2017年12月31日日曜日

日常ブログ「ハイパースーパードッジボール」

室内で遊ぶ時間がたっぷりある冬休み。
何をして遊ぼうかな?
ボールやぬいぐるみを投げると危ないし…
「そうだ!あれにしよう!!」

というわけで
梅島校ハイパースーパードッジボール大会を開催。
ボールの代わりに使うのはトイレットペーパーの芯です。
相手の首から上には当てないというのが唯一のルール。
「当たっても痛くないから、上から投げても大丈夫!」
「当たった子は、相手のコートに行って!」
「トイレットペーパーの芯を2個使ってみようよ」
普段はボール遊びをしない子も
上級生の後ろに下がることの多い1年生も
「上から投げて!」
「飛び跳ねて!」
体を思いっきり動かします。
一回戦、二回戦と大盛り上がりし、汗もいっぱいかきました。
第一回梅島校ハイパースーパードッジボール大会終了後、
すっきりしたこどもたちは、
集中の時間となるとすぐに気持ちを切り替えて、
静かに宿題に取り組み始めていました。

2017年12月28日木曜日

大掃除

12月28日はCFAKidsの年内最終日です。今日は最終日ということでみんなで大掃除。こどもたちのがんばりの様子をご紹介します!

普段はなかなか手が届かない場所が大掃除の”ターゲット”です。たとえば、こちら!


ロッカーを先生にずらしてもらい、その隙間を熱心に掃除してくれるこちらの女の子。掃除機の扱いにも慣れたものです!
一年間のたまったホコリを吸い取ると、なんだかとてもすっきりした気持ちになりましたね。
                           

徐々にスイッチが入ってきたこどもたちは、「ボク玄関掃除やるから、靴箱お願いね!」と、こどもたち同士で分担して取り組む姿がありました。自分で仕事を見つけて取り組む姿は大人顔負けです…!


こちらの男の子、普段から玄関掃除へのアツいこだわりがあります。大掃除の前日からすでに気合いが入っていて、最初から最後まで一人でやりきりました!
           
なかでも一番熱心だったのは、このドアのサッシです。厄介な場所で力を発揮したのがこちら!

         

これは割り箸にティッシュをくるんだ掃除棒です。この砂ぼこりがたまりやすい場所ですが、1年間の汚れがごっそり落ちました。これにはこどもたちも大興奮!

ここまで汚れがたまっていたことに、こどもたちも私も驚きました。


普段から行っている床拭きは、「いつもよりも2倍キレイにする!」を合言葉にこちらも全力で取り組みました。


1時間の予定が、気がつけば2時間近く掃除をしました。こどもたちの集中力に脱帽です。

キレイさっぱり、フレッシュな気持ちで新しい年を迎えられそうですね!

2017年12月27日水曜日

チャレンジお昼ごはん「おせちを作ろう!」


今週から冬休み!いつもならばチャレンジおやつですが、今日はみんなでお昼ごはんをつくる「チャレンジお昼ごはん」を行いました。

今日のメニューはおせち料理でもある次の4つです!
・紅白なます
・さつまいもの巾着
・煮しめ
・五目ごはん

まずはグループに分かれて、レシピカードを見てどのメニューを作るかを話し合いです。

分担が決まったらレシピカードに沿って材料を取りに来ていよいよ調理スタートです!

レシピカードを見ながら何をどう切るかを確認しています。また、誰が切るか分担も決めていました。
キャンプやチャレンジおやつなどで何度か包丁を使ってきたみんな。包丁の切れる方を自分と反対側に向けて自然と置いていたり、切るときに先生ではなくこどもたち同士で「ねこの手だよ」と教え合ったりと料理することにも慣れてきているようでした。

さつまいもの巾着チームです。
茹でたお芋を一生懸命つぶしています。砂糖と少しの塩を入れて味見をしましたが、「あまくておいしい~~~~」と大喜びでした。


五目ごはんチームの二人は野菜の皮むきに一生懸命です。野菜を切ったあとは調味料を合わせておきます。


包丁の順番を待つ間はおせちにまつわる問題が書いてある「おせちの由来カード」に挑戦です!
チームのみんなでアイディアを出し合っていました。

材料を火にかけ、味をつけます。

どのグループも完成しました!!
お昼ごはんを食べながら
「五目ごはんおいしいよ」
「○○くんの作ってくれたなますおいしい!」
とお互い作ったものを「おしいよ」と感想を伝えあっていました。
「今までで食べたCFAのごはんでいちばんおいしい!」と言っていた子もいました。

帰るときにこどもたちは「今日は煮しめを作ったよ」とお迎えに来た保護者の方に伝えていました。その姿から、とってもおいしいご飯を自分たちで作れたことが本当に嬉しいと思っていることが感じとれました。

2017年12月26日火曜日

パラパラ漫画作り

「パラパラ漫画を作りたい!」
1年生の男の子の声から始まったパラパラ漫画作り。

まずは、みんなで実物を見て、どのようにして作れば良いかを研究しました。
「すごい!」
「動いているみたいだね!」
こどもたちは、1枚1枚めくりながら歓声をあげました。
                  
いよいよ、自分たちでもパラパラ漫画を作ってみることに。
薄い紙と厚い紙のどちらがよくめくれるのかを自分たちで考えながら、本の形にしていきます。

                    
「紙の端を揃えると、うまくパラパラできるようになるよ!」
 4年生の女の子が発見!
実際に自分たちで作ってみたからこその、素敵な気づきが生まれました。
パラパラ漫画が完成した子は、自分が描いた絵が動くことを楽しんでいました。
これからも引き続き、パラパラ漫画を楽しく研究していきたいです。

2017年12月25日月曜日

『クリスマスパーティー』

今日は12月25日クリスマス!
CFAでもこどもたちがとても楽しみにしていたクリスマスパーティーを行いました。

まずはクリスマス〇✕クイズです!

さぁ、ここで問題!皆さんも考えて見てくださいね。
「クリスマスにチキンを食べる」
という文化は日本人が始めた。〇か✕か。正解は……






…〇です!チキンを食べるという習慣は1974年にケンタッキーフライドチキンが始めた習慣だそうです。
こどもたちは「絶対アメリカだよ!」と言ってみんな、「✕」を選んでいたのでとても悔しがっていました。

〇✕クイズで盛り上がった後は、間違い探しゲーム!!
間違い探しゲームは、2人1組になってお題をひき、そのお題をジェスチャーであらわします。
その他の見ているこどもたちは1分間でそのジェスチャーを覚えます。
1分後に布でジェスチャーをしている2人を隠し、隠れている間にジェスチャーを3か所変えます。
そして布をとり、見ているこどもたちが変わった箇所とそのお題を当てるゲームです。

 上の写真の2人がしているジェスチャーは「お相撲さん」です!これは見ているこどもたちもお題をすぐに当てることができました。
上の写真はなんのジェスチャーをしているか分かりますか?これはとても難しいお題でした!
正解は…「あわてんぼうのサンタクロース」でした!
こどもたちも間違いはすぐに見つけられても、これはお題になかなか答えられず大苦戦。
それでもあきらめずにジェスチャーから答えを導きだすことに成功!
とても喜んでいました。
 楽しいゲームの後は、手作りの松ぼっくりツリーでプレゼント交換です!
誰のところに自分が作った松ぼっくりツリーが行くのかこどもたちはみんなドキドキしていました。
「あ!〇〇ちゃんのだった!」「これは〇〇くんのだ!」
と友達作った松ぼっくりツリーを手に取りとても嬉しそうに見せ合っていました。
最後は、「サンタクロースの秘密」という絵本を見て、みんなで作ったクリスマスツリーの前でみんなで集合写真を撮って、クリスマスパーティーは終了です。

楽しいゲームに手作りのツリー、そして友達からのあたたかい手作りのプレゼント。
CFAでしか味わえない楽しいクリスマスパーティーになりました。

2017年12月22日金曜日

工作イベント「年賀状&スタンプ作り」

今回の工作イベントは「年賀状&スタンプ作り」をしました。

はじめに「年賀状もらったことのあるひと~?」と聞くと、多くのこどもたちは「おばあちゃんに送ったことある!」、「おともだちから年賀状きたからお返ししたことある!」などと一度は書いたことあるようでした。

年賀状の歴史や干支についてのお話では、特にこどもたちは猫が十二支に入れなかった理由についてとても興味深く聞いていました。

「ねずみがねこに違うことを言って1月2日に行っちゃったんだよね!」、「ねずみはうしの背中に乗って行ったんだよ!」と知っていた子はわかりやすくお友達に話してくれていました。


いよいよスタンプ作りです。
発砲スチロールトレーに油性ペンで絵を描くと描いた部分がへこみスタンプとなります。

「どんな絵を描こうかなぁ~」
「いぬの絵うまく描けるかな」
「下書きしてみよう!」
「失敗しちゃたからもう一度やってみる!」
こどもたちは真剣です。

「2018」の文字を作っているときに2年生が「あ、これだとはがきに押したとき、鏡文字になっちゃう!」と発見。
まわりのお友達もそれを聞いて「そっか!気を付けなくちゃ!」とスタンプを押したときのことを考えて取り組んでいました。

完成したスタンプを何度か練習して本番です。「うまくいきますよーーーに!!」と気持ちを込めながら押していきます。

うまく押すことができ、とても嬉しそうにメッセージを書いています。
「なんて書こうかな!」、「どうしよう!」と相手のことを想い浮かべていました。新年の挨拶と感謝の気持ちなどを綴り、完成です。

「お母さんとお父さんに年が明けたら渡すんだ!それまで内緒!」、「おばあちゃんへ元旦に届くように今日の帰りにポストに入れるんだ!」とこどもたちはわくわくしながら完成した年賀状を眺めていました。

受け取った人の反応を見るのが楽しみです。おうちでもどうやって作ったかぜひ聞いてみて下さい。

2017年12月21日木曜日

日常ブログ「公園でサッカー!」

今日は学級閉鎖のあったクラスのこどもたちが朝からCFAKidsに入室しています!
普段とは違い、人数も少ないのでゆったりとそれぞれがやりたい遊びや過ごし方ができます。

今日はとてもいい天気!
集中の時間の後、公園に行くことになりました。

ある子が「サッカー、やってみたいなあ、、」と呟くと他の子も賛同し、今日はみんなでサッカーをすることが決まりました。

はじめはサッカーをやりたいと言っていた子だけがボールを蹴っていましたが、他の子たちにも声をかけると「一緒にやる!」とのことでした。
みんなでボールをパスし合い、ウォーミングアップです。

少し慣れてきたので1つのゴールを使って5分ごとに攻守を交代しながらこどもチーム対先生チームでゲームをします!

「パスしてみんなで協力してゴールするんだよ!」と伝えると、「ぼくはここへボールを蹴るからここで待っていて」、「○○くんはゴールしてね」など役割分担していました。
また、「わたしもゴールしたい」という子がいる「じゃあ、そこで待ってて!パスする!」とこどもたちだけで作戦会議をはじめました。

1時間以上サッカーをし、お昼ごはんの時間になったので帰ります。
楽しかったようでまた「やりたい〜!」と言っていました。

はじめてやる子もいましたが、やったことないことにも挑戦でき、みんなで楽しめたことはとてもよかったと思います。
また、みんなで楽しくできるように先生が言わなくても譲り合ったり、作戦会議をして役割分担できていたりとこともこどもたちの成長を感じることができました。

2017年12月20日水曜日

スーパーキッズ調べの発表会

12月20日、こどもたちが約1カ月間にわたって調べた、音楽の世界で活躍している「スーパーキッズ」の発表をしました。


千住校では、ギター・琴・口笛・ドラム・DJ・けん玉パフォーマンス・テルミン(世界初の電子楽器)の7グループに分かれることに。
当日までの間、動画を観たりインターネットで調べたりしながら、それぞれのグループで発表に向けての準備を進めていきました。
 発表の台本も完成!
紙芝居のように、みんなに見せるような資料を作ったグループもありました。

そして迎えた当日。

調べたことをみんなの前で発表するのは今年度のCFAの活動では初めてですが、これまで調べたことをしっかり伝えることができました。
                      
特に1年生はドキドキしている様子でしたが、
「頑張って!」と温かい歓声が起こったり、
傍に寄り添って一緒に台本を読んでくれたりと、2年生が大活躍。

発表会をきっかけに、こどもたちの間では、DJの踊りとけん玉パフォーマンスが大流行しています。

みんなで共有し合ったことにより、新しい興味や関心が湧いた発表会になりました。

2017年12月18日月曜日

日常ブログ「スノードームを作ろう!」

千住校では現在、クリスマスに向けてクリスマスツリー作りをしています。
ツリー作りをきっかけに、こどもたちはスノードームに興味を持ち始めました。

スノードームは洗濯糊、水、飾りがあれば簡単に作れることを知り、こどもたちと一緒に挑戦してみました。



モールを小さく切り、飾りにする子がいたり


スパンコールを入れて鮮やかにする子もいました。


飾りを入れ終えたら、次は洗濯糊と水を入れます。
洗濯糊3:水7の割合で混ぜていきます。自分たちでビンやペットボトルの3分目を探して入れました。
入れたらしっかりとキャップを閉めて、完成です!


ライトを下から照らすと、より幻想的になり、ペットボトルキャップの色で光り方が変わることを発見しました。白のキャップ、オレンジのキャップ、緑のキャップで試しましたが、1番人気はクリスマスカラーの緑でした。


今回のスノードーム作りは楽しみながらもたくさんの発見がありました。
これをきっかけに、これからもたくさんの「やってみたい!」「作ってみたい!」とアイデアが出てくるといいなと思っています。

みんながステキなクリスマスを過ごせますように。

2017年12月15日金曜日

コミュニケーションワーク「いいところ探し」

本日のコミュニケーションワークは、自己理解や他者理解を深め、自己肯定感の育成をねらいとしたワークを行ないました。

まずは、前回のコミュニケーションワークを振り返るところから始まります。フワフワ言葉とチクチク言葉について、みんな意識することができているか確認しました。

次に「自分のよいところビンゴ」というゲームを行ない、ビンゴカードに自分自身が思う自分のよいところを記入していきます。


「自分の悪いところはいっぱいあるけど良いところってなかなか見つけられないな」
「私の良いところってどこ?」
と悩んだりじっくり考えたりしながら・・・

自分のよいところをたくさん見つけられました☆

自分自身が思う自分のよいところを見つけたあとは、一人ひとり9人のお友達のよいところを探します。先ほどとは打って変わってスラスラと書き出していました。


カードに伝えたい相手の名前といいところ、自分の名前を記載してお互いに渡し合います。

自分で書いたビンゴカードとお友達からもらったカードを比べて当てはまるところがあれば丸印をつけ「自分のよいところビンゴ」を楽しむこどもたち。
しかし、意外にもビンゴになったこどもはたった一人。

お友達からもらったカードを読んで「全部嬉しい」と言う子もいれば、
「人によって感じ方は違うんだなぁって思った。」と感想を述べる子も。

自分が考える自分の良さと、お友達が思う自分の良さを比べることで新しい自分の良さに気付くことができたのではないでしょうか。