2016年12月27日火曜日

大掃除 ~おそうじめいじんになろう~

2016年もまもなく終わりですね。
今回は新しい年を迎える前に大掃除をして
毎日使っている施設をキレイにする時間を設けました。

まずは担当決めです。
CFAKidsでは毎日掃除をする時間があり
色々な場所を週替わりでお掃除していますが
年末の“大掃除”のため普段しない場所も掃除します!!

たくさんの掃除場所のなかから
挙手制で場所が決まっていきました。
掃除に使う道具が多い“机”や
高い場所に登る“エアコン”は
人気のためジャンケンで決めていました。
担当も決まり大掃除が始まりました。
「うわぁー!!たくさんホコリが溜まってた」

「裏側って見えないけど結構汚れてるんだね」

ホコリを見つけると
嬉しそうに教えに来てくれる
こどもが多かったのも楽しんでいるからこそ
出てくる言葉だったのではないでしょうか
室内だけでなく外もキレイにしました。

「雨も降っていて寒かったけど頑張った」

「思ったよりもゴミがあってビックリした

外もキレイなると嬉しいですね。
最後は全員でラストスパート!!

「そっちは終わった?」

「少し手伝うよ」

お友達に自然にそんな声を掛け合い取り組む姿は
立派な“おそうじめいじん”となっていました。

2016年12月26日月曜日

第1回 落語ワークショップ!

今日は冬休み中に行なっていく落語ワークショップの第1回目でした。
落語ワークショップでは色彩亭朝輔さんと、てふてふさんをお招きして落語について知り、体験をします。


去年や夏祭りでやったことのある子や覚えている子は朝輔さんとてふてふさんが校舎に訪れたときから、「落語家さんだ!」と反応していました。


 第1回目の今日、まずは落語とは「すごくおもしろかったり、泣けたりする話を一人の落語家がいろいろな役をして話をするもの」という説明を聞き、実際に朝輔さんの落語を鑑賞しました。みんなはじめは慣れない演芸にそわそわ。
しかし、みるみるうちに朝輔さんの話すテンポや雰囲気に吸い込まれ、たくさん笑いながら落語を聞きました。


冬休みの最後には発表会があります。その本番に向けて今日から練習です。まずは舞台でもしっかりと声が出るようにする練習で、“寿限無”を読みました。多くの子が寿限無を知っているどころか、すでに覚えていて驚きました!

その後、自分の高座名を決めました。「ティラノ師匠」、「工作師匠」、「ピアノ師匠」、「にこにこ師匠」など、それぞれ自分の好きなものを名前に付ける子がたくさん。
自分の高座名が決まったところで、次は落語の舞台での挨拶の仕方・自己紹介を学びます。みんなの前での発表は緊張していたり、恥ずかしそうだったりという表情がありました。

今日の最後に、落語でよく使う扇子と手ぬぐいの使い方についての説明です。実際に使ってみると、初めて扇子に触る子は壊れないようにどきどきした様子、今までに体験している子たちは扇子の扱いにも慣れており、スムーズに開く姿が印象的でした。
そしてグループになって道具を使って、お題を表す動作を自分たちで考え、発表し合いました。
こちらのチームは「お風呂に入る」がお題!


今日教わった小ばなしの中から、次回までにいくつかを覚えてくるということが冬休み中の課題とされました!
たくさん練習をして、悔いのない本番を迎えられるといいなあと思います。ぜひぜひご家庭で練習してみてください!!

2016年12月22日木曜日

「クリスマス会」

今日は、みんなが楽しみにしていたクリスマス会!!
おやつを食べている時から気分はクリスマスモード全開☆ “赤鼻のトナカイ”などのクリスマスソングをみんなで歌って気分を盛り上げていました!!
おやつを食べ終えたら早速、クリスマス会の開始です!
始めはジェスチャーゲームを行いました。クリスマスツリー、キャンディー、サンタクロースのポーズを先生から教えてもらったら音楽に合わせて自由に動きます。音楽が止まった時に先生が「サンタクロース!」と言ったらみんなもマネをして同じポーズをするという簡単なゲームなのですが、ひとつ注意しなければいけないことがあります。それは、、、、先生は、言った言葉と同じポーズをしているとは限らない!ということです。先生の動きをずっと見ていると惑わされて同じポーズをしてしまうこども達が続出!!
最後まで惑わされずに残ったこどもはとても誇らしそうにしていました。
ジェスチャーゲームをして体が温まったところで、次はパズル&クイズに挑戦です。パズルはみんなで協力しながら進めます。パズルが完成すると、そこにはCFAに関するクイズをみることができます。「CFAの先生は何人いるでしょう?」「12/14のチャレンジおやつは何を作ったでしょうか?」など様々な問題がありました。少し難しいかな?と思うような問題も、みんなからしてみたらとても簡単だったようでアッという間に全問正解していました。




 次に行ったゲームはサンタクロースの福笑いです。サンタクロースの顔に目や口、鼻などを取り付けていきます。
なかなかうまく指示を出せずに思わず手で誘導してしまう場面もありましたがみんな大笑いしながらゲームを楽しんでいる様子でした。
 たくさんゲームをして遊んだあとは本の読み聞かせです。森の仲間が怪我をしてクリスマスツリーを飾ることが出来なかったうさぎさんのためにツリーを作るという心温まるお話しを読んだところでみんなにも手作りのクリスマスツリー作りを行なってもらいました。
 ミドリ色の画用紙を筒状に丸めたものをみんなに渡し、ツリーを作るように伝えると、みんなで話し合いをしてどのように積み上げたらよいか作戦会議をしていました。途中、セロハンテープなども使いながら上手に積み上げています。
みんなで眺めていると「てっぺんに星を乗せたい!」「折り紙で作ったサンタも乗せようよ!!」とこども達からどんどんアイディアが出ていたので早速飾り付けをしました。サンタや星があるだけで一気にツリーらしくなったように見えますね☆



 
最後は前回の工作イベントやコミュニケーションワークで行なったプレゼントBOXとメッセージカードの開封です。みんなからの手紙をワクワクした表情で読んでいきます。お友達から「足が速いね!」とメッセージを貰ったり、「風邪に気をつけてね☆」と健康管理に気を使ったメッセージもありました。どのお手紙もとても心がこもった素敵なカードだったようです!

おもちゃやゲームなども嬉しいと思いますが、メッセージカードで思いを伝えたプレゼントは世界に一つだけしかない自分だけのプレゼントとなったことでしょう♪

2016年12月20日火曜日

12月テーマワーク 「宇宙を支える仕事」

今日のテーマワークでは始めに今までに学んだ
宇宙の仕事をおさらいしました。

「実験や研究を行なう、ISSやきぼうで働く人はどんな人?」
と質問をするとこどもたちはすぐに

「宇宙飛行士ー‼」

と元気よく答えてくれました。

また、天文学者の説明をしても以前学んだ『ガリレオ・ガリレイ』
名前をきちんと憶えていたりと、どんどん宇宙に関する知識が
増えていることに近頃はビックリさせられます。

その他にもJAXAやNASAで働いている研究者や
ロケットなどを作る技術者の話を通して今年学んだ
テーマワークについて振り返ることができました。


復習が終わるとこどもたちが楽しみにしている
宇宙クイズのはじまりです。

今回は宇宙を支える仕事(JAXA)で本当にある仕事を
4つの中から当ててもらうクイズです。
回答の中からそれぞれの仕事について考えてもらいました。

そして、このクイズ実は4つ全てが正解であると伝えると

「全部だったの!?」

「どれもありそうだったからぼくは全部に手を挙げた」

など、驚く声や迷うのも仕方ないという感想が多く上がりました。
紹介した仕事の全てが宇宙を支える大事な仕事だと
いうことをクイズを通して学んでもらえたと思います。

他にJAXAで行なっている仕事で小型ロケットの研究を
行っていることや天気の予測・航空交通量を増やす研究
という2つの仕事を紹介するとみな関心した表情で
説明を聞いていました。

次に宇宙を支える仕事としてフライトディレクタと
精神心理支援の仕事が分かる動画を見て学んでいきます。

難しい内容の話がたくさん出てきましたがこどもたちは
最後までとても集中して動画を見ていて
少し喋ってしまう子がいると

「聞こえないから静かにして!」

と先生よりも厳しく注意をするこどもまで出てくるなど
動画の中で紹介されるさまざまな宇宙の映像に
画面を食い入るように見ていました。


最後にまとめとして宇宙を支える仕事について
ワークシートを使いこどもたちに考えてもらいます。

宇宙や身近な仕事、それらを支える仕事はどんなものがあるのか一人ひとり考えてシートに記入してもらうと

「宇宙服を作る人」や「機械の部品を作る人」など
一生懸命にシートを埋めていきます。

中には絵で表現する子もいて、ISSの絵が
完成するとそれを見せながら自分が考えたことを
丁寧に教えてくれたりもしました。


2016年、こどもたちは毎回宇宙について
たくさんのことを学び、このテーマについてさまざまなことを
考えていきました。そうした日々の学びでこどもたちは
宇宙のように広い視野で物事を考えていけるように
なっていたり、宇宙のような大きな夢や展望を持って抱く
こども多くなっているように思います。

このようなこどもたちの成長が来年もより見られるよう
こどもたちにとって良いプログラムを行うことで
成長を全力で応援していきたいと思います。

2016年12月14日水曜日

チャレンジおやつ ~ツリーケーキを作ろう~

本日はこどもたちが
月に一度、楽しみにしているチャレンジおやつの日です。
今回は季節に合わせてツリーケーキ作りに挑戦しました。

材料を準備をしていると

「チョコレートがたくさんある!!」
「好きだからたくさん使っていいですか!?」

こどもたちのことばから
楽しみにしている様子が伝わってきました。
工程を説明するとさっそく取り掛かります。
グループで作るので
完成した姿をお友達と話しながら考えていました。

こどもたちは普段から様々なプログラムで
チームで協力することを経験していることもあり
「○○くんはなにを担当したい?」と
相手のことも考えながら進めていました。

「ツリーを作るって難しいね」
「代わって!私も挑戦する!」
と、試行錯誤しながら完成させることができました!!

さっそく、完成したツリーケーキを写真に撮らせてもらいました。

フルーツケーキを想像して作ったグループや
チョコレートづくしケーキを作ったグループもありました。

モンブラン風に作ったこどもは
「自信作が完成したよ!!」と喜んで教えてくれました。

色々なツリーケーキがたくさん完成!!
周りのグループの完成も楽しみながら美味しく食べていました。

2016年12月12日月曜日

12月コミュニケーションワーク「メッセージカードづくり」

今日のコミュニケーションワークでは、相手のよいところや伝えたら相手が喜ぶことについてのメッセージカードを作りました。

まずは今日の内容や作り方の説明です。
同じ校舎にいる自分以外のすべてのお友達にメッセージを書くことを知ると「えーーー何書こう」「そんなにたくさん!?」との声があがりました。


早速メッセージカードの作成スタートです。
説明していたときの声とは裏腹にみんなとても集中して作っていました。

はじめはどんな内容を書こうか迷ったり、照れたりしていましたが、しばらくするとすらすらとメッセージを書いていました。
さらに絵を描いたり、相手が好きな色を使ったりとさまざまな工夫をしていました。
相手を思いやり、どうしたら喜んでくれるか考えているようでした。
また自分以外のみんなへメッセージの作りそびれがないよう、誰にまだ書けていないか確認しながら1つ1つ真剣に取り組んでいる姿はとても印象的でした。

メッセージが書けたら、先日作ったプレゼントBOXに自分でお届けします。
それぞれの気持ちが届くように、大切そうにプレゼントBOXの中へメッセージカードを入れていました。


22日にこのプレゼントBOXをそれぞれ持ち帰ります。
お互いに書いたメッセージカードは大切なクリスマスプレゼントになりそうです。

2016年12月9日金曜日

特別テーマワーク ~宇宙飛行士訓練体験②~

前回に引き続き
株式会社うちゅうhttp://uchu-next.space/
坪井さんに講師としてお越しいただき
特別テーマワークの二回目を開催しました。


前回はラジオ体操をしてをウォーミングアップをしましたが
今回は妖怪ウォッチの妖怪体操第一でウォーミングアップです。

体操が終わるとクイズが始まりました。
「ぬれたタオルをぎゅっとしぼるとどうなるか」という問題でした。

「分かる人や知ってる人?」と聞かれたこどもたちは
すぐに手を挙げて自分が考えていることを伝えていきます。
「正解じゃないかもしれないけど水がなくなるだと思う」

「図鑑で読んだけど忘れちゃったよ」



正解、不正解にこだわらずに
自分が考えていることや感じていることを
伝えたいという気持ちがこどもたちから伝わってきました。

正解は「丸くなる」でした。
宇宙飛行士が実験した動画を観て確認をしたあとは
風船を使い宇宙を撮影することに成功したという動画を観ました。

講師の坪井さんから
「今日はこの宇宙パラシュートを作ります!」との
一言にこどもたちもビックリ!!

「すげー!これ今から本当に作るの?」
「作ったら宇宙で使える?」など
まもなく始まるパラシュート作りを楽しみにしていました。
絵だけが描いてある
説明書を見ながら協力して完成を目指します!!

すぐに担当を決めて作業に取り掛かるグループや
説明書を一緒に読んでから始めるグループなど
様々でしたが全てのグループが時間内に完成することができました。
今回の特別テーマワークの冒頭で
以下の2つの大事にして欲しいことが伝えられていました。

①みんながちがうことをたのしむ! = “こたえ”はいろいろある

②どうして?なんで?を大切に = いろいろ考えてやってみよう!

終わってみるとこどもたちは
多くの“どうして?”や“なんで?”を
持ちながらもたくさんの“こたえ”
楽しんで考えることができた機会となりました!!

2016年12月6日火曜日

12月「プレゼントBOX作り」

12月といえば、みんなが楽しみにしているクリスマスですね!!
今月の工作イベントでは部屋の中をクリスマスらしい飾り付けにするためにプレゼントBOX作りを行いました。
プレゼントの箱をイメージしたものを画用紙を使って作ります。
最初は、それぞれ好きな色の画用紙選びです。
「わたし、あさぎ色が良い」
「僕はクリスマスツリーと同じみどり色にしようかな?」
など、どのようなプレゼントBOXにするか想像しながら工作に取り組んでいました。


色が決まったら画用紙を半分に切ります。こちらの2人は協力しながら器用にはさみを使って仲良く切っています。
次はプレゼントBOXにお手紙を入れることが出来るようにします。両端を折って真ん中をのりでつけ、封筒のような形にするために下の部分も折り曲げてのりで接着させます。
封筒のような形が出来たところでお手紙が落ちないか確認です!こちらの2人は仲良く確認中☆
「暗くてなにも見えないよ!」
「あれ?なんか3Dになって馬が見えるかも???」
と、とても楽しそうに確認していました。

 お手紙が抜け落ちないか確認が出来たらリボンをつけたり、好きな絵を描いたりしてカラフルに仕上げます。
リボンの形もシンプルなものから本物みたいに輪っか型にしてみるなどオリジナルBOX作りを楽しんでいました。

 完成したプレゼントBOXがこちらです!みんなとても上手に仕上げていました。クリスマスらしくサンタクロースの絵を描いたり、似顔絵、クリスマスツリーなどで飾り付けしていました。
 全員のプレゼントBOXが完成したら室内に飾り付けをします。12月に入り急に寒くなる日が続きましたが室内はみんなが作った工作でいっぱいになり、とても暖かい気持ちになりそうです!!

2016年11月28日月曜日

11月グループワーク「サンタさんの気持ちになってみよう!」

今回のコミュニケーションワークは「サンタさんの気持ちになってみよう!」ということでいつもは毎年クリスマスにプレゼントを受け取る側のこどもたちが今回はサンタさんの気持ちになってこどもにあげたら喜ぶプレゼントをグループで話し合い、考えました。

まずはスライドを使ってどんなこどもにあげるプレゼントを考えるのかをこどもたちに伝えます。
「性別は男の子、学年は2年生、スイミングと英語を習っていて将来は宇宙飛行士になるのが夢なんだって!この子にあげるプレゼントを考えていくんだけど、どんなプレゼントをあげたら喜ぶかな~?まだ言わないで頭の中で想像してみてね!」と先生が言うとこどもたちは「俺だったらアレにするなぁ~」「私も思いついた!絶対喜ぶと思う!」と早速いいプレゼントが思い浮かんでいる様子です。

次に、グループで話し合った時に話し合いをスムーズにし、それぞれのアイディアを共有しやすくするために頭の中で想像しているプレゼントをこどもたちがそれぞれ紙にメモをしていきます。
 ”宇宙の図鑑”、”ロケットの模型”、”英語のDVD”、”スイミングで使うゴーグル”、”宇宙服”など、こどもたちは様々なアイディアを出してメモをしていました。
アイディアのメモを取り終わった後はいよいよグループに分かれてどんなプレゼントをあげたら喜ぶのかを話し合っていきます。

「僕は月の土地がいいと思うんだけど。」「なんで月の土地がいいの?」「この子は宇宙飛行士になるのが夢だから、将来自分が宇宙に行った時に月に行って自分の土地を見つけられたら嬉しいと思うんだ。」「でもそれって大人にならないと楽しめないよ!サンタさんからもらうなら、もらってすぐに嬉しいものがいいと思うんだけど…」とこどもたちはとても真剣にプレゼントをあげるこどものことを考えて話し合っていました。
そして話し合って決めたプレゼントを紙にまとめていきます。
どんなプレゼントにしたのかと、そのプレゼントの絵を描いてもらい、なぜそのプレゼントをあげようと思ったのか理由も書いてもらいました。絵を描くときは本を参考にしてみたり、みんなで描いてみていいものを選んでみたり、こどもたちは最後までとてもこだわって取り組んでいました!

最後に考えたプレゼントをグループごとに発表し合い、今日のグループワークは終了です。”サンタさん”や”クリスマスプレゼント”というこどもたちが興味を持てるテーマを通して、自分ではなく相手のことを思いながら考えること、話し合う時は自分の意見だけでは無くて友達の意見もきちんと聞くこと、自分とは異なる意見やアイディアも否定せずに受け止めることを楽しみながら体験することができたグループワークになりました!