2018年9月18日火曜日

スポーツ大会準備

10月1日は都民の日!

大人はお仕事ですがこどもたちは朝から入室する予定です。この日にスポーツ大会が開催される予定です。

今年のスポーツ大会のテーマは「全力スポーツ大会~みんなで本気で戦おう~」です!

9月2日に行なった夏祭りでも本気というキーワードが登場しましたがスポーツ大会でも本気で頑張ってもらいたいですね!
 
          

エビカニクスの曲に合わせて準備体操することを伝えると、

「1年生の時に運動会でやったよ」「保育園の時やったからもう踊れるよー」

という声が多数!音源を流して踊ってみると久々だからと恥ずかしがっていた子も途中からはノリノリで踊っていました!準備体操から盛り上がりそうですね☆

       

CFAのプログラムではこどもたちが委員として参加して運営を行なっています。今回のスポーツ大会では体育委員がどんな競技をするか、どうやって進行するかなどを他の校舎の体育委員の子とテレビ会議で話し合いを進めていきます。


      

色々な意見の中からどの競技を選んだらみんなが楽しめるかを想像することが、今回の体育委員の醍醐味です。当日、多くの笑顔が生まれるように、頑張ってほしいと思います。

2018年9月12日水曜日

チャレンジおやつ「お月見だんご」

「カボチャと一緒に食べるとおいしいね!」
こどもたちは自分たちでつくったおやつに大満足!!


9月のチャレンジおやつは、
カボチャ餡のお月見だんごでした。
2チームに分かれておやつつくりスタートです。




餡をつくるチームは
始めに温めて柔らかくしたカボチャを
みんなで協力してぺースト状にしていきます。
フォークやスプーンを使い分け一生懸命つぶしました。



「先生、手が真っ黄色だよ!」と

両手を広げて笑顔で見せにきてくれました。


ペースト状になったカボチャは、
白玉で包める大きさに丸めていきます。
たくさんの団子の餡が完成した頃には
みんなの手がベトベトでした!



団子の生地をつくるチームは
水を慎重に加えながら白玉粉と混ぜ合わせていきます。

「こっちの方がまだ粉っぽい」

混ぜる担当の子へみんなで声を掛けながら進め
丁度よい固さの生地に仕上がりました。



最後はカボチャ餡を白玉の生地で包み茹でて
きなこをふりかけると、オリジナルお月見団子の完成!!



「あれ?私のカボチャが入ってない⁉」

餡が包みきれておらず、中身がまるまると
お湯に溶けてしまった団子もありましたが

「カボチャ団子ときな粉団子で味を比べられる!」と

こどもたちは失敗もプラスに捉えて
みんな笑顔のおやつタイムになりました。

2018年9月5日水曜日

CFAKids 夏祭り2018

今日は1年の中で特に大きなイベントCFAKids 夏祭りです!
毎年のテーマやコンセプトに沿って、こどもたちは夏休みの期間をかけて事前学習や出し物の制作を行います。
今年のテーマは「本気で働こう」ということで、今回は校舎で自分たちが使いたいものを買うための予算を、自分たちの力で稼いでみよう!という大きな目標があります。
「お金を稼ぐとはどういうことか」を事前に学び、自分たちの力でお金を稼ぐ方法を話し合い、そして自分たちの力でどんなことができるのかを考えました!
そして話しあったことを協力して形にしていくこと1ヶ月
今日はいよいよ本番、その”努力の証”をお客様に提供する日です!

会場に到着するとすぐに開店準備や自分の担当の確認をし、開会式に臨みます。
開会式では会場の使い方や、「CK」と呼ばれる当日限定の仮想通貨の仕組みなどが説明されました。
最後は先生からの励ましの言葉に気合が入ります!

さて今日はどんなお店が出店するのでしょうか、少し見てみましょう!
様々な”しかけ”で来てくれた人に驚きと楽しさを提供する「カラクリ忍者屋敷」
こちらのお店は部屋の中でも"スポーツができちゃう"特別感が売りです。
                           
他にも"マッサージの神"がいるというお店やダンスショーなど、多くの催しがあり、終始長蛇の列が途切れることはありませんでした!
このように種類は違えど、こどもたちはいろいろな形でお客様のニーズに応えたい、喜んでもらいたいという同じ気持ちで1日を過ごしていました。
汗を流し、声を枯らしながらお客様の為に働くこと3時間!
自分たちの仕事を精一杯やりきったこどもたち。その閉会式ではみな達成感に満ちた表情が印象的でした。
さて、校舎にもどったら今度は経理部のこどもたちを中心に稼いだお金の使い道を話し合う番です。
「ねえ、今日のお金で何買おうか!?」「うーんとぼくは・・・」

そんな会話もたくさん聞かれた、夏祭りの一日でした♪

2018年8月27日月曜日

夏祭りに向けて

夏祭りまであと1週間!!
校舎での準備期間は、残り5日です!

残っている夏休みの宿題をやりつつ、
夏祭りに向けてもラストスパート!!
お店の準備はだいぶ進んできたので
今日は「どうしたらお客さんがきてくれるか?」を
考えました。

今年の夏祭りのテーマは「本気で働く」、
して働いた報酬で校舎予算を増やします。

お客さんがこないことにはお金は稼げないので、
たくさんの人に来てもらうにはどうしたらいいか
みんなで考えました。

「チラシをたくさん作って配ろう!」
「大きな目立つ看板を作ったらいいんじゃない?」
「あんまり高いとお客さん来ないよね?」

など
何をしたらいいか
どうしたらいいか
誰がやるかみんなで必死に考えました。


上級生を中心に話し合いが進み、みんなで協力してやれることをやる・・・

大人の社会と同じようなことをこどもたちの力で考えて進めていくところはほんとすごいなぁと感じます。

そして、できたらそれでおしまいではなく、最後には上級生によるチェックが入ります。お客さんにお渡しできる商品になっているのか、やり直しは必要ないか・・・


準備の段階で「本気で働く」を実現しているこどもたち。
夏祭り当日、どれだけのお客さんの笑顔が見られるか、どれだけ稼げるか今からとても楽しみです!!

2018年8月15日水曜日

チャレンジお昼ごはん「大豆パーティー!」

夏休みの余裕のある時間を生かして「チャレンジお昼ごはん」を実施しました。
今回のテーマは「大豆パーティー」!
大豆を使った料理にチャレンジしました。

まずは大豆に関するお勉強!
「大豆は中国から伝わったんだね。」
「納豆、味噌、油揚げ…大豆はたくさんの食べ物の材料になってるんだ!」
「”畑のお肉”って呼ばれるほど、栄養がある!!」
大豆パワーを知ったこどもたちはやる気満々です。
早速三つのグループに分かれて調理を開始しました。

「枝豆ご飯」と「手作り油揚げとヒジキ煮」の担当グループです。
皮を取り除いた枝豆をお米に乗せて炊飯器のスイッチオン!
豆腐を油で揚げた手作りの油揚げと人参を
長方形の短冊の形に包丁で慎重に切ります。
「同じ幅になるように ていねいに…」
「指を切らないように 左手に気をつけて…」
切った人参と油揚げは水で戻したヒジキと合わせて
お鍋に入れ
砂糖と醤油、出汁でぐつぐつ煮込みます。
美味しそうな匂いが漂い
こどもたちのテンションが ぐんぐん上がりました。

「手作り豆腐」を担当したグループです。

豆乳に「にがり」を加えて電子レンジでチーン!
何度かチーーーン。
「あれ?豆乳がなかなか固まらないぞ…」
「どうすれば固まるのか分からないよ!」
残念ながら豆乳は固まらなかったため
予定していたメニューの一つであった「冷奴」は「豆乳味噌スープ」に変更
豆腐作りの難しさを実感したこどもたちでした。

「豆腐ハンバーグ」の担当グループです。
袋に入れた大豆を細かく潰すため
麺棒でゴンゴンと叩いたり潰したり
小さな1年生も力いっぱい頑張りました。
「目が痛くなったから水で洗おう。」
みじん切りで涙がこぼれる目を時々洗いながらも
玉ねぎを最後まで細かく切り続けたこどもたち
人参も小さく小さくみじん切りにしました。



最後に油を引いたホットプレートで
一人ひとりが俵型にまとめたハンバーグの種を
ホットプレートでジュージューと焼き
甘じょっぱいたれをかけて完成です!

本日の大豆パーティーのメニューは以下の四品となりました。
・ほんのり塩味の枝豆ご飯
・きのこと青梗菜の豆乳味噌スープ
・手作り油揚げとヒジキの煮物
・大豆で作った豆腐ハンバーグ
自分たちで作ったお昼ごはんを美味しそうに食べて
どの子も満足そうな笑顔を見せてくれました。

食材をむく、切る、煮る、焼く、炒める、揚げるなど
調理には様々な作業が含まれています。
このような調理の経験を積むことにより
こども一人ひとりが”生きる力”を少しずつ身に着けることができます。
ご飯作りを楽しむとともに
様々な事柄に積極的に挑戦する意欲と行動力を培ってほしいと願っています。


2018年8月3日金曜日

CFAKidsサマーキャンプ2018!!

8月初旬、今年もCFAKids8校舎でサマーキャンプに行ってきました!今年の会場は山梨県。富士五湖のひとつである西湖の近くのキャンプ場ということで、湖遊びや花火大会など思いっきり楽しんできました!

初日、北千住駅に集合して出発式を行いました。式は、3年生以上のお姉さん、お兄さんからなるキャンプ委員が進行。キャンプ委員は、これから3日間、みんなが楽しくキャンプをできるようにいろいろなことをサポートしてくれる頼りになるお兄さんお姉さんです。


お父さん、お母さんに「いってきます!」と元気よく挨拶をしたらいよいよバスに乗って出発です!


バスの中では、キャンプ委員によるバスレクレーションで盛り上がりました!「いつどこゲーム」や「3文字しりとり」、「動物ビンゴ」をやり、それぞれのゲームでみんな一喜一憂!和気あいあいとキャンプ場へ向かいました。



キャンプ場に到着し、いよいよキャンプがスタートです!キャンプ委員のこどもたちがキャンプでのルールをみんなに伝え、キャンプ場の方に挨拶をしました。



チームごとに部屋に入り、まずはチームフラッグを作りました。メンバーやチームの先生の名前、イラストなど描いて仕上げ、部屋のドアに貼りました。これが、お部屋の目印になります。「どんな絵を描こうか?」などとみんなで相談しながら作りました。



フラッグ作りを終えたら、夕食作りです。CFAのキャンプでは毎食ではないものの、こどもたち自身で自分たちの食事を作ります。自分でつくったカレーライスは特別おいしく、たくさんおかわりをしました!




夜は、お楽しみのキャンプファイヤーです。キャンプ委員のキャンプファイヤーチームのこどもたちが火つけに挑戦!真剣な面持ちで着火し、大きな火になったときには「おぉーー!」と歓声が!

みんなで大きな輪になって、「爆弾ゲーム」などのゲームや、キャンプソングを元気に歌いました!

2日目は、キャンプ場のすぐそばにある西湖へ!しっかり準備運動をして、湖で思いっきり遊びました。

水鉄砲で打ち合ったり、水を掛け合って「ぎゃー!」「冷たいー!」などと歓声をあげて大はしゃぎのこどもたち。「まだ遊びたい!」という声が続出しました。



また、キャンプ場ではスイカ割りも行いました。外で食べるスイカは格別のおいしさですね!




2日目の夕飯は、チームごとのメニューを作りました。火おこしから自分たちで挑戦し、時間はかかっても最後まで一生懸命作りました!「麺を茹で過ぎちゃった〜」などという失敗もありながら、料理を楽しんでいるこどもたちでした。







食事の後は、地元の花火大会を西湖のほとりで鑑賞しました。空には星もきれいに見え、「星と花火と、2つもきれいなものが見れて嬉しい!」という声もあり、うっとりした表情で空を見つめ、なかなか東京では見られない景色に感動していました。


3日目、いよいよ最終日です。朝食後には借りていた毛布を返したり、部屋のそうじをして出発準備です。




荷物をまとめたら、最後の水遊び、校舎対抗の水鉄砲大会です!いろんな形の水鉄砲や大量に水を入れられるペットボトルを駆使して、お互い負けじと戦いました!



自然の中で、家族と離れて過ごした2泊3日のキャンプ。キャンプでできた、たくさんの思い出を持って、こどもたちにはますますたくましく成長していってもらえたらと思います。ぜひ、お家でもいろいろな話を聞いてみてくださいね。