2017年2月16日木曜日

2月チャレンジおやつ「カッテージチーズを作ろう」

こどもたちから人気のあるプログラムの1つ。
チャレンジおやつ。
今月はカッテージチーズを作りました。
牛乳からチーズやヨーグルトができることは知っているこども達でしたが、自分達でチーズが作れることには驚いていました。

はじめにカッテージチーズの作り方の説明を聞きます。
沸騰しない程度に温めた牛乳にレモン汁を入れ、かき混ぜます。そして10分ほど置いておくと分離するのでそれを濾して完成です。
レモン汁を入れてからどう変化するか予想を聞くと「なめらかになる」、「どろどろになる」などの意見がありました。
チーズとホエーにわかれることはなかなか想像がつかないようでした。

作り方を理解したらグループにわかれて調理スタートです!
まずはレモンを絞ります。必要な分量に達するように、順番を決めるなど協力してみんな一生懸命絞っていました。
温めた牛乳の入ったお鍋にレモン汁をいれ、かきまぜるとだんだんほろほろほろと白い塊ができてきました。それを見て「やっぱりどろどろになるんだ!」と予想と比べていました。

分離させるため10分置いておく間に、お皿やクラッカーの準備をします。
分離が進み、お鍋の上にはホエーが見られます。
ホエーについて、栄養価がとても高く、美容にもいいと言われているということを伝えると「いつもヨーグルトを食べるとき、混ぜて食べている!」との声が。栄養価が高いことを知っているようでした。

10分経ったのち、チーズとホエーにわけるためにザルを使い濾します。お鍋からザルに移すと「うわ~~チーズの匂い~~」と声がありました。
ザルからなかなかホエーが落ちていかない様子を見て、みんなでトントンとザルを揺することに。積極的に手伝う姿から初めてのカッテージチーズがどんな味か楽しみで「早く食べたい!」という気持ちが伝わってきました。

完成したカッテージチーズをグループごとにわけ、「いただきます!」クラッカーにつけてオシャレなおやつです。
チーズを仲良く分け合って食べましたが、中にはクラッカーとチーズをツリーのようにして食べる子もいました。

みんなから「おいしい!」という声がたくさんあがったカッテージチーズ作り。女の子は「お家でも作りたい!」とレシピを聞いてきました。
ぜひお家でも作ってみてくださいね。