2017年9月29日金曜日

日常ブログ「昆虫博士」

公園に行くたびに虫を探すこどもたち。
草の中にいるバッタ
土の中にいるアリ
目の前を飛ぶチョウチョ
小さな命の大切さについて学びながら捕まえたり放したりしています。
おうちで虫を上手に育てている1年生は、みんなの虫好きを知り、虫かごを毎日持ってきてくれるようになりました。
虫かごの中にはカブトムシ、クワガタ、カマキリ、バッタなど、日替わりでいろいろな虫が入っています。

クワガタのあごにブロックをはさんで力を試したり、
カブトムシと向かい合わせて力の強さを試そうとしたりするたびに、
こどもたち全員から歓声があがります。
虫や小動物、植物などの生物環境はこどもの成長に、
とてもよい影響を与えるものです。
安易に与えることは避けながらも
一つひとつの生物の素晴らしさや命の大切さなどについて学ぶ機会を大切にしていきたいと思います。