2016年11月28日月曜日

11月グループワーク「サンタさんの気持ちになってみよう!」

今回のコミュニケーションワークは「サンタさんの気持ちになってみよう!」ということでいつもは毎年クリスマスにプレゼントを受け取る側のこどもたちが今回はサンタさんの気持ちになってこどもにあげたら喜ぶプレゼントをグループで話し合い、考えました。

まずはスライドを使ってどんなこどもにあげるプレゼントを考えるのかをこどもたちに伝えます。
「性別は男の子、学年は2年生、スイミングと英語を習っていて将来は宇宙飛行士になるのが夢なんだって!この子にあげるプレゼントを考えていくんだけど、どんなプレゼントをあげたら喜ぶかな~?まだ言わないで頭の中で想像してみてね!」と先生が言うとこどもたちは「俺だったらアレにするなぁ~」「私も思いついた!絶対喜ぶと思う!」と早速いいプレゼントが思い浮かんでいる様子です。

次に、グループで話し合った時に話し合いをスムーズにし、それぞれのアイディアを共有しやすくするために頭の中で想像しているプレゼントをこどもたちがそれぞれ紙にメモをしていきます。
 ”宇宙の図鑑”、”ロケットの模型”、”英語のDVD”、”スイミングで使うゴーグル”、”宇宙服”など、こどもたちは様々なアイディアを出してメモをしていました。
アイディアのメモを取り終わった後はいよいよグループに分かれてどんなプレゼントをあげたら喜ぶのかを話し合っていきます。

「僕は月の土地がいいと思うんだけど。」「なんで月の土地がいいの?」「この子は宇宙飛行士になるのが夢だから、将来自分が宇宙に行った時に月に行って自分の土地を見つけられたら嬉しいと思うんだ。」「でもそれって大人にならないと楽しめないよ!サンタさんからもらうなら、もらってすぐに嬉しいものがいいと思うんだけど…」とこどもたちはとても真剣にプレゼントをあげるこどものことを考えて話し合っていました。
そして話し合って決めたプレゼントを紙にまとめていきます。
どんなプレゼントにしたのかと、そのプレゼントの絵を描いてもらい、なぜそのプレゼントをあげようと思ったのか理由も書いてもらいました。絵を描くときは本を参考にしてみたり、みんなで描いてみていいものを選んでみたり、こどもたちは最後までとてもこだわって取り組んでいました!

最後に考えたプレゼントをグループごとに発表し合い、今日のグループワークは終了です。”サンタさん”や”クリスマスプレゼント”というこどもたちが興味を持てるテーマを通して、自分ではなく相手のことを思いながら考えること、話し合う時は自分の意見だけでは無くて友達の意見もきちんと聞くこと、自分とは異なる意見やアイディアも否定せずに受け止めることを楽しみながら体験することができたグループワークになりました!