2018年2月21日水曜日

グループワーク「気持ちをひとつに!みんなの絆を信じよう!」

今回のグループワークではこどもたちの絆をより深めてもらうために2つのことにチャレンジしてもらいました。

まず1つ目は“スタンドアップ”です。
こどもたちに“スタンドアップ”とはどんな意味か聞くと
「立つ?」
「立ち上がる!」
と答えてくれました。
しかし、ただ立ち上がるだけではありません。お友達と協力して立ち上がってもらいます。
まずはペアになって向き合って体育座りをします。手を繋ぎ、つま先をくっつけたら「せーの!」の掛け声で2人一緒に立ち上がります。

「できたーー!!」
「簡単だったよ!!」
こどもたちは上手に立ち上がることができていました。
つづいて今度は4人組で挑戦です。

「あれ!できない!」
「難しいーー!」
「もっかいやろ!」
「足あわせて!」
と、協力しながら何度も挑戦していました。できないのはどうしてだろうと考えながら取り組む姿がありました。

そこでこどもたちにやってみてどうだったか、上手くいくコツはあったか聞きました。
「簡単だった!」
「力を入れたらできた!」
「先に立ち上がった人が引っ張ってあげる!」
とさまざまな感想やコツがでてきました。
どんどん人数を増やしていき、最後に全員で挑戦しました。
こどもたちは協力し、なんとか立ち上がることができました。

自分が立ち上がれた理由について
「引っ張ってもらったから!」
と返事がありました。
では、お友達の手から何か伝わってきたか聞くと
「パワー!!」
「力を感じた!」
と、こどもたちはお互いの力を感じながら頑張ったことを話していました。

次にみんなで挑戦するのは“ヒューマンチェア”です。
まず、みんなで円になり足をくっつけたら、手は前のお友達の肩に乗せます。
そして「せーの!」の掛け声で後ろの人の膝に座ります。

全員がうまく座るにはどうしたらいいのか考え、こどもたちは順番を変えるなどの工夫をして挑戦していました。
最後のチャレンジとなり「せーの!」とこどもたちが一斉に座ると、、、
成功しました!
こどもたちは
「できた!!!」
「座れてるね!!」
「いえーーーい!!」
と大喜びです。

座る前はどんな気持ちだったか尋ねると、
「すっごくどきどきした!」
「わくわくした!」
とお友達に身をゆだねることに対しての気持ちを伝えてくれました。

今回のグループワークを経てよりこどもたちの結束力が高まったように感じています。
これから大変なことがあってもみんなで力をあわせて乗り越えていけるといいですね。