2017年3月29日水曜日

おたのしみ遠足「あらかわ遊園」

2016年度最後のプログラムは
あらかわ遊園へのおたのしみ遠足です。



朝、それぞれの校舎から出発して
遊園地の入り口にCFAKidsのみんなが集まりました。



遠足当日は天気にも恵まれ、温かい春の陽気の中
こどもたちは元気いっぱい。

始めに向かったどうぶつ広場では

「先生、わたしが回ってって言ったら
孔雀が羽を広げたまま一回転してくれた!」



と入口付近にいた孔雀を見て興奮している子が
いたり、ミーヤキャットが身を寄せ合い
日向ぼっこをしているところを見て

「かわいい。見て見て、同時にこっち向いたよ!」

「先生、あっちでモルモットさわってきちゃった」



等々、さまざまな動物たちとの出会いを喜んでいる
こどもたちの様子がたくさん見られました。





また、のりもの広場ではペアになったこどもたち同士
相談してチケットを使い、大型遊戯を楽しんでいました。



そうしてたくさん遊んだ後はみんなで芝生の広場へ集合!
こどもたちが楽しみにしているおやつタイムです。

「○○くんの分のオレンジはここに置いておくね」

と用意したおやつもみんなで分け合い
仲良く食べていました。

楽しい時間もあっという間に過ぎてしまい
おたのしみ遠足も無事終了。
CFAKidsに戻る時間となりました。



今回の遠足では人数も大幅に増えたので当日は
様々なトラブルが起きるかもしれないと予想していました。

しかし、言い合いなどのもめごとが起きたとき
こども同士で話し合いをして解決していたり
上級生が一年生の子を思いやる場面が見られたりと
自分達で工夫をしていました。
また、移動中バスや電車での過ごし方をもっと良くしていけるように互いに声を掛け合っている姿が見られるなど
私たちが想像する以上の成長を遂げている子が多く
安心してみんなのことを見守っていられました。

来年度、各校舎新しい仲間を迎えます。
また今日のように頼りになる上級生とその背中を見て成長する一年生の関係がうまれてくると嬉しい限りです。
プログラムは、そんな成長の一部を特に見守ることができるので、来年度の実施が今からとても楽しみに思える日となりました。