2018年2月21日水曜日

日常ブログ「日々の何気ない瞬間」

CFAKidsでは、プログラムがない日はこどもたちはおやつを食べ、集中の時間をし、自由に遊んで過ごします。晴れていれば公園に行きます。

今回は日々の何気ない瞬間のこどもたちの様子について紹介します。

この日は、ある子がまず学校から帰ってきてすぐ
「最近毎日やっているんだ~」
と言いながらあるものを見せてくれました。

自分たちで刀や銃、そしてそれを入れるベルトも作ったそうです。
ある女の子は
「この銃はここから弾が出るんだよ」
と説明をしてくれました。
そこに後から帰ってきた男の子が帰ってきてすぐに
「これオレが考えた!」
と得意げに説明してくれました。
男女関係なく、みんなで遊び盛り上がっている姿はとてもほほえましく感じました。

また、こちらではもうすぐ卒業式のため、卒業式で歌う歌を口ずさみ始めました。
すると何人かの子が集まってきて本格的な練習に・・・!
卒業式があることを見越して動いている姿に成長を感じました。

そして、おやつの時間になりました。
今日のおやつは“はるまきピザポテト”です!

「おいしい~」
「おかわり!!!」
と気にいった子が多く、おかわりしたい子が何人もいます。
しかし、残っている“ピザポテトはるまき”は1本のみ。
みんなで分け合うかじゃんけんをして勝った人が一人ですべて食べるか、話し合いになりました。
多数決をすぐに取らずに、それぞれどうしてそうしたいか話し合っていました。
話し合いの結果、じゃんけんに勝った人が1本を獲得できることになりました。

さあ、おかわりをかけた運命の一戦。
「最初はぐーー!!!じゃんけんポン!!!」
「あいこでしょ!!」
「やったーーーーー!!!!!」
と白熱したじゃんけんでした。
勝った子は本当に嬉しそうでした。
みんなで話し合って決めたので、それに文句をいう子は一人もいませんでした。

プログラムではない何気ない毎日のなかでもこどもたちは何かに喜び、ときには悲しくもなり、友達と一緒に過ごしています。