2017年10月31日火曜日

季節のイベント「ハロウィンパーティー」

10月31日、この日はこどもたちが1ヶ月掛けて準備をしてきたハロウィンパーティーの日です。

校舎のみんなでパーティーの日に何をやりたいのかを話し合って決めていきました。

たくさんの意見が出たなか、
希望者が多くいたものは、、、

「ハロウィンお化け屋敷!」

みんなでハロウィン用に衣装をつくって仮装し、
「お化け屋敷をして楽しみたい!!」
という声が上がりました。

当日まで全員で協力して準備を進めていきました。




お化け屋敷の仕掛けは当日まで思考錯誤を繰り返しながらつくり、それらを置く場所にもこだわる こどもたち。

驚かす役と体験する役の2チームに分かれて交互に行います。

校舎の明かりを消してスタート!
普段は消えない校舎の明かりがなくなり大興奮しているこどもたち!!


そして、お化け屋敷だけでなく
クッキーのプレゼントがもらえる合言葉さがしは
全員総出になって施設中に散らばるキーワードを
さがし盛り上がりました。




「トリック・オア・トリート!」

キーワードの言葉を無事に見つけ出し、
合言葉を伝えてみんながクッキーをゲットできました!

この日に向かって一生懸命に準備をしてきたことで達成感を存分に感じながらイベントを全力で楽しんでいるこどもたちでした。

日常ブログ「野球大好き」

クイズです。
これはなんでしょうか?
答えは、野球の大好きな男の子たちが作った野球グッズ。 
バット、グローブ、キャッチャーマスク、お腹部分に当てプロテクター、すねを守るレガース、ベースなど、様々です。


これまで公園で野球をする際、既製品のバットとボールはありました。
先生が新聞紙で作ったグローブを1個プレゼントしたところ、
こどもたちがいろいろな道具を作り始めました。
道具が充実し、ますます野球に盛り上がるこどもたち。
ノック練習も始まり守備の強化にも余念がありません。

日常ブログ「毎日の掃除」

CFAKidsでは毎日「掃除の時間」があります。
こどもたちは自分たちが使うものや過ごす校舎を自分たちで整理し、掃除をしています。


今日はハロウィンパーティーがありました。ゲームに使ったダンボールや室内にもいろいろな飾り付けがあり、掃除が大変そう!

ところが…
ダンボールの片付けは普段の役割にはない掃除で新鮮なのか、いつも以上にはりきって始める男の子たち。


ハロウィンパーティーで使った布のお片付けです。とても丁寧に畳んでくれています。

こちらの女の子は掃除機担当。しっかりとすみずみまで掃除機をかけています。ハロウィンの衣装を着ながらの掃除は楽しそうです。



おもちゃの片付けをがんばっています。毎日やる場所ですが、周りの子たちのやる気モードに負けず、とても真剣です。

たくさんの子が担当の場所や今日だけ特別な場所など、それぞれやるべきことを見つけて掃除をしていました。
みんなのがんばりのおかげでとてもきれいになりました。

4月・5月はなかなか掃除に取り組めず、遊んでしまうことが多かった1年生。
2年生以上の上級生はグループの中でもテキパキと分担し、きれいに掃除をします。例えば、担当の範囲を決め、交代で掃除機を使うなど。掃除道具の扱いも上手です。
その様子を見ながら最近は1年生も掃除したほうがいいところを自ら発見したり、本をどう並べたらきれいかを考えて工夫したりしています。また、1年生同士でもリーダーのようになって、グループのメンバーを盛りたてて、協力する姿も見られました。

毎日の掃除からもこどもたちの成長を感じられる日々です。

HAPPY HALLOWEEN

10月31日(火)にハロウィンパーティーが行われました。
この日に向けて少しづつ仮装や装飾などの準備をしてきたこどもたちはとても楽しみにしていました。
古着やポリ袋を使いコウモリやジャックオランタンを作っています。

こちらはゲームの準備を手伝ってくれています。


さてハロウィンパーティー当日です!

まずはくじ引きでチーム分けをし、カボチャチーム、コウモリチーム、スパイダーチームの3つに分かれました。

さっそく1つ目のゲーム、“箱の中身はなんだろな?”を行ないました。
箱に2人で手を入れて何が入っているか当てるゲームです。
「なんだろう?○○じゃない?」
「ん~わからないぁ」
と手触りだけで予想し、相談し合っていました。
順番を待っている子も応援しながらワクワクドキドキです。
当てると「やったぁーー!いえーい!」と大盛り上がりし、外れると「それかぁ~!」と少し悔しそうな表情をする子も。

2つ目は“ミイラゲーム”です。
トイレットペーパーを使って巻き巻きしていき、ミイラを完成させます。セロテープを2枚まで使ってよいルールで行ないました。

こちらもチームで協力しどうやったら上手く巻いていけるのか考えながら行ないます。
「ここおさえてて!」「いいよ!巻いて!」
「ここでテープを使おう!「丁寧さが大事!」
などと連携をとりながら少しづつミイラになってきました。



そしてタイムアップ!
みんなで出来上がったお互いのミイラを見て「面白いね」と大笑いです。
上手く巻けなかったチームもその出来を見て思わず笑ってしまうこどもたち。失敗して悔しいけれど「楽しい!」と思えたのではないかと思います。

最後は“かぼちゃ探しゲーム”。
部屋中にあるかぼちゃをめくり、「トリック」「オア」「トリート」と裏に書かれた3枚のかぼちゃを探すゲームです。
全員で協力した結果、とても早く見つけ出すことができました。

そして大きな声で、、、
「トリックオアトリート!お菓子をくれないとイタズラするぞ!!」とこどもたち。
ハロウィンクッキーをプレゼントするととても嬉しそう受け取ってハロウィンパーティーは終了となりました。



2017年10月30日月曜日

日常ブログ「こどもたちに人気の本」

曳舟校では男の子を中心に人気の本があります。
それは漫画「サバイバル」です。
この本は、様々な状況に応じた危険回避や脱出方法であったり自然や化学、人体の知識などが面白おかしく詰め込んである本で、こどもたちは夢中になって読んでます。

以前から上級生中心に読んでいましたが、最近は1年生も読み始めました。お家で買ってもらうほど気に入っている子もいます。
また、図書館に行くと必ず「サバイバル」探しが始まります。「サバイバル」は人気があるため普段はなかなか借りられません。しかし、先日、図書館へ行ったときにはたくさんのシリーズを借りることができ、こどもたちはとても嬉しそうでした。

他にもたくさんのシリーズがあります。
こどもたちは
「俺これもう読んだ!」
「これはまだ読んでないな~」
「このシリーズの面白いんだよ!」
「このジオ凄かったよな!」
などとサバイバルトークが繰り広げられることも。

このように日々楽しみながら自然と多くの事を学んでいる曳舟校でした。

最後に、、、
以前、日常ブログで紹介したアサガオはこんなに大きくなりました!

最近気温が下がり少し心配しているこどもたち。
素敵な花が咲くことを期待しています。

2017年10月27日金曜日

グループワーク「失敗を楽しもう」

10月27日(金)のグループワークでは、2つのゲームを通して「失敗を楽しもう」というテーマについて学びました。


まずは「ジップ・ザップ」というゲーム。
鬼役である「ジップ星人」を1人決めます。
ジップ星人は「ジップ!」と言いながら光線を放つことができます。

また、ジップ光線を防ぐためには、狙われた人はすぐさま頭を隠し、両隣の人から「ザップ!」と手をかざしてもらってバリアを張ってもらう必要があります。

それにうまく反応ができず当たってしまった人や間違えてバリアを張ってしまった人は、新たにジップ星人へと変身してしまいます。


千住校では、こどもたちが掛け声を決めて大盛り上がり。
ジップ星人になってしまったからといって、ゲームそのものが楽しくなくなるわけではないということを、体感的に学んだこどもたちでした。


次に、「進化ジャンケン」に挑戦。
最初は卵の状態ですが、ジャンケンに勝つたびに進化し、最終形態まで到達したらゴールとなります。
4段階の進化の過程をこどもたちと考え、千住校では、卵→ひよこ→ニワトリ→恐竜という進化をたどることに。
いざ、ジャンケン開始!
しっかりと、それぞれの進化過程のポーズをしながら、ジャンケンをする相手を探し回るこどもたち。
早々と恐竜になれたこどもたちは、勝利の喜びを味わいつつも、ゴールしてしまったためゲームには参加することができません。
どこかゲームから離脱してしまった虚しさを感じている様子のこどもたちでした。

一方で、なかなか進化できないこどもたちは、ジャンケンに勝てないもどかしさを感じつつも、長くゲームを楽しむことができるという仕組みになっています。


今日行ったゲームは、勝敗に一喜一憂するだけではなく、こどもたちが少しずつ
「あれ、案外勝ち負けでは測れないものがあるみたいだぞ?」
「どうやったら、ゲームそのものを楽しむことができるかな?」と考えるきっかけになるものです。

グループワークを通して、また日常の生活のなかでも、一歩深い楽しみや喜びを味わうことができるようになっていけばと思います。

2017年10月23日月曜日

日常ブログ「手作りポン酢&昼食づくり」

今日は学校が振り替え休日だったので、朝からお友達と遊ぶことができて、とても嬉しそうなこどもたち。
そんな特別な日にみんなで料理のお手伝いをした様子をご紹介したいと思います。


とてもおいしそうなカボスを頂いたので、こどもたちとポン酢づくりをしました!
まずは、包丁を使ってカボスを半分に切ります。
カボスを切るとさわやかないい香りが部屋中に漂ってきました☆
こどもたちは声をそろえて「いい匂い~」と嬉しそうな表情!


CFAKidsではサマーキャンプやチャレンジおやつなどで包丁を使う機会がたくさんあるので刃物の扱いかたはみんなとても上手です。
カボスを半分に切ったら、次は絞ります。みんなで協力してたくさんのカボスを絞りました!醤油と合わせたら手作りポン酢の完成です☆
ポン酢づくりを終えたこどもたちが
「先生!他にもお手伝いすることない?」
と聞いてくれたのでこの日の昼食づくりのお手伝いをお願いしました。
白菜やネギなど、みんなで食べる分の野菜たちを手分けして食べやすい大きさにカットしてくれました。

みんなが切ってくれた野菜たちはお鍋でぐつぐつ煮てから手作りのポン酢をつけておいしくいただきました☆
みんなと一緒に食べるごはんは何倍にもおいしさが増した特別な昼食の時間となりました!!

今日、1日どう過ごす?

今日は、台風の影響で学校がお休みになった為、
朝から入室してきてくれる子がいました。

午後から天気もよくなってきて、晴れてきたこともあり、
入室したこどもたちも6人と少人数だったため、
みんなで午後のスケジュールを考えてもらいました。
「おやつの時間は3時だからおやつ食べたら公園行けるじゃん!」
「あ、でもまだ時間あるから、2時に出発にして、おやつの前にいけるんじゃない?」
「ちょっと遠くの公園行く?」
「あ…でも習い事の時間がある!」
「あ!私は今日、お迎え早いんだった!」
「公園、みんなで行きたいけど、どうしようか…」
「じゃあ今日は、いつもどおり、近くの公園にしようか。」
とみんなのお迎えの時間や、習い事に行く時間を考えて6人みんなで公園に行くにはどうしたらいいだろうととても考えていました。

公園に行く時間が決まった後も、「掃除は何時からにする?」「じぶんノートは掃除と帰りの支度が終わった後だよ!」とたっぷり話し合いをしてようやく今日のスケジュールが完成しました。

自分たちで話し合ってきめたスケジュールだからか、守ろうとする気持ちもとても強く、こどもたちが時間を意識しながらメリハリのある行動ができていました!

自分たちで過ごす環境だからこそ、納得をして決められたのはとても良かったと思います。お互いへの優しい声かけやお互いへの注意もできたこともとても良いなと感じました。

今後は少しずつ上級生が中心となって、綾瀬校のスケジュールをみんなで立てることができるようになるといいなと思いました。

オリジナルボードゲーム作り

台風で学校が休校になり、朝からこどもたちが入室した日、
千住校では、ボードゲームを作りました。

まずは、6つのコマをサイコロが出た目だけ進めていき、将棋のように相手のコマを取るゲーム。
サイコロを2つ使い、
1~3までの出目があるサイコロは、「×」が描かれたお邪魔のコマを動かす個数、
1~6までの出目があるサイコロは、自分のコマを進める数になります。

「斜めに進めるのもOK」などコマの進め方や、リーダーのコマを決め、相手のリーダーを先に取ったほうが勝ちになるというルールから、こどもたちが考えました。
次に、千住校オリジナル人生ゲームを作りました。
「テレビに映った! 2000円もらう」
「おやつを こっそり食べていたのがバレた!1000円払う」
「歌を歌っていたが、自分だけ歌詞が間違っていた。みんなで『ドンマイ』と言う」
など、こどもたちと一緒にマスのイベントを考え、完成!
早速、できあがった人生ゲームに挑戦!
「せっかくたくさんお金を持っていたのに~!」
「やった!1位になったよ!!」
など、こどもたちは大盛り上がりでした。
これから日が短くなり、屋内で過ごす時間が長くなりますが、楽しい遊びをみんなで考えて楽しく過ごしていきたいです。

2017年10月20日金曜日

テーマワーク「カップスで遊ぼう」

本日のテーマワークは、前回(10月6日)に続き「カップス」に挑戦!
曲に合わせてリズムを楽しみ、みんなで一緒に協力して合わせることをねらいに「カップス」を楽しみました。

まずは前回のおさらいです。
こどもたちがオススメするカップス動画を観ながら、
「あれ?どうやるんだっけ?」
「こうやるんだよ」
と、みんな楽しそうにカップスで遊んでいました。



さあ!いよいよ「まわし」に挑戦です
大きな輪をつくり、曲を流さずに1周まわすことを目標に練習開始です。
みんなとても上手で、1分も経たないうちに1周まわすことに成功☆


次に、曲に合わせてみんなでまわしていきます。
カップを落としてしまったり重ねてしまったり、「あれ?私のカップがない!!」と大騒ぎしながらとても楽しそうに練習していました。


手を叩くので「手が真っ赤だよ~」と言ったり、カップがどこかに転がっていったり、真剣な表情でまわす子もいれば弾ける笑顔で取り組む子の姿も。

何回か練習をしたあと、最後の1回は本番です。
カップを落としたり慌てたりする子はおらず、最後はとても素晴らしいカップスまわしができました。
なによりこどもたちの弾ける笑顔を見ることができました♪