2020年7月10日金曜日

日常ブログ「校舎を大事に!」

 夏休みの前に校舎の中で気になっているところを洗い出して、施設管理で修繕や改善が必要なところを確認していきました。そのなかにこどもたちが普段、勉強やおやつを食べている机やランドセルロッカーの状態も気になっていて、今週こどもたちと取り組めることをやっていきました。


まず小さな白い机に簡単には落ちない汚れが少し溜まってきていたので、上級生の手を借り、表面を磨いてきれいにしています。次に校舎で切れてしまった蛍光灯を付け替えると、さっそくこどもたちが入室時に気づき「こんなに明るかったけ?」「広く感じる!」と変化に感激していました。



週の最後にはこどもたちにロッカーから荷物を全部出してもらい、残すものや持ち帰るもの、捨ててよいものに分けていき、ごちゃごちゃしていた人もスッキリとさせることに成功!



今後も普段のロッカーの使い方から整理整頓を心掛けてもらい、キャンプ本番でも自分の荷物をしっかりと管理していけるように練習していきたいと思います♩

2020年7月3日金曜日

日常ブログ「異年齢の子たちの関わり」

最近は学校にも慣れてきて、4人ずつくらいの小グループを作って遊ぶようになってきました。好きな遊びで集まったり、興味のあることに集まったり、様々な組み合わせのグループが生まれてきていてとても興味深いです。特に2年生たちは「1年生と遊んであげているんだ~」とお兄さんお姉さん気分で面白い遊びに積極的に誘ってくれていました。



2年生と1年生での遊びグループは、楽しそうに遊ぶ2年生に好奇心旺盛な1年生がくっついる場面が多く、いつも決まったメンバーになることが少ないです。4年生以上のこどもたちは2,3年生を高度な遊びに誘って遊ぶ場面もあり、多学年ならではの遊びが展開されています。



学童では、下の学年の子はお兄さんお姉さんに楽しく遊んでもらったり、目線を上げた遊びに誘ってもらったりして、上の学年の子は下の子を可愛がったり「すごい!かっこいい!」と誉められたりしてお互いに兄弟のような存在です。

こどもたちの社会で成長していくこどもたちを、これからも見守っていきたいと思います。


2020年6月26日金曜日

日常ブログ「新しい仲間が増えたよ!」

今週は、梅島校に新しい仲間が増えました。

2匹のオスのカブトムシです。



CFAに通う子のお家からいただいたので、校舎で飼うかどうか、こどもたちで会議を行いました。大切な命なので、お世話ができないなら、飼うことはできません。みんなで話し合った結果、飼うことになりました。こどもたちだけで考えることができ、譲り合いながらエサやり係も決めていて、とても成長を感じます。こういった経験が、自信につながっていきますね。



家でも飼っているという女の子は、木やゼリーを持ってきてくれて、木の置き方などをアドバイスしてくれました。虫好きな男の子もいろいろな事に詳しいので、たくさん教えてくれます。「カブ太」と名前もつけてくれました。


こどもたちは、学校から帰ってくると、「カブトムシいる?」と毎日確認していて、すっかりCFAの仲間です。大切に育てていきたいですね!

2020年6月19日金曜日

日常ブログ「探求学習って何?」

今週、探究学習を行っているLearn For Youの体験会が行われました。探求学習とは、自ら主体的に学ぶことで、思考力、判断力、表現力などを養う学習方法です。



今回のテーマは“ユーチューバー”。

最初に「ユーチューバーとは?」の説明がありました。こどもたちは、知っているユーチューバーが出てくると、「あ、知ってる!」と大興奮!

興味のあるテーマにどんなお話が聞けるのか、みんなワクワクしている様子です。


途中からはクイズもありました。

「この中で視聴率が一番高い番組は?」という問題では、

「この番組は知らないから低そう」

「長く続いているから一番ではないかな」

など、いろいろ考えて予想をしていました。




体験会では、こどもたちが手を挙げて積極的に発言する場面もあり、楽しそうにお話を聞いていました。楽しみながら学べるのは素晴らしいですね!

2020年6月12日金曜日

日常ブログ「雲、苔、影」

 6月から毎日、午前も午後も外遊びの時間をとっています。

同じ公園に行っても、毎回こどもたちの世界は発見でいっぱい!

蒸し暑い日が続く最近は、公園で影渡りの遊びをしています。木から漏れる木漏れ日などを踏まないように注意しながら、影だけを踏んで、公園の端から端まで歩いていきます。地面を見ながら「ここに大きな葉っぱがあるよ」「なんか実がなってる!」と何度も立ち止まり、観察をする。いつもの公園の小さな自然を発見しました。



帰る時間になり、みんなが集合すると、誰かが「雲が早く動いてるよ!」と空を見上げました。午後から天気が崩れる予報だったので、空には様々な形の雲がたくさん!

「おしろみたいな形」「うさぎがいる!」と雲の形から想像を広げて楽しみました!





こどもたちは自然を見つめる視点が繊細で、ひとつひとつをとても楽しんでいます。みんなで一緒に同じ物を共有しながら想像の世界で楽しむ時間が、とても貴重で豊かなひとときだなと感じています。

これからも、こどもたちと心あたたまる時間を一緒に過ごしていきたいですね!

2020年6月5日金曜日

日常ブログ「学校再開!」

 今週からいよいよ小学校の分散登校が始まりました。

始まる前は、登校日のグループが一緒のお友達は誰かな?とわくわく・ドキドキしていたこどもたち。

「私は誰と一緒かな?」と、CFA内でお友達を探していました。




学校から帰ってきて、久しぶりの学校はどうだった?と聞いてみると、「お友達に会えて嬉しかった!」コロナウイルス対策のため「お友達とあまりお話できなかった・・・」など、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちもあったようです。毎日の宿題の話や、担任の先生が新しくなったこと、簡易給食が美味しかった・足りなかったなど、色々なお話が聞こえてくる1週間でした!また、1年生は初めての授業だったり給食だったりと初めてのことだらけです。





疲れた様子もありつつどこか清々しい表情をしたこどもたち。集中の時間には宿題を一生懸命に取り組みます。

上級生は、集中の時間だけでは足りずに遊び時間も向き合っていました。

来週からはどんな1週間になるのか今から楽しみです!

2020年5月20日水曜日

日常ブログ「綿の種を植えたよ!」

先日、いただいた綿の種をこどもたちと育てることしました!
まずは、発芽しやすいようにあらかじめ種は一晩水に浸しておきます。

翌日、さっそく土に植えます。
こどもたちに
「綿の種を植えたいひと~?」と尋ねると
「私やるー!」
「僕やりたい!」

と積極的に声があがりました。



「この種、顕微鏡で見たら面白そうじゃない?」と提案をすると「いいね!」とこどもたちはやる気に!
植える前に顕微鏡で種を観察することにしました。種はすでにうっすらとほわほわした白い綿でおおわれていたので「なんか綿っぽい!」とこどもたちから感想が出ました。

そのあと、土をほぐしてやわらかくし、指で穴を掘り、そこに一粒一粒植えていきます。手が土だらけになると「みてみてー!」と楽しそうなこどもたち♫
丁寧に植えている様子はとても微笑ましかったです。



ここ最近、カブトムシやダンゴムシなど虫を育てることが多く、植物は久しぶりだったのでこどもたちもどんなふうに育つのか興味津々な様子。

これから毎日プランターをのぞいたり、水やりしたりするのが日課になりそうです!
どんな芽が出てきて綿が採れるのか?ワクワクです!