2017年6月30日金曜日

テーマワーク「うたをうたおう」

今日は第3回目のテーマワークを行いました!
8月にみんなで行くキャンプのときに歌う歌と踊るダンスを練習しました。

まずは「アブラハムには7人の子」です。紹介すると「知ってるー!」という声がたくさんありました。
 動画を見ながらみんなで体を動かします。女の子たちは「立って踊ろう!」と声をかけるとすぐに立ち上がり楽しそうに体を動かしていました。男の子たちは踊りを覚えようと、動画をじっくり見つめていました。


次はゲームを通して歌詞を覚えました。
バラバラになった歌詞を、グループに分かれて曲を聞きながらパズルのように並べ替えをします。
 「ガンガン」と「もえろよもえろ」をやりました。
カードに☆が入っていることを発見すると、「☆と☆はつながるんだ!☆がついたカードを集めよう!」とヒントを発見し、工夫して取り組んでいました。
並べ替える間、流れている曲を聞きながら自然と曲を口ずさんでいました。
すべて並べられると改めて曲を聞きながら答え合わせです。
こどもたちにとってどちらとも聞いたことのある曲でしたが、歌詞を見ると言葉の意味が気になるようでした。

何度か歌の練習をして今日のテーマワークは終了です。

何度も曲を聞いているうちにある子は「はやくキャンプ行きたいな~!」と言っていました。

今年度のCFAKidsのキャンプでは、「おなかまのうた」「わけわけのうた」「もえろよもえろ」「がんがん」「ともだちになるために」の5曲を歌い、「アブラハムには7人の子」を踊ります。
みんなで曲をしっかり覚えてキャンプで楽しく歌い、踊りたいと思います。


2017年6月29日木曜日

ドッキリ大作戦!

「ねぇ、今日早帰りだったから、みんなで隠れてこれから来るこどもたちを驚かそうよ!」
というこどもたちの一言から「千住校ドッキリ大作戦」が行われることになりました。


「下駄箱に靴があると、来ていることがバレちゃうよ!」
「どこだと入口から見えないかな?」
「ランドセルは、どこに隠そうか?」
と、ワイワイ作戦を考えるこどもたち。


先生も交えて、何度もリハーサルを行いました。


いよいよこどもたちが入室。
「わ~!」と驚かせるこどもたちの表情が生き生きとしていました。


それ以降、早く入室したこどもたちが隠れてドッキリを仕掛けるのが、ちょっとしたブームに。

何気ない毎日でも楽しくしてしまうという、こどもたちの発想力がキラリと光った瞬間でした。

2017年6月28日水曜日

こどもたちがかんがえる「ゆめのまち」

今日は、今年度2回目となる工作イベントを行いました。

今回は、「ゆめのまちづくりをしよう」をテーマに、事前に持ち寄った空き箱や牛乳パックなどの材料を有効活用して作成しました。

先生からの説明を聞いている間も、こどもたちのワクワク感がとっても伝わってきます!



説明を聞いたあと、こどもたちはみな、思い思いの材料を選び、作業に取りかかります。
「どんなまちを作ろうかな?」とじっくり考える子、「大きなすべり台のあるまちを作るんだ!」とやる気満々の子、「水族館のおうちがあるまちをつくりたいなぁ」と計画し黙々と作業を進める子、などそれぞれのアイデアを形にしていきました。

ときにはおともだちの作品が出来上がる過程をみんなで眺めたり、楽しみながらも集中して自分の作品を作り上げていきます。

         
           
        

そして・・・出来上がったこどもたちの作品がこちらです!渾身の力作がずらりと並びます。

                         

最後に工作の感想をこどもたちに尋ねると、
「(テーマが)難しかったけど、やりがいがあった!」
「うまくできてよかったよ」
「持って帰って続きをやるんだ!」
という嬉しい声がたくさん上がりました。

このプログラムは、楽しみながら取り組むことはもちろんですが、ひとつのテーマに対し私たち職員が主体になるのではなく、このようにこどもたち自身が想像力を働かせながら形作ることがねらいです。

新たな発見と楽しさがいっぱいの、実りある時間となりました。

        



2017年6月27日火曜日

船づくり

最近の自由遊びでは牛乳パックを使った船づくりをしています。
土台の作り方だけ教えると、こどもたちは自由に作り始めました。
先端を口にして恐竜のような船
翼をつけてドラゴン船
船内にベッドを作って寝泊まりできる船
釣った魚を入れておくスペースが完備された漁船
2階建ての船などなど、、、!



こどもたちのアイディアで様々な作品が出来上がりました。

こどもたちは
「お家でお風呂に浮かせてみる!」
と嬉しそうに持って帰りました。
次の日「船どうだった?」と聞くと、
「最初浮いたけど、先端のトイレットペーパーが濡れちゃって沈みかけた。乾かして改良するんだ!」
「スクリューが弱いからもっと強くしたい!」
「テープは水によわいからホッチキスが良いらしい!」

と、それぞれの感想と改良点を話してくれました。

遊びを通して楽しみながら“
何が失敗だったか”、“どうすればもっと良くなるのか”
と考えているこどもたち。
毎日の生活のなかで自然と“考える力”を身につけているようです。

お気に入りの船が完成することを私たちも楽しみにしています!

2017年6月23日金曜日

グループワーク「ルールを守って楽しく遊ぼう!」

 今回のグループワークは「ルールを守って楽しく遊ぼう!」ということで、こどもたちに校舎のみんなで何をして遊びたいかを決めてもらい、その遊びを行う上での《ルール》についても考えてもらいました。

まずは、ルールのある遊びをやってみよう!ということで、”後出しじゃんけん”と”プリンゲーム”を行います。
皆さん、どんな遊びかご存知ですか?


まず、後出しじゃんけんは、こどもたちに「じゃんけんホイ!ホイ!」という掛け声の2回目のホイ!の時に出すこと、まずは先生に負けてほしいこと、間違えたら座ることの3つの《ルール》を伝え、いよいよスタートです。

「あー!勝っちゃった!」「間違えて同じの出しちゃった!」と座る子が続出するなかみんなとても楽しそうに行っていました。
今日に限っては後出ししても注意する人は誰もいません♪
 
次のプリンゲームの《ルール》は、先生が「おにぎり!」と言ったら右手をあげて「おー!」と言って「焼きそば!」と言ったら左手をあげて「やー!」と言います。そして、先生が「プリン!」と言ったら真ん中にある玉を取るというゲームです。こどもたちは早く玉を取れるようにとても集中して遊んでいました。

 ゲームを終えた後にこどもたちに「みんなで遊ぶ時に何か必要なことってある?」と聞くと、真っ先に「ルール!」という答えが返ってきました。他にも「ズルしないこと。」「怒らないこと。」とこどもたちなりに遊ぶ時に必要なことを発言してくれました。

こどもたちに、みんながしたい遊びをみんなが決めた《ルール》で遊びたいということを伝え、こどもたちは、自分たちは何をして遊びたいのかを決め、《ルール》を話し合っていきます。

積極的に意見を出し合い、遊びはドッチボールに決定しました!
ルール決めになると話し合いもさらに活発に。

「”もとがい”って何?」「最初から外野にいる人で、味方が少なくなってきたら入れんの!」「いつ?」「審判が入っていいよって言ったら!」「じゃあ、まずは”もとがい”決めるのね?」
「顔面当たったら?」「ねらうのは無し!」「もし当たっちゃったらすぐにごめんねって言おう。」
とアイディアが次々と出てきました。
 みんなで楽しく遊べるように一生懸命考えた《ルール》が完成しました!このみんなで考えた《ルール》をもとに来週、みんなで公園に行き、ドッチボールをすることになりました。《ルール》を意識しながら楽しく遊べるといいなと思います。
このグループワークでの活動を通して、集団で過ごすには《ルール》が必要だということを知り、《ルール》を守って遊んだり、生活することはみんなで楽しく、気持ちよく過ごすために必要であることを感じて欲しいです。

2017年6月21日水曜日

今日は何の日・・・?

今日はあるお友達の誕生日です!

みんなでその子へサプライズを昨日から考えていました。

こどもたちが帰って来たときからそわそわ・・・
「先生、まだ見つかっていないかな?」
「ないしょにしてね!」と声がありました。

先生も「これにメッセージを書いてね」とこどもを順番に呼んで、何やらコソコソといろいろ準備しているようです。

みんな揃っていつものようにおやつを食べて、集中の時間に取り組みます。宿題が終わると「先生、そろそろいいかな?」とこっそり質問する姿がありました。

主役の子が気づかないように・・・
 「じゃーーーーーん!!」

「お誕生日おめでとう!!」とみんなでお祝いしました。
そして、みんなからの寄せ書きをプレゼント。お誕生日のお友達がうれしそうにする姿を見てみんながその子へインタビューが始まりました。
「うれしい?」という質問に、「・・・うん。」と少し恥ずかしそうにほほ笑んでいました。

その後、じっくりとメッセージを読む姿はお祝いされた喜びが伝わってきました。
こどもたちの相手を想う気持ちを感じ、またみんなで考えたことが誰かを喜ばせるという経験ができたことはとてもよかったと思います。


地球の未来を考えよう!

今年度第1回目の“季節のイベント”を行いました。
6月は環境月間ということで
地球に優しいエコ活動について考えてもらいました。

まずは“
地球ってどんなほし?”という問いです。
するとこどもたちは、
「生き物がいる!」
「海がある!」
「人間がたくさんいる!」など

地球のイメージを教えてくれました。

「そんな地球がいま弱っているんだよ!」と地球温暖化の話をすると、「地球温暖化ってなに??」と興味深々です。


「地球が熱くなってしまうこと」
「氷が溶けてホッキョクグマの住む場所が無くなってしまうこと」と説明をし、映像を見てもらうとこどもたちは
「うわーーー!!地球が真っ赤になってる!大変だ!」
「これはやばいぞ!!」
衝撃を受けているようでした。

それから6月に行なわれている
様々なエコ活動の紹介です。

6月21日は1年で1番日が長い“夏至”であり、この日にキャンドルナイトで電気の節約をすることや、地面に水を撒いて温度を下げる打ち水などのエコ活動があることを伝えると
「打ち水校舎の前でやりたい!」
「打ち水して10度くらい気温下がって欲しい!」
打ち水にとても興味をもってくれたので、夏になったらみんなでやりたいねと話しました。

そこでさっそくみんなにもできる“地球を守る活動=エコアクション”を考えてみることに。





「え~書くのやだ~!」と言っていた子もふと覗くと、真剣に自分ができるエコアクションを書いてくれていました。


「私達みんながこれからもずっと暮らしていく地球だから
大切にしていこうね」と伝えて季節のイベントの終了です。
みんなが書いたエコアクションカードは校舎に飾っていますのでぜひご覧ください。




2017年6月19日月曜日

日常ブログ「着せ替えあそび!!」

今回は、西新井校の女の子たちの間で最近ブームとなっているあそびをご紹介したいと思います。


きっかけは、1人の女の子が描いた絵でした。

お友達や先生の絵を描いてプレゼントしてくれたことがありました。
お友達は自分のロッカーに貼り、先生は手帳に挟んだりして大切にしていました。

そんなある日・・・

「こっちのスカートとこっちのドレス、どっちが好き?」

と、女の子が聞いてきました。
見ると紙に描かれた可愛らしい洋服が2つ。

「先生にはどっちが似合うかなぁ?」
先生の絵に洋服を合わせて考えていました。

「あ!ちょっと待ってて!」
何かをひらめいた様子・・・


「じゃーん!」

描いた洋服をハサミで切って、先生やお友達の絵に合わせてくれました。

他にも、素敵な洋服がたくさんあるのでご紹介します♪
これは、羽が付いている洋服。ハロウィン仕様だそうです。


人魚姫もありますね。かわいい☆


真ん中の男の子は、可愛らしい着せ替えあそびを見て、
「僕の分も作って!!」
と、頼んでいました。素敵な洋服が完成してとっても嬉しそうにしていました。


そして、今ではこんなにたくさん・・・
素敵な洋服が増えました☆

こんなにたくさんの可愛らしい洋服をすらすらと作る、こどもたちの想像力に脱帽する毎日です。
これからもみんなで楽しく色々な遊びをしていきたいと思います。

2017年6月15日木曜日

忍者になろう!!


千住校での室内遊びの紹介をします!





入室してすぐに、男の子たちが忍者ごっこを始めていました。



友達同士でエア手裏剣を投げて楽しんでいたので、
先生が「折り紙で手裏剣つくってみたら?」と提案すると、、、、


「え!!折り紙で手裏剣作れるの!?」

と驚いた様子。


先生に折り方を教わりながら自分で一生懸命作りました。




完成です!




小さいサイズも作りました。


折り紙とはいえ、友達に向かって投げるのは危険なので、
的を作りました。

的のテーマは「怖い忍者」です。



口周りを隠し、忍者の特徴をよく捉えていますね。


敵の忍者を壁に貼り、戦に出陣です!!
敵の忍者を倒せるかな??


男の子が忍者ごっこをしているのに興味を持った女の子は、

「私も作る―――――!!」

くノ一誕生です!


普段、室内遊びはレゴやマンカラなどの既製品を使って遊んでいましたが、折り紙を使い、自分たちで遊び道具を完成させたことにより、こども達の遊んでいる時の表情がいつも以上にキラキラしていたように感じました。



今後も自分たちで遊び道具を作り、たくさんの遊び方を知って欲しいと思います。


こどもたちのステキな作品たち!

亀田校のこどもたちは作ることが大好き!
最近では手形アートやガーランドを夢中で作っています。

手形アートでは「冷た~い!」「くすぐった~い!」と絵の具や筆の感触を楽しみながら嬉しそうに絵の具を塗るこどもたち!

画用紙にペッタンすると「僕の手大きい~!」「あれ?こんな小さいかな~?」と驚く子ばかりでした

そして乾いた手形にペンで絵をカキカキ...
するとディズニーキャラクターが完成!!

自分の手形がディズニーキャラクターに大変身して大喜びのこどもたちでした。

◆手形二モ&ドリー


◆手形・足形ミニオンズ


◇手形メーター・足形カーズ




ガーランドではかわいい柄の折り紙を三角にチョキチョキ...
そして毛糸に切った折り紙をつけていって、できあがり!

「お部屋にたくさん飾ろう~!」と歌をうたいながらとても楽しそうに作るこどもたちでした。






こどもたちの作ったものがたくさん飾られ、亀田校が賑やかになってきています。とてもかわいい作品ばかりなのでぜひ覗いてみてください♪

日常ブログ ~サッカー男子編~

曳舟校の近くには、公園内にボール遊びの
出来るコーナーを設けているところがあります。
最近はボール遊びが禁止されている公園もよくあるため
思い切り使えるこの場所はこどもたちに大人気です。

男の子が憧れる職業や
習い事のランキングで毎年上位に入るサッカー。
実際に曳舟校でも習っているこどももいるので
毎回公園でのサッカーがとても白熱しています。
習い事のコーチからパスが上手だと褒められた子は

「先生に良いパス出すからよろしくね」

と言うことがあったり

「パントキックがよく飛ぶって言われるんだよ」


などなど、自信がある技をよく披露しています。

「思いっきりボールが蹴られて楽しかった」
と、大好きなサッカーが出来て満足しているこどもたち。


これからもお友達同士仲良くたくさん遊びましょう!!

ダンゴムシめいろ

六町校の遊びを紹介します。

最近のブームは、ダンゴムシ観察です。
こどもたちは、公園へ行く度に上手にダンゴムシを見つけて持ち帰っています。

少し前までは、「ダンゴムシどこにも居ない・・・」と探すのに苦戦していましたが、探しているうちにダンゴムシの生息場所をすっかり理解した様子。今では本当にたくさんの数を捕まえてくるので感心します。

ダンゴムシはどうやって飼うのか、何を食べるのか、どんな虫なのかということをみんなで調べました。意外と知られていないその実態が興味深かったため、「ダンゴムシ新聞」を作っています。


「ダンゴムシについて」
・体は14こでつながっている。足、14本。
・てんてんがついている方はメス。てんてんがついてない方はオス。
・絶対に、左右交互に曲がりながら進む。
・枯れ葉を食べる。湿った土が好き。
・目はわるい。

などなど。
足の数を数えながら、上手に絵も描いています。

 じっと観察・・・。

観察・・・。



こちらは、みんなで作ったダンゴムシ迷路です。
落とし穴「チンアナゴの穴」や「葉っぱのアイテム」など、スタートからゴールまでいろいろなコーナーがあります。ダンゴムシを歩かせて、じっと観察し、調べた情報通り「本当に右、左、右、左、って曲がってる・・・!」と大興奮。


ダンゴムシ相撲のコーナーでは、土俵の上に各々選手を連れてきて、

「はっけよ~い・・・」
「のこった、のこったー!」

と相撲ごっこがスタート。中には全く動かない選手もいて、こどもたちは大盛り上がりで見守っています。(※先に土俵から出た方が勝ちです)


勝ち進んだ選手には、第2会場が待っています。こちらでは体の大きいダンゴムシが活躍していました!

こどもたちは、毎日張り切ってダンゴムシのお世話をしています。
ダンゴムシが好む「湿った土」にするために、土に水を撒いたり、

「弱っている子はいないかな?」
「弱っている子は公園へ放しに行こう」

などと気にかけ、とにかくダンゴムシに夢中のこどもたちです。


ダンゴムシのお世話の通して、こどもたちの生き物を大切にする気持ちも育んでいければと思います。