2018年3月19日月曜日

2017年度CFAKids卒業式!


先日、CFAKidsとして初めてのイベント、「卒業式」を行いました!今年創設4年目となるCFAKids。その第一期生のこどもたちを中心に送り出す会となりました。

会場は、北千住にある東京芸術センターの天空劇場です。こどもたちは一足先にリハーサルのためホールの中へ。舞台にあがったこどもたちはドキドキソワソワしながらもキリっとした面持ちでリハーサルに臨みました。

各校舎で事前に練習してきたCFAKidsオリジナルソング『Chance For All』や『思い出のアルバム~CFA替え歌バージョン~』、『ともだちになるために』を全校舎で合わせて歌いました。


『Chance For All』を作曲してくれたミュージシャンの竹森功さんも駆けつけ、直接こどもたちに指導してくれました。「歌詞を間違ってもいいから、楽しく、笑顔で歌おう!」と竹森さん。その言葉にこどもたちの緊張も徐々にほぐれていきました。


いよいよ、本番です。校舎代表のこどもたちの開会宣言で卒業式が始まりました。

「これより、2017年度CFAKidsの卒業式を始めます!」


つづいて、ゲストの竹森さんの登場です。竹森さんの紹介もこどもたちが考え、発表しました。


竹森さんのつくった『おんのじ』や『わけわけのうた』はCFAのキャンプでも歌っている、おなじみの曲。竹森さんのライブパフォーマンスに合わせてこどもたちも手拍子をしたり、一緒に歌ったりして盛り上がりました!



つづいて、こどもたちがステージに上がり、今まで練習してきた歌をお父さんやお母さんにお披露目です!

今回の卒業式は、こどもたちと音楽を通じた交流活動を行っているフェローオーケストラとコラボレーション。オーケストラの演奏に合わせて元気に歌いました。

『思い出のアルバム』は、曳舟校のこどもたちのハンドベル演奏で始まりました。


みんな、音楽に合わせて手拍子をしながら、大きな声で歌いきりました!



歌の最後は、音楽のテーマワークで取り組んだカップスで締めくくり。リズムに合わせて軽快にコップをたたき、お父さんお母さんからはたくさんの拍手をもらいました!



第二部は、卒業生への卒業証書授与です。校舎の先生から、卒業生のこどもたちへ1枚ずつ卒業証書が手渡されました。卒業証書の文章はこどもたち一人ひとりに合わせて先生が書いたものです。思わず感極まって、先生の方が泣いてしまう一幕も。心あたたまる会となりました。


最後に、中山先生からこどもたちへ。「卒業しても、CFAはみんなの居場所です。だから、もし家の鍵を忘れたなど、困ったことがあったらいつでもCFAを頼ってきてくださいね」とお話がありました。

卒業式はあったけれど、これからも卒業生のみんなとはつながり続けていきたいと考えています。いつでも、また遊びにきてくださいね。