2018年1月5日金曜日

冬休み遠足「SONY訪問」

 今日はみんなが楽しみにしていたSONY本社への遠足の日です!!
出発の前に、SONYについてみんなでお勉強です。「SONYはいつできたのか?」「社員の人数は?」といったクイズをしたり、どんなことをしている会社なのかを学んでから、遠足に向かいました!

久しぶりの遠足にみんなワクワクの表情☆ 
電車の中では公共のマナーをしっかり守り、他のお客さんの迷惑にならないようにお互い声を掛け合いながら無事、到着することができました。

SONY本社の大きさに驚きながら入口に向かうと様々なSONY製品がたくさん並んでいてこどもも先生もみんな大興奮!!
「これはなんだろう?」 「この時計かっこいい!!」
と、みんな興味津々で様々なものを見学させていただきました。
今回は、Creative LoungeというSONYさんの“放課後活動”の場でSONYさんが大切にされていることや未発売のロボットを動かすおもちゃ「toio」の開発をした新規事業創出部に所属するエンジニアの田中章愛さんから色々なお話を聞かせていただきました。
ものづくりで大切にしていることは「失敗を恐れず、自分たちが楽しみながら、人々に“ワクワク”するものを届けたい」というお話を聞いてこどもたちは深く感動していました。

エンジニアに興味のある男の子は事前に田中さんの記事を読み込んでいるなど、それぞれが大きな刺激を受けたようでした。
 実物の「toio」を見たこどもたちはとても嬉しそうに
「はやくtoioで遊んでみたいな!」
「発売されたらお年玉で買いたいな!」
「レゴの達人だから色々なものを作ってみたいな!!」
と、発売されるその日を楽しみにしていました。

お話のあとは工房内に置いてあるレーザープリンターやレーザーカッターを見学させていただきました。
 こちらの男の子はレーザープリンターでできたものを興味深く観察しています。

 たくさんの工具などがきれいに整理整頓されています。黄色のテープには“使用したらもとに戻すこと”との記載があり、こどもからは「CFAと一緒だね!」と嬉しそうな発見を聞くことがありました。

 レーザーカッターで木を切っている様子も見させていただきました!細かい部分も綺麗にカットしてあり、こどもたちはとても驚いていました。

一緒にみていた女の子は「これ、お家に欲しい!!」と話していました。この1台を買うには一体いくらかかるのでしょうね?
 SONY本社の見学のあとは近くの広場にみんなで移動しておやつを食べました。
それぞれ施設に戻ってから今日の遠足で見たり、聞いたりしたことを振り返ります。実際にレゴを触りながら「toio」のことを思い出したり、感じたことをたくさん書いていました。
SONYのみなさん、たくさんの学びと刺激をありがとうございました☆