2017年5月10日水曜日

ごへいもちを作ろう!

本日のチャレンジおやつとして五平餅を作りました。
まず、4つのテーブルにそれぞれ6人のグループを作って座ってもらい、先生から今日のチャレンジおやつは何を作るのかの説明がありました。
みんな「なになに?」と興味津々でした。



いざ、チャレンジおやつのスタートです。
まず、各グループのリーダーの人がご飯の入ったラップと味噌の入った小皿が置いてあるバットを各テーブルに持っていき、それぞれラップの入ったご飯を手に取り思い思いにつぶしてたいらにしていきました。
そして、たいらにしていく過程でみんな盛り上がり楽しくなったようで思い思いに形にしていくものの、力が強すぎたようで「ラップに穴が開いてしまった」と訴える子が何人もいるぐらい力強くたいらにしていったことで全体的にみんなきれいにたいらになっていったと感じました。
中には、山のように盛り上がっている五平餅もありいろいろな五平餅ができました。


最後の工程として、たいらにした後はグループ全員がお味噌を塗り、それが終わった子から先生のもとに行きホットプレートでそれぞれたいらにしたご飯を先生や上級者の子たちが焼いてくれました。
難しいと言いながらも上級者の子達は同じグループの下級生の分まで焼いてくれたりと頼もしい姿を見ることができたので嬉しかったです。



そして、全員が焼き終わったグループから「いただきます」の掛け声をかけて食べ始め、みんな熱いと言いながらも手に取って美味しく食べていました。
「五平餅を帰ったらお母さんに作ってもらおう」という子もいて、チャレンジおやつでの経験を通しお母さんと楽しく今日の事を話しながら一緒に作ってもらいたいと思っています。