として形づくっていきました。


また、自分たちで過ごしやすいようにルールを決めて、わかりやすく絵に書いて所々に貼ったり、掃除もみんなで頑張ってすることで校舎を綺麗にしようという意識がちゃんと芽生えています。



そして、最近は、公園に行ったときに女の子たちがお花を摘んで生けたりとして少しずつ校舎への愛着がわいていってます。







4月は、5人と他の校舎に比べたらまだまだ少ない人数ですが、人数が少ない時こそ絆を深めて、こどもたち同士笑顔が絶えず、楽しく、そしてお互いを思い合えるアットホームな空間にしていきたいと思います。

2018年度、押上校は無事に開校し、走り出しました!