2017年6月7日水曜日

熱中症を予防しよう

”ねっちゅうしょうだ!”
スクリーンに熱中症の文字が映し出されるとこどもたちから一斉に声が響いてきました。
例年、熱中症によるこどもの死亡事故が発生しています。
6月に入り蒸し暑さも本格的になってきますので、
本日のサバイバルでは”熱中症”の症状とその対処方法について考えることとしました。

まず最初に、
熱中症になると暑さのために体の中の水分や塩分のバランスが取れなくなり、
体温の調節ができなくなるということを伝えました。

”からだが熱くなるんだよ”
”水を飲むといいよ”
熱中症の症状についてお話ししようとすると、
学校や本などで学んで知っていることをこどもたちから先に教えてくれたので、続いて少し詳しく症状を説明しました。
”めまいやふらついたりする”
”たくさんの汗を流す”
”頭やお腹が痛くなったり、吐いたりすることもある”
”だるい。力が入らない”
”意識がなくなる”
たくさんの症状に対してこどもたち全員が真剣に耳を傾けていました。
”水分は少しずつこまめに飲むが正しい!”
”熱中症は急に気温が高くなった日にかかりやすいよ”
”洋服は広っぽくてゆとりのある服がいいらしい”
熱中症クイズの答えを考えることにより、
熱中症予防の豆知識にも触れました。

最後に熱中症対策としてスポーツドリンクを手作りして飲んでみることにしました。
1リットルのお水に砂糖大さじ4杯、塩小さじ1/2杯を入れるとスポーツドリンクの完成です。
あまり美味しいとは言えないものでしたが、
熱中症にかかっているときには、
糖分と塩分が必要であることを体感してほしいと思いました。

熱中症にかからないためには日頃から水分補給することが大切です。
自分に熱中症のような症状がある場合や、
お友達で具合の悪そうな人がいるのを見つけた場合には、
すぐにお家の人や先生などの大人に知らせることを確認し、
サバイバルを終了しました。
皆さん、熱中症に気をつけて元気に暑い夏を乗り越えましょう!!!