2018年1月15日月曜日

日常ブログ「デッサン画」

 こちらの絵を見て下さい!!とてもじょうずに手のデッサンを描けていると思いませんか?
室内遊びの時に3年生の女の子がお友達の手を見ながら描いた作品です。
影の部分や手の柔らかさなどを鉛筆1本でうまく表現しています。


まだ遊ぶ時間があったので新しい紙を用意して新作づくりに没頭です☆
どんな作品ができるのかとても楽しみです!!
始めは1人で描いていたデッサンですが、そんな様子をみていたお友達も一緒に作品づくりに参戦です。
2人で何かいいアイディアが浮かんだようで嬉しそうに相談を始めました。お友達と協力しながら何やら鳥の図鑑や虫の本をペラペラ捲って想像力を膨らませています。
鉛筆の持ち方も何やら本格的ですね☆
完成した作品がこちらです。
2人の絵を合わせると1枚の大きな風景画の完成です!!
境界線もピッタリで2人の仲の良さが感じられますね☆
お友達と協力して作り上げた作品をお迎えに来た保護者にお披露目すると
「本格的ですごいね!」 
「3年生になるとこんなに上手に絵が描けるようになるの?」
とたくさんの言葉を掛けてもらい、とても嬉しそうでした。