2017年6月23日金曜日

グループワーク「ルールを守って楽しく遊ぼう!」

 今回のグループワークは「ルールを守って楽しく遊ぼう!」ということで、こどもたちに校舎のみんなで何をして遊びたいかを決めてもらい、その遊びを行う上での《ルール》についても考えてもらいました。

まずは、ルールのある遊びをやってみよう!ということで、”後出しじゃんけん”と”プリンゲーム”を行います。
皆さん、どんな遊びかご存知ですか?


まず、後出しじゃんけんは、こどもたちに「じゃんけんホイ!ホイ!」という掛け声の2回目のホイ!の時に出すこと、まずは先生に負けてほしいこと、間違えたら座ることの3つの《ルール》を伝え、いよいよスタートです。

「あー!勝っちゃった!」「間違えて同じの出しちゃった!」と座る子が続出するなかみんなとても楽しそうに行っていました。
今日に限っては後出ししても注意する人は誰もいません♪
 
次のプリンゲームの《ルール》は、先生が「おにぎり!」と言ったら右手をあげて「おー!」と言って「焼きそば!」と言ったら左手をあげて「やー!」と言います。そして、先生が「プリン!」と言ったら真ん中にある玉を取るというゲームです。こどもたちは早く玉を取れるようにとても集中して遊んでいました。

 ゲームを終えた後にこどもたちに「みんなで遊ぶ時に何か必要なことってある?」と聞くと、真っ先に「ルール!」という答えが返ってきました。他にも「ズルしないこと。」「怒らないこと。」とこどもたちなりに遊ぶ時に必要なことを発言してくれました。

こどもたちに、みんながしたい遊びをみんなが決めた《ルール》で遊びたいということを伝え、こどもたちは、自分たちは何をして遊びたいのかを決め、《ルール》を話し合っていきます。

積極的に意見を出し合い、遊びはドッチボールに決定しました!
ルール決めになると話し合いもさらに活発に。

「”もとがい”って何?」「最初から外野にいる人で、味方が少なくなってきたら入れんの!」「いつ?」「審判が入っていいよって言ったら!」「じゃあ、まずは”もとがい”決めるのね?」
「顔面当たったら?」「ねらうのは無し!」「もし当たっちゃったらすぐにごめんねって言おう。」
とアイディアが次々と出てきました。
 みんなで楽しく遊べるように一生懸命考えた《ルール》が完成しました!このみんなで考えた《ルール》をもとに来週、みんなで公園に行き、ドッチボールをすることになりました。《ルール》を意識しながら楽しく遊べるといいなと思います。
このグループワークでの活動を通して、集団で過ごすには《ルール》が必要だということを知り、《ルール》を守って遊んだり、生活することはみんなで楽しく、気持ちよく過ごすために必要であることを感じて欲しいです。