2018年12月28日金曜日

年末大掃除!

2018年もあと少しということで今日は、一年間生活してきた校舎の大掃除です!今日は壁拭き、換気扇、エアコンフィルター、窓ふきなど普段こどもたちがやらないところもきれいにしていきます。お掃除チームのメンバーでどの場所を担当したいか相談してからみんなで決めていきました。




こちらは加湿器のお掃除中。
「届かない所の汚れをどうやってとろうか?」と知恵を絞っていました。するとこどもたちは「これでできるかも!」とプラスチックのフォークを使い、届かない隙間の汚れを取ることに成功!


換気扇を掃除した3人は「見て見て〜!」ときれいになった換気扇を嬉しそうに見せてくれました。


玄関掃除では、下駄箱や外遊びの用具などを全て外に出して掃き掃除と拭き掃除を頑張っていました。「きれいになると気持ちがいいね!」と大掃除を楽しむこどもたちでした。


自分の担当場所が終わると「手伝おうか?」と友達を助けて、協力し合いながら無事に大掃除が終了しました。

来年も校舎を大切にしながら楽しく過ごしていきたいと思います!

2018年12月25日火曜日

日常ブログ「校舎に八百屋さんがオープン!」

「いらっしゃいませ〜!おいしい野菜売ってまーす!」
校舎に八百屋さんがオープンしました!



これは、「あぐりこども大学」という取り組みの一環。CFAと提携しているさいたま榎本農園の農業体験に参加したこどもたちが、農園の野菜を校舎で販売したものです。

大きな白菜やちょっと変わり種のキャベツなどいろいろな野菜を、お母さんやお父さんに元気いっぱい売りました!


こどもたちは、看板を作ったり、農家さんに聞いたおすすめの調理法を書いたり、小さい妹弟たちには手作りのお土産を作ったりとはりきって準備をしました。ふだんからお店やさんごっこや学校ごっこをやっているのでお店の準備は慣れたものです。


いよいよ、お店が開店!お迎え時に元気いっぱい「野菜はいかがですか〜!」と呼び込みました。

ポップの調理方法をじっくりと読むお母さん、手土産を嬉しそうに選ぶ妹や弟たち。みんな興味津々です。こどもたちは「お金はこちらにお願いします!」と箱に入れてもらったり、誰が何を買ったか記録をつけたりして、テキパキと接客を行いました。



みんなで協力して開いたお店は大盛況で、あっという間に野菜は完売!CFAでも毎年田植えや稲刈りを行っていて、「食」を大切に考えています。今回の体験を通じてこどもたちが食や農業に興味をもってもらえればと思います。

日常ブログ「待ち遠しい日がやってきた!」

本日は12月25日!クリスマス当日です!
昨日から今日の朝起きることを楽しみにしている子がたくさんでした!冬休み初日で朝から入室したこどもたちに、クリスマスプレゼントがお家に届いたか聞いてみると、多くの子が起きたらプレゼントが置いてあったと教えてくれました☆

2年生の女の子は、プレゼントをもらうだけではなくサンタさんと話してみたいという思いから、サンタさんにお手紙を書いたところ英文での返信があったそうで、そのお手紙を持ってきて見せてくれました。「何が書いてあるか分からないけど思い出☆」ということで少しですが一緒に読みながら要約しました。
どんなことが書いてあるか全部知りたいと言われたのですが、思い出の手紙なので残りは自分自身で調べてほしいと思い、お家で調べて意味を教えてもらう約束をしています。お手紙を書いて、返事が帰ってきたことを一緒に聞いていた他の2年生の女の子も来年は書いてみると決めたようです。どんな質問をするのか、どんな返信が返ってくるのか今から楽しみですね♬

クリスマス会

今日はこどもたちが待ちに待ったクリスマス会の日です!
企画準備をするのはこどもたち。
自分たちはクリスマス会をどんなイベントにしたいのか?
プログラムの内容を決める前に、こどもたちがまず取り掛かったのは共通のテーマを校舎のなかで定めることでした。
みんなで話し合い決まったテーマは
「盛り上がるクリスマス会」

約1ヵ月間、このテーマを意識して企画準備を進めていき、

晴れてクリスマス会のイベント当日を迎えました。

初めに行ったゲームは、「ハイハイリレー」





ハロウィンパーティーで盛り上がったこのゲーム。

「また、やってみたい!」という周りの声に応えて

クリスマス会のプログラム係が目玉の一つとして
入れることに決めました。



リレーを行なう前に手作りのくじ引きで

サンタチーム”と“トナカイチーム”に分かれ

いよいよ、ゲームの始まりです!



予め決まっていた競技時間に3レース対戦できました。



途中、ルールで曖昧なことがいくつか出てきたため

どんどんレースが行なわれることはなく
バトンを渡す際のルールを決め直したり、

ゴールラインのテープを新たに設けるなど
両チームとも納得のいく状態にルールを定めて
正々堂々、競い合いました!

始めは勝っていたチームも相手チームが提案するルール変更の申し出を受け入れて勝負すると、差が無くなりレースはどんどん面白くなりました。疑問に思ったことに関しては意見を述べて話し合いを重ねていくことで、内容のよいゲームにこどもたち自身が作り上げていきました。



「がんばれー‼」

競技中の子へ向ける応援の声もアンカーの疾走で

最高潮となり、大いに賑わったレースは終了!

次のゲームの「風船バレー」に移りました。

今度は校舎の中を横に2つの陣地へ分けて対決。
全員が一同に参加してのバレー対決は白熱して
とても盛り上がりました!



ゲームの終盤にスペシャルゲストが登場!!

冬休み期間で必要になる大事なものを

サンタクロースが届けに来てくれました!

「あっ、先生だ☆、サンタさんになってる⁉」と

こどもたちは突然の訪問者に賑わい、
クリスマスのちょっとしたサプライズは大成功です!



最後のゲームはみんなで円になって「爆弾ゲーム」
予めクリスマス会にピッタリの曲をBGMとして
準備したので、楽しい音楽とともにいつ爆発するのか
わからない爆弾に胸をドキドキさせるこどもたちでした。

この盛り上がったゲームも無事、予定時刻に終わり。

最後は、嬉しいプレゼントタイムです!

プレゼント係を志願し担当した5人のこどもたちは、当日まで製作に励むことでようやく人数分のおもちゃを用意することができました。


男の子へは、車のおもちゃ。

女の子へは、かわいいキーホルダー。

贈る相手のことを想いながら工作の絵本を見て、みんなで話し合い「男女で渡すものを変えよう!」と決めました。この真心のこもったプレゼントを一人ひとり、大事に手渡されて全ての催しは終了。


「みなさん、クリスマス会は楽しめましたか?」


プログラム係の3人がみんなの前に立ち、

堂々と「終わりのことば」を話して
一生懸命みんなでやりきったクリスマス会は
こどもたちの笑顔で幕を下ろしました。

こどもたちはクリスマス会に向けて主体的に動き、次第に校舎内で団結していきながら1ヵ月間かけてこのイベントをつくりあげました。


一日のうちたった数時間のイベントでもこの日を迎えるまでに一生懸命頑張ってきたこどもほど、かけがえのない貴重な経験を得ることが出来ています。

一人では達成できない困難な課題にもみんなで取り組んでいくことで、こどもの人間力が育ち、また乗り越えることで確かな自信へと繋がったそんなイベントにクリスマス会はなりました。

2018年12月21日金曜日

テーマワーク「中間発表!」

今日は、テーマワークで取り組んでいる『戦争』について各校舎、どんなことをどのように調べているのか、そして新聞づくりはどれぐらい進んでいるのかの中間発表がありました。
 

みんなで8校舎の中間発表をしている動画を拝見!他の校舎の進捗状況を知ると、
「亀田校、結構調べてると思ってたけど、他の校舎の方が進んでいてヤバい、、、!」
「新聞づくりが始まってる校舎もあった」
「調べるだけじゃなくて写真とか絵も描いてた」
と、だいぶ進んでいることに驚きと焦りの声がたくさんありました。

しかし動画を見たことで、
「同じ内容でも校舎によって違う写真を使ってて、すごいと思った」、「絵も上手でわかりやすかった」
「すごい進んで、すごいと思った」
「何について調べてるだけじゃなくて、きちんと調べたことも説明してて、すごいと思った」との声が。

他の校舎の良いところもたくさん見つける姿も見られ、「亀田校も写真とか絵も新聞に載せよう!」、「見やすくて、わかりやすい新聞を作ろう!」ととても良い参考になった様子でした。

1/7(月)には『戦争』についての新聞が完成予定!そして完成後は1ヶ月間、他の校舎と出来上がった新聞を回し合います。
こどもたちは他の校舎の新聞作成の様子を見て、
「来週には新聞づくりに入りたい!」「もっと調べなきゃ!」
「時間が空いた時に新聞づくりをする!」
と、さらにやる気になった様子です!その気持ちを大切にこどもたちが満足のいく新聞を完成させられるよう、私たちもこどもたちが集中できる時間、環境、そしてサポートをしていきたいと思っています。

2018年12月18日火曜日

サバイバル「おそうじめいじんになろう」

前回のサバイバルでは、これからの季節に流行することが多いインフルエンザの原因や、それを予防するために自分たちでできることについて学びました。

今回は、体や衣服、室内を清潔に保つ大切さなど前回の内容を踏えながら、年末に向けて、毎日生活する校舎を掃除して、新年を気持ちよく迎える準備をするために考えてもらう時間です。


毎年、CFAでは12月末に大掃除を行い、お家の同様に毎日長い時間を過ごす場所をキレイにして新年を迎えるようにしています。諸説ありますが、大掃除は江戸時代には“すす払い”と言われており、日ごろ手の届かない場所も丁寧に掃除して、家にしめ縄や門松などを飾り、お正月に神様に来ていただくための大切な行事とされていることなどを話しています。

さて、大掃除でどこを掃除するかについての意見を聞くと「お家では普段掃除しない場所を掃除する」「エアコンとかは効きが良くなるって聞いたことがある」など大掃除でやろうと考えていたことが、すぐにこどもたちの意見で出てきました。

年末まで残り1週間と少し。それまでにどうやって掃除をするのか、どこまでキレイになったらいいのかなどゴールを設定してそれに向けて取り組んでもらいたいと思います。普段、掃除しない場所を掃除することも大事ですが、毎日ランドセルを入れている自分のロッカーの掃除もお忘れなくいい年末を過ごせるようにしていきましょう!






チャレンジおやつ「クリスマスパフェ作り!」

クリスマスが近づきつつある12月のチャレンジおやつは「クリスマスパフェ作り」でした。実は、このおやつはある子のリクエストが叶ったもの。その子の書いた絵を見てから、みんな思い思いに自分のパフェを作りました。

材料の一つ、手作りコーンフレークのいいにおいに「今日のおやつはポップコーン?コーンスープ?」と興味津々のこどもたち。他にも抹茶寒天や果物などたくさんの材料に目を輝かせていました。


まずは、抹茶寒天やコーンフレーク、果物をスプーンで細かく切ることから始めます。
「りんごはこのまま入れる!」
「すごい細かくできたよ!」
「コーンフレークは手でちぎっちゃおう!」

果物などの材料をほとんど切らずに大きいままカップに入れていく子、すべての材料を同じ大きさになるまで細かく砕いていく子、見た目にこだわってカップに入れていく子・・・こどもたちの豊かな個性がパフェに表れていました。






自分のカップにすべての材料を順番に入れたら完成です。クリスマスカラーのランチョンマットに完成したパフェを置いて、ちょっと早めのクリスマス気分を味わいながら「いただきます」!

「ブルーベリーのソース、おいしい〜!!」
「このコーンフレーク、好き!」
「おかわりしたいな!」


自分で作ったパフェはきっと格別においしかったことでしょう。もうすぐクリスマス会もあります。「今年のクリスマス会は何をしようか?」と話しながら和気あいあいとしたおやつタイムとなりました。

2018年12月17日月曜日

日常ブログ「パペットを使って遊ぶのがお気に入り」

プログラムでパペットを使用したのをきっかけに
こどもたちの間でパペットを使って遊ぶのが
大流行しています。

校舎にあるのは3つのパペットと1つのぬいぐるみ。
それらを使って「ももたろう」や「赤ずきん」の物語や、
身近な学校での出来事を劇にして遊んでいます。

声を変えたり、1人2役やったりと、とても上手に
演じて見せてくれます。


女の子だけでなく、男の子にも大人気!!
男の子はおもしろおかしく物語を作って遊ぶこともあり、
みんなとても楽しそうです。

        

牛乳パックや段ボールを使って、家まで作ってくれて
いました。パペットの大きさを考慮して壊れないように
頑丈になるよう製作していました。


使ったあとはお家に寝かせてあげています。
布でくるんであげたり、パペットの大きさに合わせた
部屋に入れてあげたりとみんなとても可愛がって
くれています。
家はまだまだ進化し続けていて、現在2階を製作中。

優しい気持ちを持った子が多く、パペットも喜んで
いることと思います。
これからもいろんな場面でパペットが活躍することで
しょう。どんな遊びが展開されるか楽しみです。






2018年12月14日金曜日

日常ブログ「海外インターン生がやってきた!」

千住校に10月下旬から1月上旬の約3か月間の予定で、ドイツからの海外インターン生がやってきました。

こどもたちは、ドイツがどこにあるのか、日本とドイツはどのぐらい離れているのかと、世界地図を広げて確認していました。


「ドイツ語が話せない。」、「英語が話せない。」と、初めはコミュニケーションの取り方に苦戦していました。インターン生も自分が知っている日本語を使いながら、遊びを通してこどもたちとコミュニケーションが取れるようになり、毎日仲良く遊ぶ姿が見られました。


お互いに「日本語、ドイツ語を学んでいこう!」ということになり、こどもたちは日本語を教え、インターン生からはドイツ語をたくさん教えてもらいました。

おはよう「Guten Tag(グーテンターク)」
おいしい「Lecker(レッカー)」
バイバイ「Tschǜss(チュース)」
ありがとう「Danke(ダンケ)」


インターン生が毎日帰るとき、こどもたちは「Tschǜss」とドイツ語を使い大きな声であいさつをしていました。

残り約1か月間。こどもたちにとってもインターン生にとっても、たくさんの思い出ができるように過ごしてほしいと思います★

2018年12月7日金曜日

ライフスキル「感情を伝える」

今月のライフスキルのプログラムでは
「感情を知る」と題し、人には様々な感情がある
ことを知る時間を過ごしました。

「げんき」「うれしい」「つかれている」
「かなしい」「おこっている」が書かれた袋に
自分の名前のスティックを入れていきます。



大人目線で考えると意外な結果・・・
「つかれている」の袋にダントツで1番多くスティックが
入りました。
理由を聞いてみると「金曜だから1週間の疲れだと思う」
「体育があったから疲れている」などちゃんとした
理由を発言してくれました。
一見、元気で楽しそうなこどもたちですが、実は
疲れている子が多いということを発見!
感情は言葉にしないとわからないということが
証明された気がしました。




後半は「わたしはこんな気持ちです」というテーマで
パペット劇を行いました。
A:ねーねー、その遊びに入れてー。
B:ダメ。今は入れられない。
A:なんでー?一緒に遊びたいのにー。
B:だって、入れたってできないと思うし、今からは入れないよ。
A:・・・・・。
という内容の劇を見てもらい、Aさんの気持ちを考えて
もらうと「かわいそう」「Bさんいじわる」といった
意見がでました。
そこで、どう会話ができたらいいのか?を
実際にパペットを使って演じてもらいました。




B:じゃあさー、何分待ったらいれてもらえる?
と聞いてみたり、
A:これが終わるまで待っててくれれば入れてあげるよ
と言い方を変えてみたりと
様々な会話が生まれました。
そして、どれも相手を気遣った優しい会話でした。

「感情を知る」は大人でも難しく感じることが
あります。
黙っていると伝わらないことがある、だから会話って
大事なんだということに気づかされるプログラムでした。

2018年12月3日月曜日

ライフスキル「自分の感情を知ろう!」

今日はライフスキルのプログラムを行いました。
今回のライフスキルから、ピースフルスクールプログラムを取り入れた内容を回を重ねて行なっていきます。ピ-スフルスクールプログラムとは、民主的な社会の実現に向けて、こどもたちが自立(主体性)と共生の力を身につけることを目的としたプログラムです。現在、開発国のオランダで、幼稚園・小学校約1,000校で取り組まれ、こどもたちは、学びと実践を繰り返して力を身につけていきます。

今回のテーマは【自分の感情を知る】
嘘をついたりごまかしたりせず、一人一人が素直にのびのびと生活するために、感情表現について考えます。様々な感情があること、感情を表す言葉があること、自分の感情を他の人に伝えられることを学びました。




ピースフルスクールプログラムは、全員がお互いの顔を見えるように円になって、「サークル対話」の形に座って行います。サークル対話のおやくそくは、人の話を遮らない、発言するときは手を挙げて、相手の意見を否定しないこと。それぞれの意見に正解や間違いは無く、十人十色な考え方や意見で自由に発言することを大切にしています。

まずは、顔の表情だけで相手がどんなことを感じているのか、感情を読み取る練習。実際に先生が楽しい顔、悲しい顔を表現して、どんな気持ちか考えてもらいました。こどもたちは楽しい!悲しい。だけではなく、「テストで100点取れたから嬉しい!」「今日のご飯はお肉で嬉しい!」「走りすぎて疲れてしまった」など、感情の理由を想像し、文章にして考えることが出来ました。

次に2人ペアを作り、今日はどんな1日だったのか、自分の感情と向き合います。「今日来ている洋服が仲のいいお友達とお揃いで嬉しかった」「今日の時間割に体育があって楽しかった」「昼休みに遊び過ぎてとても疲れている」と、自分の気持ちを言葉にしていました。
「人に話すことで、自分の感情に気づいた!」という子がいたり、「見た目とは違って、話を聞いてみると疲れている子がいた。」とこどもたち同士で気づきもあったようです。


1つの感情でも、たくさんの感情表現の言葉や表現の仕方があること、相手の気持ちを知ることと、自分の気持ちを周りの人に伝えることも大事だとこどもたちは再度認識する時間になりました。

今回学んだ感情表現を忘れずに、自分は、友達は、今どんな感情かな?とこれからも考えて、「感情」に向き合って欲しいと思います。


2018年11月30日金曜日

日常ブログ「図書館にて」

小さな本 大きな本
軽い本 重たい本
1~2冊の本を袋に入れて
少し離れた図書館へ。
1ヵ月に一度
50冊の本を借り換えます。

一人でじっくり眺めながら
お友達と相談しながら
借りたい本を選ぶのに少し時間がかかるけれど
どの子もとても嬉しそう。


本を選んだあとは
ゆっくり読書。
いつもの校舎とはちょっぴり異なる図書館の雰囲気を感じながら
みんな静かに本に集中。

 
校舎に戻っても
またすぐに本を開くこどもたち。
たくさんの本を読んで
知識や想像力、理解力をうんと高めてほしいと思います。



2018年11月29日木曜日

最近の好きな遊び

冬らしい寒さになってきましたね。
こどもたちは「ぜんぜん寒くないよー!」と今日も元気に遊んでいます。最近こどもたちが夢中になっている遊びをご紹介!

1つ目は冬らしく毛糸の工作です。
トイレットペーパーの芯と毛糸を使って帽子作りをしています。同じ作業を何度も行なう簡単なものなので、一年生もすぐ覚えて夢中になって作っています。
ある一年生の女の子は「おばあちゃんとおじいちゃんの結婚記念日がもうすぐだからプレゼントしてあげるの!」と2つお揃いの帽子を作っていました。喜んでくれること間違いなしですね!

2つ目の遊びは、神経衰弱です。
曳舟校のこどもたちはウノが大好きでよく遊んでいましたが、今年はトランプブームのようです。誰かが神経衰弱をはじめると「私も入れてー!」「やりたーい!」と集まり賑やかに。個人戦やチーム戦をして楽しんでいます。こどもたちの記憶力の良さに毎回驚かされます!

最後は風船遊び!芝生のスペースを使い、こどもたちは風船バレーや風船サッカーなどをして遊んでいます。毛糸や空き牛乳パックなどを敷いてセンターラインを作り、こどもたちでルールを決めてみんなで守りながら楽しんでいます。「今のはナシ?」「こういうときはどうする?」などと判定が難しいときにはその都度ちゃんと話し合っていて、感心しています。

3年生がなかなか風船に触れない1年生を気遣って回してくれるなどの優しさもあり、とても微笑ましいです。

来月はこどもたちが楽しみにしているクリスマス!
今日はツリーの飾りつけをしました。本体を組み立て、オーナメントを分け合い、好きなところに飾っていきます。毛糸で作った帽子も飾るととても可愛らしくなり、オリジナルのツリーが完成!「早くクリスマスにならないかなぁ~!」とワクワクなこどもたちでした。


2018年11月26日月曜日

日常ブログ「朝から来た日には、ちょっと遠くへ!」

今日はある小学校の開校記念日。こういった日は特別ですが、こどもたちは朝から校舎にやってきます。

「今日は一日たくさん遊べるね!な~にしようかな~?」とウキウキした様子で1日がスタート!こどもたち同士で計画を立てたところ、普段なかなか行くことができないちょっと離れた公園に行くことになりました。


公園に到着! 校舎から歩いて30分ほどの距離がありますが、元気なこどもたちにとってはへっちゃらです!

今日もいいお天気に恵まれました☆

この公園の魅力は動物と触れ合える、”ミニ動物園”が併設されていることです!こどもたち一番のお気に入りはこちら!


とってもかわいいモルモット!たくさんのモルモットがいて、1匹ずつ名前がついています。毛の色も、柄も、性格だって全然違います!


こんなふうに膝に乗せて触れ合うことだってできるんです! こどもたちだけでなく、先生も思わず夢中になってしまうひとときです…!


モルモットだけではなく、ヤギや日によってはポニーの乗馬体験もできちゃうんです♪ 最初はちょっぴり驚いていたこちらの男の子も、人懐っこいヤギにすっかり夢中☆

園内にはほかにもゴーカートや大きなアスレチックもあり、「一日いても飽きない!」とこどもたちが口をそろえて言うように、ワクワクが詰まった公園です!

ただ遊ぶだけではなく、ちょっとした”非日常”を体験できることも、こういった特別な日ならではです! 楽しい+思い出に残る、こどもたちにはそんな体験をこれからも大切にしてあげたいと考えています。

今度はどこにいこうかな~?